いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出て

MENU

いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出て

いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判を見ることができます。自分が住んでいる近くで総合評価が良い事業者を選び、相談や事前見積りをしてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。

 

 

 

世間的には離婚した際、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。倫理的に言うとそうかもしれません。
ただ、裁判所は違う考え方をします。

 

 

 

親権というのは原則的に、日常生活を共に送れているかや子育てに対する積極性などを考慮します。つまり、子供の生育に適した環境かを最も重要なことと考えているようです。浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、女性だって浮気するじゃありませんか。

 

 

スポーツや自治会、子供関連と、女性だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。
ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が増えているのか、男性が興信所に結婚相手の身元調査を依頼するケースが多くなっているようです。

 

いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、浮気調査で追尾対象の行動的にシロだったという事例です。

 

 

ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、成果が得られないことも考えられるので、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を先に調べておくことはとても大事なことです。それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うことが結果を左右するのはいうまでもありません。

 

 

 

パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、相手に露見するようなことは、極めて少ないといっていいでしょう。
また、意外なところでは、調査を依頼したことでクライアントの挙動がいつもと変わった結果、相手が勘付くというケースもないわけではありません。報告書を入手するまでの辛抱だと思い、何事もないような様子で過ごすことが大事です。

 

現実的な話、探偵に任される調査の大概は結婚相手の身元調査です。挙動不審なところがあるので、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、証拠が明白であることが大事ですし、やはりプロの探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。

 

27歳の公務員(男)です。

 

 

一年前に結婚し、同い年の妻がいますが、子供はまだいません。

 

 

つい最近、むこうの不倫が判明しました。

 

妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、それっきり話もしません。

 

 

 

修復の見込みがあるのでしょうか。
悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。謝罪がなければ、こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。
ダンナの不倫や隠し子などの探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでもしばしば見かけたりします。話に出てくる探偵というのは単純で、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。しかし、たとえば警戒している調査相手にわからないように尾行し、写真などの証拠を得るのは、簡単な仕事ではありません。

 

先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、プロに任せるのが一番安心です。
調査業や探偵業は「はじめて」の利用者が圧倒的に多いそうです。

 

ですから、もし悩んだら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。事務所所在地や代表電話といった情報は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。

 

相談してみると、だいたいの費用の目安の見積書が作成されます。

 

 

相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、価格と調査内容を照らしあわせて考えてみましょう。

 

 

一人で考えるより、良い解決策が見つかると思いますよ。これから探偵業者を使おうと思ったら、まず、電話で相談します。心配なら非表示でかけるのもOKです。

 

 

電話を通した相談で感触が良く、さらに話を詰めたいと思ったら、営業所に行きます。

 

 

 

相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、依頼するという段取りになったら契約書を交わし、そこから本当の調査が始まるのです。
探偵や興信所といった調査業を始めるときは、資格や免許はこれといって要りません。
そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出と誓約書を提出し、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、認可を受けることが不可欠です。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。ほんの出来心であろうと、不貞行為には違いないのですから、その対価はおそらく高くつくでしょう。

 

 

配偶者の出方次第で大きな差が出てくるとは思いますが、家庭が滅茶苦茶になったり、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。
不貞行為が明るみに出れば、相応の代償を払って償っていかなければいけません。

 

 

 

どの業界でもそうですが、探偵でもとんでもないインチキな会社もあったりしますから、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。
また、不倫の追跡調査等でも、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。

 

曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、納得いくまで説明を聞いてから依頼するようにしましょう。

 

 

 

興信所の仕事と聞いて、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。

 

 

 

対象にそれと悟られないよう行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。露見することはまずありませんが、探偵は調査対象者の行動をある程度、予測しておく必要があります。予想しえないことに備えて動くのが、探偵の業務です。相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。

 

不倫やお見合相手の身辺調査を依頼すると費用がかかります。気になるその精算の仕方ですが、名のしれた大手探偵社等ではクレカ払いや分割払いに対応しているところもないわけではありません。
不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、代金の都合がつかないという場合は、分割での支払いに対応してくれる探偵社を探して依頼するのも手だと思います。

 

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、人それぞれというほかないでしょう。自分以外の異性に優しくしたとか、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気と言う人も、いないわけではないです。法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで不貞行為と認識されます。

 

 

 

結婚生活に波風を立てないためには、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は控えたほうがいいです。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは無理というものです。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と有利な展開に持ち込むことができます。浮気相手がいることが分かったら、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。

 

 

ある程度、費用は必要ですが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、あきらかな証拠が得られるでしょう。あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。

 

 

営業所に話をしにいった際、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は注意したほうがよいでしょう。

 

断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、再三にわたり電話をかけてくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。

 

普通の営業をしている探偵業者なら、そんなことはしないはずです。
最近は興信所も探偵も、取り扱い業務はほぼ同一です。

 

離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、あきらかに配偶者が不倫したという証拠が是非とも欲しいところです。
しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。

 

仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に重宝するはずです。

 

 

 

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、家族会議の結果、離婚することになりました。

 

幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が育てるわけです。

 

 

簡単なことではないでしょう。
感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。