配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、誰にでも明白な浮気の証拠

MENU

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、誰にでも明白な浮気の証拠

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、双方に慰謝料の支払いを求めるのが驚くほど効果があるそうです。


浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、あまり深く考えていないという実態もあります。賠償を求めることで、事態の深刻さを自覚させることができるのなら、ぜひやってみるべきです。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、慰謝料の支払いが発生することもあります。


不倫行為の証拠があれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。



慰謝料の額は実際、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと本当にケースバイケースで異なります。その額で難しいときは、分割期間の変更や減額を頼んでみることもできます。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。ただ、あまり深刻にとらえることもないと思います。
不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、肝心の証拠を押さえておけば有利なのは確かです。現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、総合探偵・興信所に頼んでみることを視野に入れても良いのではないでしょうか。探偵や総合探偵・興信所といった調査業を始めるときは、特殊な免許資格は要りません。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で届出書を公安委員会に提出したあと、探偵業届出証明書の交付という許可を受けることが大原則です。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。
調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり経費を含む料金の総額だと思います。

費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で差が生じるのは致し方ないことでしょう。

浮気の調査のときは、1時間の調査だったとして、一般的には2万円前後です。



まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。

人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、奥さんが浮気していて、不倫相手に裁判を起こしたいのだそうです。


結構マジメな話です。
気持ちは分かりますが裁判となると訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を払わせ、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと助言しておきました。

過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。
現在はネットが普及して、業者の誠実さなどは評判を集めるのは可能です。安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高額なのにそれに見合っていない業者に頼む・雇うするというのも馬鹿げています。結局のところ、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つけるのは大事なことです。不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。


不倫相手を特定してから3年間、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年以内でも構わないそうです。

時効が迫っているときは裁判を起こすことで、期限がリセットされるのです。時効が迫っているなら、訴訟に踏み切ることも方法の一つです。いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。

よくあるのは、配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、調査期間中にその行動が見られなかったケースです。



ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が出ないこともないわけではありませんから、仕事を発注する探偵社のクチコミ等をあらかじめ確かめてから契約する必要があるでしょう。

それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うことも納得の秘訣だと思います。不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は探偵会社によって幅があります。

話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、最低でも二社以上で見積書を提示してもらう方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、なるべく詳細に説明しておくと、調査時間の短縮になる上、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。


ダンナの不倫や隠し子などの探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、結構ありますね。ときには「素人探偵」が活躍したりもして、自分でもできるような気がしてしまいますが、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは初心者には到底無理です。相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫関連の調査です。そんな仕事を例に、プロの仕事を解説します。


普通の調査では、頼む・雇う者から得た情報を元に追跡します。いわゆる「尾行」です。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気しそうな日を絞って相手の浮気の証拠を抑えるのです。


色々見ていくと、浮気相手と別れた理由でもっとも多いのは、浮気の事実が露見したから、ですね。ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。結局のところ、その道のプロである探偵に不倫の調査を依頼するほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。


そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、まるで病気みたいです。



まさかこんなに出てくるとは。
入籍する前から学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。
今さら知りたいとも思いませんが、浮気は男の甲斐性ですか。
それってどうして直らないんでしょう。一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす意味がありませんし、離婚も視野に入れて話しあうつもりです。資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、慣熟したスキルというものが必要です。社員教育の徹底した会社を選ばないと、マニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあると聞きますので、注意が必要です。



せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロに調査に入ってもらうことこそ、結果を出す近道です。不倫調査で探偵を頼む場合、個人に関する情報を安易に知らせたくないと思う人はけして少なくありません。

頼む・雇うが確定するまでの見積り段階では、個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも多いですし、まず聞いてみることが大事です。


それでも最終的に調査を依頼するときには契約書を交わすことになりますから、ある程度の個人情報が知られることは避けることができません。
総合探偵・興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加で料金を請求されたという事例もあります。


契約書を見てみると、まともな会社であれば、追加料金について記載されているでしょう。
だからこそしっかりと確認しておくべきでしょう。よくわからないことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのも大事です。


不倫調査で総合探偵・興信所を利用するなら、平均的な料金は知っておいて損はないでしょう。
頼む・雇う者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者に引っかからないためにも必要なことです。
そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、あとになって必要経費といって、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、追加料金の発生条件等も、しっかり確認させてもらうようにしましょう。

よくあるサービス業の対価に比べると、不倫調査で探偵を利用するコストはリーズナブルとは言えないでしょう。とはいえ、価格重視で選んでも裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、時間とお金の無駄遣いですよね。やはり調査能力のほうを重視したいですが、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、難しいところです。近頃はスマホを情報源として隠し続けていた浮気がバレるという例も増えてきました。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、メールやLINEなどに不倫の履歴が隠れているかもしれません。ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、十中八九、浮気の証拠がそこにあるでしょうし、本人のガードも堅いと思います。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。
夫は7つ年上で社宅住まいです。
つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚することになりました。これから女手一つで、この子たちを育てるわけです。簡単なことではないでしょう。



メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士の方にお願いし、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、安全のために公正証書を作成しました。
探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査を頼む・雇うすることはできないので、信頼性の高い会社でなければなりません。


コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで想定外な事態や不愉快な結果を招くおそれがあります。後悔しないために、契約する前にネットの評判などを調べてみて、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。



探偵も企業である以上、作業には支払いが必要です。それに、頼む・雇うする調査の内容次第でコストテーブルも変わります。
もっとも頼む・雇うの多い追跡調査ですら、ある程度まとまった時間を要します。

それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金に差異が出てきますので、所要時間が多ければ、費用も多く見込まなければいけません。一般的に不倫の証拠に使える写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンなどは、はずせないです。


個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、証拠としては使えないレベルであるケースがあります。


裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影したいのであれば、探偵業者を利用するほうが現実的です。これから探偵を雇うつもりでいたら、一般的な調査費用の相場に関する知識が不足していると、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。1時間1万円からと想定していると妥当だと思います。

時間数が増えてもディスカウントは期待できず、費用負担は増えるだけですから、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。

配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかを決め、事前によく話し合っておくことは欠かせません。
パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。
どこに主眼を置くかにより微妙に調査内容が異なってくる場合が多いからです。

もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気持ちを静めて冷静になることを優先しましょう。浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、離婚だの慰謝料なども勘案しなければいけません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、以後どうするか、きちんと話を詰めておきましょう。

世間的には離婚した際、浮気していた側は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。


倫理的に言うとそうかもしれません。ただ、裁判所は違う考え方をします。
子供の親権というものは、裁判では日常的に子と生活を共にしているかとか、子供を育てることに協力的だったかどうかといった点を見ていきます。つまり、子供の生育に適した環境かがカギなのです。もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、すぐに探偵業者に頼む・雇うしないで、まずは料金の発生しない無料相談を活用すると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。


裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、信頼できるかどうかもわからない会社に極めてプライベートな調査を頼む・雇うするのは、不安になるなというほうが無理でしょう。安心のために探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。

男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。
しかし、浮気をするのは男だけではないでしょう。
女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、出掛けるシーンは数多く存在し、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。

近頃は女性の浮気も増えてきていて、探偵社に相談に訪れる男性も以前ほど珍しいものではなくなってきました。


Google Yahoo!Japan