特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人

MENU

特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人

特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、それは大きな間違いです。


この二つには大きな違いがありますから、ご注意ください。様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法の規定通りに、公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。

管轄官庁による管理が必要なほど大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。
探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、調査を依頼するときは代金が必要になります。


調査員が行う作業いかんで料金は異なります。



単純そうな行動追跡でも、ある程度まとまった時間を要します。

どのくらいの期間を要するかでも料金は変わりますので、調査を行う時間が長ければ、費用はかさむはずです。不倫がわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、浮気の証拠が不可欠です。よくあるものとしては、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。



また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが証拠として認められるケースがあります。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。しかし、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、相応の能力や習熟が必要でしょう。
そういった教育に配慮がないところでは、実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもないわけではなく、注意が必要です。せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロが調査することが成果につながるのは言うまでもありません。探偵に浮気調査を依頼する際、調査値段は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。


最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、ちょっと手間でも何社かで見積りをとり、説明を受けるのをおすすめします。

それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、探偵に可能な限り伝えることで、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。
依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で行動調査を行っていることもあります。尾行や張り込みはもちろん、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行うことがあります。

それに、あくまでも企業秘密で、違法ではないけれど極秘の調査手段がないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。


探偵にパートナーの浮気調査依頼した際、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。
ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、むこうが気付くようなことは、まずないといって良いでしょう。

また、意外なところでは、調査を依頼したことで振る舞いが微妙に不自然になってしまって、相手が勘付くというケースもないわけではありません。


依頼するのはやめたほうがいい探偵の報告書を受け取るまでは、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。



探偵社には調査報告書というものがありますが、特にフォームに決まりはありません。とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときにの使用が前提なら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、探偵社の中でも相応のところに依頼するのをお勧めします。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、クライアントに報告する探偵業というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。
探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。平成19年に探偵業法が施行されるまでは、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、不当な行為を働く業者によるトラブル発生抑止のため定められました。探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしにやってもらうことはできませんから、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで意図しないトラブルになった例もゼロとは言えません。


困ったことにならないためにも、ネットで情報を調べて、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。興信所や探偵を利用する事由の大半は、浮気調査です。ちょっと気にかかることがあるから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、幅広い調査に応じています。

とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、証拠の精確さが大事ですから、探偵に依頼するのがおすすめです。



浮気調査なんていちいちしなくてもと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。



とはいえ不倫は些細なことから始まるので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、安心してはいられません。


取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、メンタル面でもプラスになると思います。なんとなく不倫の気配を感じたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。

最も確実な浮気の証拠は、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。
シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判で確実に証拠になるようなものを得るのは相手に発覚するおそれもありますから、興信所を活用することも検討すべきです。出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。

不貞行為を責められた挙句、家族、親族、同僚などからそっぽを向かれたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになるケースもあるでしょう。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚するパターンもあります。いずれにせよ、本当の意味での幸せなんて期待するだけ無駄です。



お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したことが意外に多いです。
そこから相手に自責の念を感じ、W不倫の現実に辟易するのです。

もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、以前からの罪悪感もあって、別れを切り出すきっかけになるのです。
探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては怖いという方もいらっしゃるでしょう。

本名を名乗るのが不安なら、実名を伏せた相談に対応している業者も少なくないですし、最初に匿名で話をさせてもらい、手応えが良い感じであれば、本名を伝えて詳しい話を詰めていくという方法もあります。不倫された事実に気づいたときは、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。そのときは、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。


あれは、道義上許されない行為です。精神的にはまだまだ割り切れないものがあるでしょうが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。不倫関係に終止符をうたせるには、明確な浮気の証拠をつかみ、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが最も効果的です。

たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちは悪いことをしている感覚はあまりないことも多いです。代償としての慰謝料を要求することにより、事態の深刻さを自覚させるわけです。

調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり支払い面でのことです。費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で差が生じるのは致し方ないことでしょう。


不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1時間の調査だったとして、一般的には2万円台と考えておくとよいでしょう。



相場には幅がありますから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで不倫関係を解消させるまでいったのに、再び浮気することもあります。

休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、メール履歴などでまた浮気をしている事実が発覚するのです。



そもそも前の浮気時の対応が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、次はないということを実感させるような厳しい措置も考えなければなりません。どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。
でも、浮気をするのは男だけではないでしょう。

同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが出会いのチャンスはたくさんありますし、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。

近頃は女性の浮気が伸びてきているせいか、不倫調査で探偵社を訪れる男性はあとを絶ちません。

会社規模が大きければ大きいほど100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵業者の場合は大手のほうが損はないと思います。会社規模が小さなところでは、きちんとした依頼するのはやめたほうがいい探偵業務も行わずに高額な料金をとったり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。

また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、依頼する上では参考になるでしょう。
探偵を使い慣れている人っていませんよね。



配偶者※有責配偶者を含む)の浮気で、探偵に調べてもらう際は、価格の安さが気になりますよね。
しかし安さの根拠も定かでない会社は用心したほうがいいです。
安いけれど調査品質もそれなりだったということがありますからね。

正式に依頼してしまう前に、その会社の信頼性は、しっかり確認しておきましょう。
私ではなく職場の同僚の話です。ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、不倫相手に裁判を起こしたいと思っているみたいです。



わからなくもないですが、それには裁判価格などがかかるのではないでしょうか。ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと言ったのです。

まずは冷静になることですよね。
名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。



ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判を知ることができるでしょう。都内在住なら自分の住んでいる区内から好評価を得ている探偵を見つけて、話をすれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。



不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。
だいたいの支払額ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと大きな違いがあるようです。

支払いが無理そうなら、額を減らしてもらうよう交渉することはできます。結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。
探偵業といえど競争があるのは事実で、格安価格を売り物にしたり、均一価格でOKという会社も増加する傾向にあります。



とはいえ、オプションがついたりすることも多いので、契約する前に、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、あとで後悔することがないよう気をつけましょう。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをはっきり伝えることが必要不可欠です。パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などは、はっきりさせておかなければなりません。
どこに主眼を置くかにより調査員の仕事内容も変わるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。
ほんの火遊びのつもりでも、妻にとっては信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。
信頼を裏切る浮気を野放しにすることはできません。不倫行為の裏付けをとる手段はやはり一番にあげられるのはスマホ(携帯電話)でしょう。



メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って不倫相手と連絡をとっている可能性があります。
探偵業者にかかる価格には幅があって、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくるケースも見られます。

高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、確実にそうだとは言えません。

成果があればこその対価であるのに、肝心の浮気の証拠が掴めないなんて無様な結果に終わらないために、契約を交わす前に平均的な価格についてチェックしておきましょう。



Google Yahoo!Japan