最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみ

MENU

最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみ

最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみたんですけど、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。

比較のために何社か連絡してみたのですが、こちらの気持ちをよく理解してくれた探偵さんに調査してもらいました。
しばらくして報告書を受け取ったのですが、あれだけの証拠を目の当たりにすると、のどの奥が固まるような気分でした。

依頼しないほうがいい探偵業を営むには特に資格や免許などは不問といっていいでしょう。
ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「不倫調査を依頼してはいけない探偵業法」に則り、少なくとも不倫調査を依頼してはいけない探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出を行い、「不倫調査を依頼してはいけない探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可された会社(個人も可)になることが不可欠です。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。



いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。

よくあるのは、不倫の証拠集めで期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。



とはいえ、単純に依頼しないほうがいい探偵の調査が至らず満足な結果が出せないときもあるわけで、依頼する依頼しないほうがいい探偵社の質や評判を契約前に確かめておくことで回避できるでしょう。


そして面倒がらずに探偵にじっくり相談することも納得の秘訣だと思います。

私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。

簡単です。ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。
嘘を言うときには人はやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。

それに、ちょっと聞いただけで聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。隠し事があればあるほど、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。
落ち着かず目を泳がせるので、見ていて分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。


ネットで検索すると依頼しないほうがいい探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。人が動く範囲は決まっていますから、どの地域なのかを中心に、ネットで調べてみれば一目瞭然です。


さらにクチコミや規模などで選定し、電話で相談員に話してみることをお勧めします。
ひと括りに探偵といっても結局のところ話をしてみないと、信頼できる依頼しないほうがいい探偵社かどうか判断しようもないです。



電話から最初の一歩を踏み出しましょう。名前が知れている以外にも不倫調査を依頼してはいけない探偵業務を行っている会社は多いので、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。インターネットで検索してみると不倫調査を依頼してはいけない探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などが出てくるはずです。

都内在住なら自分の住んでいる区内から満足度の高いところを選んで、そこで話を聞いてもらえれば、調査を任せても安心でしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。興信所の仕事と聞いて、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を追い、不倫等の証拠を押さえることです。

露見することはまずありませんが、追跡する側はターゲットの行動を予測しておく必要があります。予想しえないことに備えて動くのが、探偵の仕事です。
浮気されたことによって心に傷を負った人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。
プロのアドバイスを受けつつ、心の傷を癒し、前進していけるのです。不倫という許しがたい理由で離婚しても異性に距離を置くようになったり、自分の人生なのにポジティブになれないといったケースもあります。



もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。


パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、相応の額が必要です。


だいたいの費用ですが、不倫の調査などで20万円(4万円で5日間)程度はかかると思って間違いないでしょう。費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、なにを依頼するにしても数十万程度と見積もっておけば充分だと思います。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、その配偶者からしたら浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。

その許す事ができない行為を野放しにすることはできません。浮気の証拠といったら、すぐ思いつくのは、携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで連絡をとっていると考えるのが妥当です。近頃ではスマホが元で浮気がバレたというパターンが増加しています。



高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、フリーメールを含むメールやLINE履歴に不倫の履歴が隠れている可能性は高いです。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、十中八九、浮気の証拠がそこにあるといっても良いのではないでしょうか。不倫行為があった場合、代償として慰謝料を求める権利があります。



とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、意地の張り合いになり、話がややこしくなりがちです。



うまくいかないときは訴訟になることもあるわけで、そうなる前に弁護士にお願いして、なるべく円満な解決を目指す方が良いかもしれません。もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、不倫の証拠を自分で見つけるのは困難でしょう。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料とうまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。

ですから、不倫をしているなと思ったら、探偵を雇って調査してもらいましょう。調査費用はかかりますが、浮気相手と出かけているときの写真等、あきらかな証拠が得られるでしょう。不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。
だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。それさえあれば、後はとことん締めあげてやるまでです。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、碌なことにならないですよ。


それを分かってて不倫するほうが悪いんです。


当事者としては悪気はなくても、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、おそらく高くつくでしょう。まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかでも違いますよね。

ただ、単純に離婚されるだけではなく、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。不貞行為が明るみに出れば、相応の代償を払ってこれからを生きていかなければなりません。
ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。



結局のところ、不倫は何も生み出しません。仮に夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、気に入った相手と人生リセットだなんて、お気楽すぎると世間一般では思うでしょう。
浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。軽率のツケは高くつくでしょう。
懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、なにげに不倫に進展するケースが多いことが知られています。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから当初は男女を意識せず、距離が一気に縮まります。
クラス会や同窓会後に相手の様子がおかしければ、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。



パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、相手にバレたりしないか心配になりますよね。



調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、調査対象にばれるようなことは、まずないはずです。



とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、普段と変わらないようにしてください。

不倫調査を依頼してはいけない探偵業者に欠かせない技量というのは、会社の規模によるところも大きいです。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、機材や調査手法の刷新に余念がなく、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。
著名な探偵社は調査にあたるスタッフの育成に時間と費用を充分にかけていて、必然的に仕事の品質にフィードバックされてくるわけです。不倫調査を依頼してはいけない探偵も企業である以上、調査をしてもらうときは料金がつきものです。



スタッフが行う調査の内容により、料金は異なります。


もっとも依頼の多い追跡調査ですら、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。
それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金に差は出てくるので、調査が長期や長時間になれば費用も多く見込まなければいけません。探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に依頼するようにしましょう。地元に精通していれば、それだけ仕事を有利に進められますし、克明な報告を得ることができるでしょう。
それに依頼する内容や諸条件によって得意、不得意の差が出ることですから、あらかじめホームページとか業者に電話確認してみることも大切です。ふつうの金銭感覚でいうと、不倫調査で依頼しないほうがいい探偵を利用するコストはリーズナブルとは言えないでしょう。

とはいえ、価格重視で選んでも肝心の不倫の裏付けができなければ、お金をドブに捨てるようなものです。最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、一概に決めかねるところがあります。

中堅どころの依頼しないほうがいい探偵社に探偵として勤務している者です。浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、それなりのワザとカンを要すると思います。
想定外のことがたくさん起きますし、それを速やかに対処する判断力も大事です。


不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、依頼人を推定しやすいということからも、用心に用心を重ねるのは常識です。
対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。パートナーの浮気に気づいたときは、とりあえず対応を考えるために心を落ち着けるのが先決です。
どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料だのも考慮していかなければなりません。
面倒でも双方で会う時間を作り、これからどうするかしっかり相談することをおすすめします。

依頼しないほうがいい探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、従来は発信機がありましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。

最近の高性能GPSというのは正確で、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、相手車両の発見は容易になりました。GPS を取り付けることができれば追尾の成功率はグンと上がるのです。

旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。
気をつけるべきなのは、相手の言動を否定しないこと。

私なりにわがままを言ったりすることはありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。
また、家計のことで責めることもしません。

男性の自尊心を優先し、服装や美容にも気配りを忘れずに、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、心が離れることもなく、浮気もないと思っているんです。

私ではなく職場の同僚の話です。ちょっと前に妻の浮気が判明したので、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいみたいなんです。わからなくもないですが、それには相応の費用もかかるでしょうし、あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言っておきました。
パートナーの不倫で悩んでいるなら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずは事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するのがいいでしょう。
裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、いきなり知らない相手に個人情報を伝えて調査してもらうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。リスクや不安は少ないほど良いのですから、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。


配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをあきらかにしておくことが大事です。
たとえば、別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。何を目標にするかによって依頼しないほうがいい探偵の調査内容に違いが出てくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。



特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、この二者にははっきりとした法制度上の違いがありますから、ご注意ください。

便利屋でしたら無届けでも開業できますが、不倫調査を依頼してはいけない探偵業は個人であろうと法人であろうと、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って開業開始届出書類を提出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。

管轄官庁による管理が必要なほど高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。

Google Yahoo!Japan