同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したとこ

MENU

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したとこ

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では仕事を辞めさせることはできないのが現実です。
ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるというところに抵触すれば解雇もないわけではありません。
実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処分といえるほどのものはなく済んでいるようです。かれこれ十年以上、興信所の依頼するのはやめたほうがいい探偵として勤めていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。もちろん、その証拠を集めるには相応の経験とカンが必要です。


その上、突発的な事態に対し、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。
なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、依頼人を推定しやすいということからも、最大限の用心をしつつ調査につくのが探偵としての常識なのです。


そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で依頼するのはやめたほうがいい探偵を利用した際、支払いでひと悶着あったという人もいるみたいいです。

というのは、最初に出してもらった金額のほかに「別料金」「経費」が加算されたり、あわてて契約の解除をしようにも、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。

やはり、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。

むこうの態度や値段説明に不審な点があったときは、ほかのところを探せばよいのです。


僕の会社の後輩なんですが、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、相手を訴えてやると言っているのです。気持ちは分かりますが裁判となるとお金がかかるものですよね。不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を払わせ、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言っておきました。
探偵社で働くには特別な資格は必要としません。

その代わり、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、慣熟したスキルというものが必要です。
ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもないわけではなく、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員が担当すること。
それが、成果につながるのは言うまでもありません。

不倫調査を興信所に依頼する際は、多少細かいようでも、交遊関係や時間的な行動についてなどを話しておくほうが、調査費用が安くつくだけでなく調査精度も上がります。



なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、肝心の証拠を掴むまでにムダな時間を要するのです。


隣にいれば自然と気付くこともあるはずですし、記録やリサーチにいそしむと今後の大きな助けになるでしょう。

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、GPSの衛星測位システムを使って浮気を容易に把握できるようになりました。
GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを持ってもらうことで、今いる場所がわかるのです。
非合法な方法ではありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、これを使ってみるのも手ですね。



以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、SNSから浮気が露見してしまうというパターンも多くなりました。パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新するようになったら、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っていると考えてもおかしくはないでしょう。
スマホやSNSへの警戒心は、不倫の有無を判断する好材料と言えるかもしれませんね。近頃はスマホを情報源として配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えてきました。
過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのSNS履歴やメール、フリーメールあたりに配偶者の不倫の証拠が隠されているかもしれません。しかもロックをかけているのだったら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと思っていいでしょう。

不倫の調査は相手と近い関係であるほど尾行発覚のリスクが高いだけでなく、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もあります。

同じことでも探偵に依頼すれば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに素行調査や裏付けがとれるはずです。
調査値段を探偵に支払うときは現金でないといけないということはないです。


老舗探偵社や興信所大手などでは、クレジットカードでの支払いに対応しています。クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている会社も多いので、カードの使用明細によって依頼するのはやめたほうがいい探偵を頼んだことが知られることもありません。カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。興信所を使うときの代金はまちまちで、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくるところもないわけではありません。高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、必ずしも比例するとは言い切れません。

高額な料金を請求しておきながら、肝心の浮気の証拠が掴めないという結末にならないためには、価格の相場を、契約を交わす前に知っておくと良いでしょう。
配偶者に浮気をしていることがバレたときは、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、逃げおおせることはできないでしょう。
だいたいの支払額ですが、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなどかなりの違いがあります。
払える見込みが立たないときは、減額が可能かどうか相談してみるのもありでしょう。
不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、実親や配偶者に妊娠を望まれたことが意外に多いです。
自分とのことを考えてくれている人に対し、良心の呵責を覚えるようになったり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいにうんざりする気持ちが出てきたりします。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、以前からの罪悪感もあって、別れを切り出すきっかけになるのです。探偵御用達のツールとしては、以前は発信機でしたが、いまは高性能GPSの利用が進み、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど追跡性能が向上しました。いまどきのGPSの精度はとても高く、よほど電波の届きにくいところでなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば追尾の成功率はグンと上がるのです。
話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。

厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに肉体的な交渉がある場合をさします。もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に代償として慰謝料を請求することが可能です。依頼するのはやめたほうがいい探偵を頼んで配偶者の浮気の証拠をおさえ、正当な配偶者※有責配偶者を含む)として、慰謝料の支払いを求めることにより冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるといった使い方もあります。


探偵業者を選ぶなら、あらかじめクチコミ等を調べておくことが大事です。

無視できないような悪い評判のある会社では、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。一定以上の評価を得ている業者なら、悪質な請求をつきつけられる可能性もありませんし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。興信所や探偵社で行う浮気調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくて一見するとオトクに感じますが、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、日数の長期化があらかじめわかるケースでは引受できないということもあるようです。また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、高額な請求が来ることもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

依頼するのはやめたほうがいい探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。業者の場所や連絡先等は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。



相談してみると、ケースごとの見積りが出てきます。

初回見積り無料の業者さんも多いですから、価格だけでなく内容もそれで良いかよく検討するといいでしょう。


不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。



結構言い得ているのではないでしょうか。もともと我が身のために、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、うまく結婚したところで、自分たちの事情が知られたらみんな去っていくと怯えて生活していくことになります。

不倫経験者なんかと結婚しても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。婚姻中に不貞行為があったために離婚するときに揉めて、離婚調停にまで発展するケースもあります。

家事調停委員が加わり、離婚のための意見調整を行うため、当人たちだけよりも円滑で現実的な話し合いになるというメリットがあります。


緊張せずリラックスして臨みましょう。やはり不倫の証拠写真というと、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面につきるでしょう。個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になるケースがあります。確固たる裏付けとなるような高画質で撮影しようと思ったら、探偵に依頼したほうが賢明でしょう。浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。



そのような方のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。

専門家に話を聞いてもらいながら、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。信頼していた相手に裏切られたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、積極的に将来のことを考えられなくなるような人も少なくないです。


それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。不倫相手の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは浮気の場合、当然ありえることです。

普通、慰謝料で請求される金額は、向こうが離婚したかどうかで当然ながら差があります。
その時点で離婚していないのに多額の慰謝料を請求してきたときは、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしてください。
普通、離婚となると、浮気していた側は子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。

一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。



親権というのは原則的に、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への関与などを考慮します。

調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかを重視して判定するのです。常に相手が警戒している場合、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは簡単なことではありません。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、話を進展させるうえで役に立つでしょう。配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。調査費用はかかりますが、体の関係があると思われるような写真のように、しっかりとした証拠を揃えることができます。配偶者※有責配偶者を含む)の不倫を疑い、調査依頼のために依頼するのはやめたほうがいい探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも結構ありますね。ときには「素人探偵」が活躍したりもして、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。しかし、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡したり写真を撮影することは、非常に難しいです。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、調査は専門家に依頼するべきだと思います。


興信所(当日予約可)に不倫の追跡調査を依頼した際、追加で料金を請求されたという事例もあります。


ただ、契約時に交わした書類には、オプション発生時の条件が明記されていると思います。
だからこそしっかりと確認することは欠かせないのです。説明を聞いてもわからなかったりしたら、きちんと契約前に確認しておくのも怠らないようにしましょう。

調査業務で探偵を雇うときは、とりあえず電話をかけます。心配なら非表示でかけるのもOKです。



電話を通した相談で感触が良く、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、事業所へ行くという運びになります。そこで契約に必要な説明を聞いて、依頼することを決めたら契約になります。

ここへ来てやっと調査員へのGOサインが出されます。
世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。



同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが誰かと会うチャンスは思いの外多く、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。


そんなわけで浮気に抵抗感のない女性が伸びてきているせいか、不倫調査で探偵社を訪れる男性は多くなっているようです。

Google Yahoo!Japan