私ではなく職場の同僚の話です。ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男

MENU

私ではなく職場の同僚の話です。ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男

私ではなく職場の同僚の話です。
ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男の方を相手どって裁判を起こしたいと思っているみたいです。

 

しかし訴訟というものには相応の費用もかかるでしょうし、ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと助言しておきました。
これから探偵を雇うつもりでいたら、一般的な調査費用の相場に関する知識が不足していると、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と考えておく必要がありますから、安いものではありません。時間数が増えてもディスカウントは期待できず、支払いにはねかえってきますから、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。

 

気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。

 

失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。

 

結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、あらたな恋人と幸せになろうというのは、安直にも程があると誰もが思うでしょうね。夫婦の間で生じた不満なら、浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。ましてや子供には責任はないはずです。
冷静になって悔やんでも始まりません。

 

 

 

自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、地域性を尊重するのは良いことです。たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵に限定すれば探偵の数も絞れます。
ローカルに強い探偵なら、詳細な調査ができますし、克明な報告を得ることができるでしょう。
調査してもらう内容次第でも向き不向きもあるようですし、あらかじめホームページとか電話で話をして確認しましょう。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。

 

 

少し手間でもネットを使えば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などがわかるでしょう。
土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で評価の高い業者を見つけ、相談や事前見積りをしてもらえれば、他より質の高い仕事をしてくれて、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。

 

 

 

配偶者の不倫を疑い、探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。話に出てくる探偵というのは単純で、真似くらいはできそうな気がしますが、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、難易度の高いワザです。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、調査は専門家に依頼するべきだと思います。

 

 

以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。手抜きをしたってお客にはわからないからです。現在はネットが普及して、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者に依頼するというのも馬鹿げています。結局のところ、費用対効果がきちんとある会社を調べて依頼するのが一番です。

 

 

探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。

 

 

こう考えたあなた、それは大きな間違いです。

 

 

この二つには大きな違いがあることにお気づきでしょうか。
何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業を始める際は、探偵業法に定められている通り公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。認可官庁によってしっかり管理され、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。子供のいる親が離婚する時は、浮気経験のある親というのは子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。

 

 

倫理的に言うとそうかもしれません。

 

 

ただ、裁判所は違う考え方をします。

 

 

親権というのは原則的に、生活を共にしているかどうかや子供を育てることに協力的だったかどうかといった点がチェックされます。
調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかを最も重要なことと考えているようです。

 

 

 

浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって追加で料金を請求されたという事例もあります。その時は、まず契約書を確認しましょう。

 

そこにはオプション発生時の条件が記載されているでしょう。

 

 

だからこそしっかりと確認しておくべきでしょう。

 

 

説明を聞いてもわからなかったりしたら、きちんと契約前に確認しておくのも怠らないようにしましょう。スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、そこでポロリと不倫が発覚したというパターンも多くなりました。
配偶者がスマホを片時も離さずSNSをチェックするそぶりがあれば、日常的に浮気相手と接触を持っていると考えてもおかしくはないでしょう。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、浮気の有無を見出すきっかけにもなるのです。

 

 

 

一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、旧発信機の時代に比べるとターゲットを見失う危険性が減りました。

 

最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、相手車両の発見は容易になりました。これさえガッチリとつけることができれば、追尾調査の精確性は大いに向上します。浮気していたことがわかり、離婚のための裁判になると、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。よくあるものとしては、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として認められるケースが増えました。

 

結婚相手の身元調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、実に気になるところだと思います。

 

最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、料金面での不安はなくなりました。

 

 

 

見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。

 

それなら、相手の会社ではなく、喫茶店やファミレス等で相談すると良いのではないでしょうか。
不本意な契約から身を守るための手段です。
興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、ある程度まとまった資金を要します。
探偵の調査業務にかかる料金は、一例をあげれば、浮気の素行調査などで3日で12万ないし14万くらいをみておくと良いでしょう。

 

 

費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、なにを依頼するにしても概ね5、60万程度と考えていれば足りるでしょう。全国展開している大手業者であっても、絶対にハズレがないとは言い切れませんが、探偵業者の場合は大手のほうが間違いが少ないです。

 

小さな事務所の中には、調査も満足に行わないうちに代金の支払いを求めてくる会社や料金が不明確だったりする会社もあります。
また、営業所の相談員の態度なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。
配偶者の浮気がわかったら、慰謝料の支払いを求めることができます。

 

とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、意地の張り合いになり、しばしば泥沼化してしまいます。もめ方によっては訴訟になる場合もあるため、そうなる前に弁護士にお願いして、無難なところでまとめあげてもらうというのも手です。

 

探偵社による浮気の追跡調査は、出来高制を採用している場合もあります。証拠がなければ調査料金の請求もなくて、なんだかとても「得」に見えますよね。ただ、不倫そのものがないのではと思われるときや、長期間にわたる調査が必要な場合はお断りというパターンもあるようです。
さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は意外な高額請求になる場合もあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。
配偶者の不倫行為が発覚したら、さしあたっては今後の動向を考えるために気を鎮めるのが先決です。

 

不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、離婚だの慰謝料といった問題も出てきます。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、以後どうするか、きちんと考えていくようにしましょう。不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。
浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに肉体関係があることを言うのです。

 

不倫であればパートナーとその交際相手に慰謝料の支払いを申し立てることができます。

 

 

 

相手が油断している間がチャンスです。探偵業者に依頼して、不倫の裏付けをとってもらい、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるというケースも多いです。

関連ページ

相手の不貞行為が判明した場合は、冷静さを失わずにいることはできない
結婚・お見合い相手の身辺調査(身元調査)に強い探偵事務所と興信所。料金や調査レベルの高い大手は
不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか
結婚・お見合い相手の身辺調査(身元調査)に強い探偵事務所と興信所。料金や調査レベルの高い大手は
探偵に調査を依頼するときには、平均的な価格に関する知識が不
結婚・お見合い相手の身辺調査(身元調査)に強い探偵事務所と興信所。料金や調査レベルの高い大手は
浮気があったがために離婚話がうまく進まず、離婚調停に
結婚・お見合い相手の身辺調査(身元調査)に強い探偵事務所と興信所。料金や調査レベルの高い大手は