ダンナの不倫や隠し子などの探偵に調査してもらうという話は小説でもド

MENU

ダンナの不倫や隠し子などの探偵に調査してもらうという話は小説でもド

ダンナの不倫や隠し子などの探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。


ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。でも、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは初心者には到底無理です。相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、プロに任せるのが一番安心です。
不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。
あながち嘘ではないでしょう。


ただ自分がそうしたいからという理由で、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、ばれるの怖さに嘘をついて生きていかなければいけないでしょう。
不倫相手と結婚したって、いつまた不倫に発展するかと思うと内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。

しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。



一例をあげると、浮気の素行調査で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

しかし日数ではなく、調査能力不足によって満足な結果が出せないときもあるわけで、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめ確かめてから契約することはとても大事なことです。また、探偵や相談員とよく話し合うことが結果を左右するのはいうまでもありません。不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届く可能性はあります。ひとくちに慰謝料といっても、先方夫妻が結婚を継続するか否かで相応の差が出てきます。その時点で離婚していないのに高額すぎる慰謝料請求があった場合、冷静になって、弁護士に入ってもらうことです。
浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。


中にはとんでもない金額を請求するところもないわけではありません。
調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、必ずしも比例するとは言い切れません。けして安くはない代金を支払った挙句、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなんて無様な結果に終わらないために、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいはチェックしておきましょう。

浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも重要な個人情報を晒すのは気が引けると思う人はけして少なくありません。

頼む・雇うが確定するまでの見積り段階では、個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも多いですし、まず聞いてみることが大事です。
しかし、いざ依頼するとなると契約や詳細説明は必須ですから、必要最低限の個人情報の提供は了承していただくほかありません。



もしこれから探偵社に頼む・雇うしようと思ったら、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることは欠かせません。



評価が芳しくない探偵では、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。利用者評価の高い探偵業者であれば、法外な代金をとられることはないでしょうし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。

しかし、この二者にははっきりとした法制度上の違いがありますから、ご注意ください。何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、総合探偵・興信所や探偵社のほうは、警察署経由で所管の公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。
管轄官庁による管理が必要なほど高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、そこから浮気がバレる場合も増えているのです。配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新しているときは、浮気相手と連絡をとっている可能性が高いです。

SNSに関わる相手の態度というのは、不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。まずは大手や中小にこだわらず、対象地域に営業所があるかどうかウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。クチコミなども参考にして選んだら、直接電話で相談しましょう。

いくら悩んだところで実際に話してみなければ、信頼できる探偵社かどうか知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。


浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。そのような方の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。経験値の高いプロに相談することで、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。

浮気相手と二股かけられていたことで離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いようです。
それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。


完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが最も効果的です。

不倫の相手のほうではさほど罪悪感を感じていないことも多いです。


代償としての慰謝料を要求することにより、自分たちがしたことを実感させることができるのなら、ぜひやってみるべきです。
先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。時効といって、誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、あるいは不倫行為そのものがあってから20年が期限となっています。
時効が迫っているときは裁判に訴えることで、時間経過をリセットできるんです。

つまり、時効が近い場合は、訴訟することも選択肢に入れてみましょう。


探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気をやめさせることに成功しても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。
帰宅時間がルーズになったり、メールや着信履歴などでまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。

もともと最初の浮気への対応が手ぬるかった可能性も高いので、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。

不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加で料金を請求されたという事例もあります。



その時は、まず契約書を確認しましょう。
そこには追加料金について記載されているでしょう。
そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解することは欠かせないのです。また、不明なことがあるのなら、契約する前に納得がいくまで質問するのも大事です。探偵にパートナーの浮気の素行調査依頼した際、相手にバレたりしないか心配になりますよね。ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、察知されることはまずないといって良いでしょう。

とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、振る舞いが微妙に不自然になってしまって、相手が勘付くというケースもないわけではありません。



調査完了日までは少なくとも、普段と変わらないようにしてください。

調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーというわけではなく、たとえば比較的大規模な探偵社の場合は以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている会社も少なくないので、総合探偵・興信所や探偵を利用したことがバレる心配も要らないでしょう。

支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、それだけ信頼性も高いということです。


子供のいる親が離婚する時は、浮気経験のある親というのは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。

道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。
調整や裁判での子供の親権というのは、生活を共にしているかどうかや育児への関与などを重くみる傾向があります。
要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかを最も重要なことと考えているようです。
探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。
でも、そう難しく感じるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。

離婚云々はさておき、肝心の証拠を押さえておけば有利であることは間違いありません。
あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、モヤモヤしているのが嫌なら興信所に頼んでみるのがいいでしょう。
ほんの出来心であろうと、自らがした不倫の償いは、安くは済まないでしょう。

パートナーがどういう態度をとってくるかによって大きな差が出てくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。不倫なんていうものは、露見してしまえば一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償いの生活を送る羽目になるのです。
よくあるサービス業の対価に比べると、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、リーズナブルとは言えないでしょう。割安だからと安易に業者を頼んだものの、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、無駄遣いもいいとこです。

理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、高額な代金を請求するところが優秀で良い探偵社であるかというと、実に悩ましいところです。

配偶者の浮気がわかったら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。
もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、感情的な理由が根本にあるためか、しばしば泥沼化してしまいます。

うまくいかないときは訴訟になる可能性もあるので、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無難なところでまとめあげてもらうというのも手です。子供も大きくなったのでパートを始めたところ、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、お付き合いを始めました。まあ、不倫ですよね。子供ができてから今までの間、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。
最近、様子が違うと、すぐ主人にバレて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払うということになってしまいました。

探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえばこれといってないと思って良いでしょう。双方とも探偵の業務を行うという点では違いがありません。つまり浮気の素行調査でしたら、同じものと思っていただいて支障はありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。



ただ、ある程度の得意分野だのは調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、そのあたりはおさえてから契約したいものです。


同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。

しかも、事実が判明したところで、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、解雇することは無理でしょう。


とはいえ、就業規則上の、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という部分をもってすれば懲戒も可能ですが、まあ現実では訓戒程度で、処罰といえるようなものはなしで曖昧に済まされることが多いです。探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。
営業所の住所や連絡先などは、電車や雑誌の広告などでも見られます。
相談しながら調査内容を設定していき、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ仮見積もりを出してもらえます。


無料で見積ってくれるところもありますし、費用だけでなく内容もそれで良いかよく考えてみると良いでしょう。あとから内容の変更も可能です。

配偶者に浮気をしていることがバレたときは、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、逃げおおせることはできないでしょう。

その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと本当にケースバイケースで異なります。



支払いが無理そうなら、支払いの分割化や金額変更を交渉するのも悪くないかもしれません。探偵の仕事といえば、追跡・尾行を思いつく人は少なくないでしょう。

対象にそれと悟られないよう移動を共にし、不倫等の証拠を押さえることです。



察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、探偵は調査対象者の行動をある程度、想定しておかねばなりません。


予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、探偵の業務です。相手に知られては頼む・雇う者の不利になるので、必死です。
よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。

それに、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。


男性の自尊心を優先し、身仕舞いに気をつけ、女らしいふるまいを心がければ夫婦円満で不倫もないと考えているのですが、甘いですか?普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。単刀直入に質問してみるといいのです。
人間はウソをつくときほど快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。

短い質問なら簡単に答えれば良いのに、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。やましいと感じていると、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。

視線もキョドりますし、目線を追うと分かります。

Google Yahoo!Japan