興信所に調査を依頼するには、まず、電話で相談しましょう。それがファー

MENU

興信所に調査を依頼するには、まず、電話で相談しましょう。それがファー

興信所に調査を依頼するには、まず、電話で相談しましょう。

 

 

それがファーストステップです。

 

 

電話でスタッフと話してみて、その上で詳細な話をするとなれば、営業所に行きます。
話が済んで納得したら契約になります。ここへ来てやっと調査員へのGOサインが出されます。

 

 

 

一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、調査対象が身近な人間なわけですから、露見しやすいですし、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる危険性もはらんでいます。

 

探偵(無料相談あり)社に頼めば、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く目的を完遂することができるはずです。
探偵(無料相談あり)を使い慣れている人っていませんよね。配偶者(有責配偶者の場合も)の浮気で、新規で探偵(無料相談あり)社へ調査を依頼しようと思うと、価格の安いところに目がいきがちです。
ただ、理由もなく安い場合は用心したほうがいいです。安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っている例もあるわけですし、お金を払って依頼するなら、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈旦那・夫かどうかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。

 

どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。そこで目安になるのは「地域(大阪府など)」です。

 

誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域(大阪府など)周辺に限って、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。

 

 

さらにクチコミや規模などで選定し、相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、話してみると良いでしょう。相手は専門家ですが、話をしてみないと、良さそうな探偵社かどうかなんて知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。探偵(無料相談あり)社の調査員が尾行に利用するものとして、以前は発信機でしたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど調査対象の追跡性能がアップしました。

 

最近の高性能GPSというのは正確で、よほど電波の届きにくいところでなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。
外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば追尾の成功率はグンと上がるのです。浮気の定義は、やはり人によって違ってきます。
たとえば、自分以外の異性を誉めたり、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気したと言って怒る人もいます。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為になるものの、順風満帆な結婚生活を続けたければ、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えるべきでしょう。

 

 

浮気がばれると、慰謝料が必要になることがあります。

 

 

 

婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。
不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。
だいたいの支払額ですが、2ケタ万円から3ケタ万円と幅があるようです。

 

 

支払いが無理そうなら、支払いの分割化や金額変更を交渉するのもありでしょう。興信所や探偵(無料相談あり)などの調査業者が提供している浮気の行動探索は、成功報酬プランを設定しているところもあります。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてラッキーと思うでしょうが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、普通より調査に時間がかかりそうな場合はお断りというパターンもあるようです。
また逆に成功したときに、「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。

 

 

 

フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。
密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。調査していることがバレることはほとんどありませんが、追跡する側はターゲットの行動を見越しておく必要があります。予想しえないことに備えて動くのが、探偵(無料相談あり)の仕事です。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。

 

個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵業を始める際は、所管の公安委員会あてに、探偵(無料相談あり)業法に則って必要書類と共に開始届出書を提出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。法規制がない便利屋と違い、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵(無料相談あり)業です。最近は興信所も探偵(無料相談あり)も、取り扱い業務は同じだと考えていいでしょう。離婚裁判などで配偶者(有責配偶者の場合も)の浮気を請求事由にするつもりなら、浮気の証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、ストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。
それに、慰謝料請求時にも役立ってくれることでしょう。

 

不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は探偵会社によって幅があります。

 

最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、最低でも二社以上で調査費用の見積りを出してもらう方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。

 

 

 

それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、あらかじめ調査員に細かく教えておくと、効率良く調査できるので、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。

 

探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、素行(不倫)調査ではないでしょうか。そんな仕事を例に、プロの仕事を解説します。一番多い手法としては、事前にクライアントから話を聞き、調査対象の追尾を行います。
依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、浮気の裏付けをとります。

 

 

一番明らかな証拠は写真ですね。

 

最新技術の普及により、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSで発見できるようになったのは有難いことです。
スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手にプレゼントすれば、相手の現在位置を特定できてしまうのです。

 

 

 

非合法な方法ではありませんし、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSを使えば便利だと思います。

 

探偵や興信所といった調査業を始めるときは、とくに決まった資格や免許等は要りません。

 

とはいえ、探偵(無料相談あり)業法(平成19年6月施行)に基づき、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出を行い、探偵業届出証明書を交付してもらって、認可された会社(個人も可)になる必要はありますから、業者選びの目安にはなります。

 

 

営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。

 

行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。

 

その際、証拠となるものは、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。

 

 

不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を入手することは危険も伴いますし、探偵(無料相談あり)を雇うなどのプロのワザも候補に入れておくといいかもしれません。不倫というのは一生続けられるものではありません。

 

浮気の事実が知られ、家族がばらばらになったり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展することだってあります。あるいは双方離婚してくっつくパターンもあります。

 

やっとの思いでゴタゴタを片付けても、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。

 

パートナーの不倫の調査を興信所(無料相談のある)に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。

 

 

ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。
でも、「探偵を雇った」という事実で依頼者の態度が普段と変わってしまい、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。

 

 

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、調査相手の居住地に近い業者に限って探してみると良いでしょう。
ローカルに強い探偵(無料相談あり)なら、調査に有利ですし、克明な報告を得ることができるでしょう。また、依頼する案件によって得意なこととそうでないこととがありますし、あらかじめホームページとかそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。

 

 

面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。携帯も隠すし、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。
私たち旦那・夫婦の身近な人間なのかなと、携帯をチェックしようとしたら、ロックしてあって、手も足も出ませんでした。
泥沼は嫌なので、これは探偵しかないだろうなと思ったものの、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。

 

どうしたらよいのか、思案中です。

Google Yahoo!Japan