武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、浮気調査ひとつとっても

MENU

武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、浮気調査ひとつとっても

武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、しっかりとしたスキルが必要です。
社員教育の徹底した会社を選ばないと、実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあると聞きますので、格安というところは注意したほうが良いでしょう。


せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロに調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことがお金も時間も無駄にしないコツです。

不倫調査を頼む際は、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかを決め、事前によく話し合っておくことが重要です。

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。



その希望次第で調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、探る相手が顔見知りですから、追跡が発覚しやすいばかりか、感情に任せてトラブルになる可能性も想定しておかなければいけません。

興信所の調査員に依頼すると、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に浮気の裏付けがとれるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。近頃ではスマホが元で不倫が露見するといったケースが多くみられます。過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのメールやLINEなどに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えるのが妥当でしょう。
ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。
警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。



興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大手や中小にこだわらず、どの地域なのかを中心に、ネット検索すれば会社の数は限定されます。いくつか選んだところで最寄りの営業所か代表電話に電話して、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。とにかく話を聞いてみなければ、探偵社の雰囲気すらわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。
まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。ただ、あまり深刻にとらえるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、肝心の証拠を押さえておけば有利であることは間違いありません。
もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵業者に調査を依頼することを推奨します。

どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。でも、浮気は男ばかりじゃないはずです。

同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが出掛けるシーンは数多く存在し、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。
近頃は女性の浮気が増えているのか、不倫調査で探偵社を訪れる男性は以前ほど珍しいものではなくなってきました。
本人たちにとっては遊びのつもりでも、不貞行為には違いないのですから、その対価はけして安くはありません。配偶者の出方次第でも変わるでしょう。しかし、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、今後の生活を送ることになります。

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。

100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。もともと我が身のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯がいつかはばれるのではと怯えてずっと暮らしていくのです。



不倫相手と結婚したって、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。探偵社には調査報告書というものがありますが、公的な書類のように書式や記載事項が決められているものではありません。

しかし、調停離婚や訴訟の場で使われるなら、証拠として採用されるには、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書であることが大前提となります。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、依頼する業者を選別すると良いでしょう。



浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。
理由は、メンタル面での負担が大きいことでしょう。既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情をかかえこみやすくなり、やがてメンタルや体調に大きな影響を与えるのです。

それに、取り残された配偶者も情緒不安定や不眠などの症状が見られます。



ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。

失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。

たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、気に入った相手と人生リセットだなんて、お気楽すぎるとは思いませんか。妻か夫のどちらかに原因があるとしても、それで解決するわけはないでしょうし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。きっと後悔しますよ。

27歳の公務員(男)です。

一年前に結婚し、同い年の妻はパートで病院の受付をしています。

私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、むこうの不倫が判明しました。

妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、それっきり話もしません。頭がパニックです。



浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。このままにしておくつもりはありません。

私にも考えがあります。

調査業や探偵業は「はじめて」の利用者が圧倒的に多いそうです。ですから、もし悩んだら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。


会社概要等は、電車や雑誌の広告などでも見られます。受付専任のスタッフがいて、だいたいの費用の目安の見積書が作成されます。

相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、落ち着いて検討してみることも大切です。パートナーの浮気に気づいたときは、ベストな対応をするべく、気分を落ち着けて、いつもの自分を取り戻すようにしてください。どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、離婚と慰謝料だのも考慮していかなければなりません。二人で会う機会を作り、これからどうするかしっかり話し合うと良いでしょう。



もし配偶者が浮気していた場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。
といっても簡単なことではありません。
当事者だけで話しあえば、感情的な理由が根本にあるためか、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。もめ方によっては訴訟になるでしょうし、そうなる前に弁護士にお願いして、無難なところでまとめあげてもらうというのも手です。

近年は技術改良が進んで、GPSの衛星測位システムを使って浮気を簡単に見つけられるようになりました。

調べたい相手にGPS搭載のスマホを使用させることにより、相手の現在位置を知ることができます。

マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、浮気調査を依頼してはダメな探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。


不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で調査をすることも、ないわけではありません。尾行や張り込みはもちろん、交友関係を絞っていき、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査をすることもあります。また、社外秘として教えてくれない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。



テレビでは見るものの、実際に依頼しないほうがいい探偵を利用したことのある人は少ないはず。
いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは一般的なのではないでしょうか。


探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。



申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、違法な会社や怪しいところでないかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。

大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。

実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。


それをベースに探偵の調査手法をおさらいしてみましょう。標準的な不倫調査としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、調査対象の追尾を行います。



四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って証拠を入手します。
探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、作業には支払いが必要です。

スタッフが行う調査の内容により、見積り額も変わってくるでしょう。

追跡して行動を窺うような調査だと、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。どのくらいの期間を要するかでも料金は変わりますので、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、必然的に費用は多くなります。不倫の追跡調査を依頼しないほうがいい探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは無視することができないファクターでしょう。

無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、営業所のかわりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで打ち合わせさせてもらうのも手です。
契約の強要といった事態の防止につながるからです。
完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、きちんとした不倫の裏付けをとって、不倫の慰謝料を求めるというのが最も効果的です。たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちはさほど罪悪感を感じていないというパターンが多いです。
賠償を求めることで、事態の深刻さを自覚させるのです。


個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査をしてもらうことは不可能ですから、信頼性の高い会社でなければなりません。コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、未熟な調査能力のせいで予期しなかったトラブルや金銭問題となる危険性も考えなければいけません。そんな状態を避けるために、あらかじめ情報集めをして、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。
職場内で不倫が発覚しても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由でクビにするというのはできないのが現実です。とはいえ、就業規則上の、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、厳しいお咎めはなしで曖昧に済まされることが多いです。浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由で最も多く、説得力があるのが、パートナーにバレたからというものです。ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。そういったことを専門にする探偵会社に相談し、調査してもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。

しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、どうしても本人次第になります。パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。

ただ、浮気調査を依頼してはダメな探偵は便利屋と違って専門家ですし、相手に露見するようなことは、ほとんどないと思っていいでしょう。
しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。調査が完了するまでは、いつもと同じように生活するようにしましょう。常に相手が警戒している場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは無理というものです。ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、話を有利に進める材料になります。



これは浮気しているなと気づいたら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。



ある程度、費用は必要ですが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。事務所に相談に行った際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは注意したほうがよいでしょう。


断って帰宅したあとでも、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。
まともな浮気調査を依頼してはダメな探偵社や興信所であれば、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。浮気されたことによって心に傷を負った人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。



浮気によってパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、自分の人生なのにポジティブになれないことも多いようです。
それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。

Google Yahoo!Japan