社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もし

MENU

社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もし

社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。


しかし、もしバレても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由でクビにするというのはできないのが現実です。けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、せいぜい上司から注意される程度で、それ以上の処分にはならずに曖昧に済まされることが多いです。



たとえ大手だからといって絶対にハズレがないとは言い切れませんが、探偵業者の場合は大手のほうが間違いが少ないです。
規模の小さな会社では、きちんとした依頼しないほうがいい不倫調査を依頼してはいけない探偵業務も行わずに見積りと全然違う料金を請求してきたり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。


もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども重要です。納得がいかないようなら依頼すべきではありません。探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気することもあります。連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、メール履歴などで懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。


その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が必要でしょう。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。



ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないのではないでしょうか。
離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、肝心の証拠を押さえておけば絶対的に有利というものです。
現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、依頼しないほうがいい不倫調査を依頼してはいけない浮気調査を依頼してはダメな探偵業者に調査を依頼するのが最もストレスの少ない方法だと思います。



探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、業者ごとにスタイルはさまざまです。もし裁判等で使う際は、証拠として採用されるには、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。
自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、依頼する業者を選別しなければなりません。

尾行で不倫調査を依頼してはいけない探偵必携の道具というと、かつては無線発信機を使用していたのですが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する依頼しないほうがいい探偵社が増え、旧発信機の時代に比べると対象車両の追跡に効果を発揮しています。
近頃のGPSは精度も高くなっていて、よほど電波の届きにくいところでなければ対象の位置の把握は難しいことではありません。
そんなGPSを設置できれば、調査の精度はさらにあがります。

どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す例も少なくないようです。
浮気が発覚して、謝って一時的に大人しくなるのですが、またしても我慢できなくて浮気する可能性だってないわけではありません。言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、依頼しないほうがいい探偵業者の力を借りて、きっちり不倫の裏付けをとり、懲らしめてやるといいでしょう。


離婚すると、浮気経験のある親というのは子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。
でもそれは、絶対的なものではないのです。


裁判上の親権の判定では、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への参加度合い等に重点を置いて判断します。



つまり、子供の生育に適した環境かが最優先で考えられているわけです。


パートナーの不倫で悩んでいるなら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、料金の発生しない無料相談を活用すると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。
裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、いきなり知らない相手に調査を頼むなんていうのは、いささか心配でしょう。



そのような不安を少しでも減らすために、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。不倫調査を依頼してはいけない探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、実に気になるところだと思います。最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。



見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、先方の営業所は避けて、表通りにある喫茶店など人の多いところで相談すると良いのではないでしょうか。


違法な勧誘を未然に防ぐことができます。
依頼しないほうがいい探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは同じだと考えていいでしょう。

離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、あきらかに配偶者が不倫したという証拠が是非とも欲しいところです。もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、やはり興信所や依頼しないほうがいい探偵社などを使うほうが、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって効果を発揮します。これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面につきるでしょう。
撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になることが多いです。


ちゃんとした証拠として使えるような写真を入手したいのだったら、そういった仕事に長けている探偵を利用したほうが賢明でしょう。いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。

ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判を知ることができるでしょう。
自分が住んでいる近くで好評価を得ている探偵を見つけて、そこで話を聞いてもらえれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。
昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。
手抜きをしたってお客にはわからないからです。

現在はネットが普及して、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかは評判を集めるのは可能です。


安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、ただ高いだけのところに依頼するというのも馬鹿げています。

結局のところ、費用と実績がうまく合致したところを見つけ出すしかないのです。

興信所といっても、知らない会社に相談するのは抵抗感があるという人は少なくありません。相談時に本名を告げることに抵抗を覚えるというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる会社もあるので、うまく活用して、これなら良さそうだと判断できたら、個人情報を明かすこともできるのです。不倫の証拠をおさえるための素行調査は、探る相手が顔見知りですから、露見しやすいですし、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もあります。
その道の専門家である探偵なら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。

浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。実際、女性も浮気しますよね。スポーツや自治会、子供関連と、女性だって出掛けるシーンは数多く存在し、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が増えているのか、不倫調査で依頼しないほうがいい探偵社を訪れる男性は以前ほど珍しいものではなくなってきました。


話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、体の関係を持つことを指します。
配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料を求めることができます。相手が油断している間がチャンスです。



浮気調査を依頼してはダメな探偵業者に依頼して、浮気の確かな証拠を入手し、賠償請求を相手に突き付けることにより不倫関係を一気に解消させるような利用法も少なくないです。

私ではなく職場の同僚の話です。
ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、裁判でその男を訴えたいのだそうです。


結構マジメな話です。

ただ、裁判となれば相応の費用もかかるでしょうし、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと助言しておきました。夫の浮気が心配で探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。

ときには「素人依頼しないほうがいい探偵」が活躍したりもして、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、難易度の高いワザです。

相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることが大事です。評価が低いところでは、見積り時の説明が不十分だったり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。


定評のある会社を選べば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もありませんし、もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。

かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。証拠を押さえるためには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも不可欠だと思います。その上、突発的な事態に対し、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼者に不利益をもたらしかねませんので、用心に用心を重ねるのが大事です。

信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。

探偵の仕事といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。
対象にそれと悟られないよう行動を追い、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。



露見することはまずありませんが、追跡する側はターゲットの行動を予測しておく必要があります。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、探偵の業務です。
相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。

実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。


どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に具体的に説明しますね。
普通の調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、追跡します。


いわゆる「尾行」です。



何日も調査しても経費がかさむだけですから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不倫の証拠写真を撮影したりします。ドラマには無報酬の依頼しないほうがいい探偵なども登場しますが、調査をしてもらうときは料金がつきものです。

調査員が行う作業いかんで見積り額も変わってくるでしょう。もっとも依頼の多い追跡調査ですら、ある程度まとまった時間を要します。
それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金に差異が出てきますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、費用はかさむはずです。
探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には悪質でいい加減なところもないわけではないので、依頼するなら事前に情報を集め、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。

例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。


曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、よく確認して疑問点がすべて解消したところで依頼するようにしましょう。
パートナーの不倫が露見したら、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。
でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。


そのときは、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。だいたい不倫行為は、した人間の方に責任があるのです。精神面ではわだかまりが残るとは思いますが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、高額な慰謝料を要求されることも考えなければなりません。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚するパターンもあります。
やっとの思いでゴタゴタを片付けても、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんて金輪際ありえないのです。私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。簡単です。
遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。


人間はウソをつくときほど妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。だから質問は簡単なほうが良いのです。また、少し訊かれただけで、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。

やましいと感じていると、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。



また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。

スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)チェックしてみましたが、きっちりロックでガードされていて、何も得ることができませんでした。かくなる上は興信所を頼むべきだと考えたのですが、主婦の財布には痛い出費です。実家に話して借りるかと思いつつ、ためらっているところです。

Google Yahoo!Japan