このまえ、法事のときに従兄と話していたんですけど、奥さんが浮

MENU

このまえ、法事のときに従兄と話していたんですけど、奥さんが浮

このまえ、法事のときに従兄と話していたんですけど、奥さんが浮気していて、相手を訴えてやると言っているのです。

ただ、裁判となれば訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、慰謝料を払わせ、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言ったのです。

まずは冷静になることですよね。浮気と不倫。



ちがいがあるのをご存知ですか。厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的関係をもつことをいいます。不倫であればパートナーとその交際相手に慰謝料を求めることができます。興信所に調査を依頼(雇う頼む)し、浮気の確かな証拠を入手し、多額の賠償を請求することによって現実を見せ、きっぱりと別れ指せることにも役立ちます。
当人立ちからすればリフレッシュやお遊びでも、妻からすると人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。信頼を裏切る浮気を好き放題にやらせておく理由はないはずです。



不倫行為の裏付けをとる手段はやはり一番にあげられるのはスマホ(携帯電話)でしょう。
メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。27歳の公務員(男)です。
一年前に結婚し、妻はひとつ年下で専業主婦をしています。情けない話ですが、先週、むこうの不倫が判明しました。

指摘された妻のほうは逆ギレで、謝罪の言葉もなにもありませんでした。このままやっていく自信がありません。
浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。

謝罪がなければ、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。立とえば、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。

希望やおねがいはいっぱいありますが、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。

それに、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。
男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、妻らしく容姿外見にも気をつけて、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、いつまでも仲の良い夫(旦那)婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と思うのです。
私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気を止めることができ立としても、再び浮気することもあります。休日に家族と過ごす時間が減ったり、携帯にロックをかけるようになったりして、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。
要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが手ぬるかった可能性も高いので、次はないということを実感指せるような厳しい措置が大事だと思います。



まだ別れると決まったわけではないのだから不倫・浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。ただ、あまり深刻にとらえる必要はないようにも思えます。

不倫相手と別れ指せるとか、離婚するとか、どちらにしても、否定しようのない証拠をつかんでおけば不利にはならないですからね。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、白黒つけたいと思うなら、その道のプロ(探偵)に相談するのがいいでしょう。



探偵業者を選ぶなら、まずそこの評判を調べるのが不可欠だと思います。


無視できないような悪い評判のある会社では、不当に高い料金を請求してきたり、満足な調査をしていないこともあるようです。

利用者評価の高い探偵業者であれば、法外な料金をとられる危険性はないです。

何より、良い仕事をしてくれると思います。
不倫行為が露見した場合、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、圧倒的に不利な立場になります。

慰謝料として要求される金額は、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと千差万別です。
支払いが無理そうなら、現実的な支払額になるよう相談することはできます。結果、条件変更して貰えた人もいるようですよ。興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業規模も確実に影響してきます。全国に協業体制をもつ探偵社の場合、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。規模の大きなところは調査にあたるスタッフの教育にも積極的でそういう点が調査成果や報告書の精度にフィードバックされてくるわけです。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、SNSから浮気が露見してしまうといったケースが増えています。

配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックしたり、こそこそ更新していたら、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っていると考えてもおかしくはないでしょう。

SNSに対する不審な行動があるかどうかは浮気に気付く材料にもなりえます。
不倫の双方が既婚者である場合、浮気を辞めようと思った理由には、実親や配偶者に妊娠を望まれたことが意外に多いです。

いままで連れ添ってきた仲として申し理由ないという気持ちが生じたり、将来が見えない浮気という繋がりに愛想がつきるということもあるようです。それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、今までの罪の意識も手伝って、精算したいという気持ちになるようです。勤務先で不倫カップルの存在が判明し立としても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように解雇することはできないのが現実です。ただ、職場の規則やパートの契約書などの、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といったものに相当すれば懲戒もありえますが、せいぜい上司から注意される程度で、処罰といえるようなものはなしでオワリがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。
「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといったケースもままあります。
不倫現場を見つけられて、謝って一時的に大人しくなるのですが、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っている可能性はおおいにあります。
あやしい素振りを見せたら、調査を探偵社に依頼(雇う頼む)して、不倫相手との交際がはっきりどこまでわかるような証拠を握って、決着をつけて貰いましょう。
名前のちがいで悩む人がいるようですが、今の時代の総合探偵・興信所と探偵社の差は名前だけです。
調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。不倫調査という点でいえば、同じと考えて問題はないでしょう。ただ、ある程度、得意不得意なども業者によって異なるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。浮気を証明する写真といったらやはり、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるシーンは決定的です。

自力で写真を撮れないことはないでしょうが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になることがよくあるでしょう。

裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影しなければ意味がないので、最初から総合探偵・興信所などを手配するほうが現実的です。


このごろは技術が進み、浮気しているかも知れない人の居場所をGPSで容易に掌握出来るようになりました。

スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に使用指せることにより、かなりの精度で今いる位置を知ることができます。別に違法というわけではないですし、自力で配偶者(夫や妻)の浮気を見つけようと思ったら、これとウェブ上のマップを併用するといいかも知れません。

浮気を繰り返す人、辞められない人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。
共とおする点といえば、メンタル面での負担が大きいことでしょう。


既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを心の中に抱えることが多くなり、精神面や体の不調として出てきます。


そして、裏切られた配偶者もまた、情緒不安定や不眠などの症状が見られます。



不倫の調査を探偵にして貰うと、ときどき追加料金が生じることもあります。

ただ、普通は契約書に、別途料金を請求することについてけい載されているでしょう。

そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解しておくべきでしょう。

説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約書にサインする前にしっかり確認するのも重要ではないでしょうか。探偵業者に任せるべ聞かどうか、ずっと悩んでいるのなら、相談という形で問い合わせてみるのもいいですね。



会社概要等は、インターネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。相談してみると、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ概算で見積りを出して貰えます。そこまでなら無料のところもありますから、落ち着いて考えてから依頼(雇う頼む)することもできます。この頃はついうっかりスマホを放置して、浮気がバレ立というパターンが増加しています。
過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのラインなどのSNSやメールに不貞行為の一部始終がのこされている可能性は高いです。
ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと考えてミスないでしょう。
ダンナの不倫や隠し子などの調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもおもったよりありますね。


物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。しかし、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、初心者には到底無理です。

相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。


浮気調査といえども見ず知らずの探偵に個人情報を教えるのは気が進まないと思う人はけしてよくあるでしょう。依頼(雇う頼む)に先立っての相談段階では個人情報はなくても大丈夫な会社も現在では増えています。でも、仕事として発注する場合は具体的な契約を交わすわけですから、そこで必要な個人情報の開示は避けられないでしょう。パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、ぜったい裏付けをとるべきです。
浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を得るのはトラブルの要因にもなりかねませんし、探偵業者に依頼(雇う頼む)することも検討すべきです。
興信所や探偵を利用する事由の大半は、不倫(の疑い)の素行調査です。


奥様の第六感的にあやしいから、とりあえず不倫の有無だけしりたいという依頼(雇う頼む)から、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、ニーズに応じた調査を行います。とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、はっきりとした裏付けをとるためにもその道のプロを利用するのがお薦めです。探偵に浮気調査を依頼(雇う頼む)する場合、結局のところ何を主眼に調査して貰うかをきちんと話し合っておく事が大事です。立とえば、浮気を辞め指せるだけにとどめておくか、あるいは離婚裁判の為の証拠が欲しいのかなどは、はっきり指せておかなければなりません。その希望次第で探偵の調査内容にちがいが出てくるわけですから、大事なことです。懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、禁断の恋に陥る可能性が高いです。



好きだった人が素敵な大人になって現れたり、同年代の思い出があるせいかお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。クラス会が終わってから、配偶者が不審な行動をするようになったら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。

パートナーの不倫が元で当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、ついに家庭裁判所のお世話になる場合もあります。

家事調停委員が加わり、話し合いが行われるため、夫(旦那)婦やその関係者だけで話し合うよりスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むというメリットがあります。
緊張せずリラックスして臨みましょう。
知らない探偵社に個人的に相談するのはちょっと気がひけますよね。

話を聞いて貰うときに本名を名乗るのが嫌でしたら、名前を明かさずに相談できる業者も少なくないですし、上手く活用して、これなら良さそうだと判断できたら、あらためて個人情報を伝えるといいでしょう。

不倫された事実に気づい立ときは、誰だって頭の中が混乱するものです。

でも時間の経過とともに冷静になってくるはず。

そのときは、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。あれは、やったほうが悪いのです。
精神的にはまだまだ本当の解消には至らないかも知れませんが、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、しっかり支払って貰うべきです。

Google Yahoo!Japan