身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、ウェブで探偵業者について

MENU

身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、ウェブで探偵業者について

身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、比較ホームページや公式ホームページがたくさん見つかりました。



比較のために何社か連絡してみたのですが、こちらの気持ちをよく理解してくれた会社に頼むことにしました。


しばらくして報告書を受け取ったのですが、証拠を見てしまうと、のどの奥が固まるような気分でした。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。
どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例にご説明しましょう。一般的な浮気調査では、まず、追跡します。いわゆる「尾行」です。


四六時中追跡や尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気しそうな日を絞って不貞行為の証拠を入手します。浮気調査を探偵に依頼(雇う頼む)を受けた探偵社が実際に浮気調査をする際は、テレビでよくやっている探偵物のような方法で探索を行なうこともあります。

尾行や張り込みはもちろん、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、妥当だったら交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。また、社外秘として依頼(雇う頼む)主)に報告する調査業自体、違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。ご心配なく。



探偵業法を遵守していれば違法ではありません。2000年代中頃にこの法律が制定される前は、興信所や探偵といった調査業者への明白な規制がなく、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブル発生抑止のため策定され、現在に至ります。探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。全国各地を営業エリアとしているところは、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。


規模の大きなところは調査にあたるスタッフの教育やステップアップにも意欲的で、そういう点が調査成果や報告書の精度にも表れてくると思います。

不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することができるのをご存知でしょうか。


いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、手続きとしては最重要なものだと思います。

浮気だからと認知に消極的なときは、認知請求の訴えを家庭裁判所に申したてるという手段もあります。

子供なんて出来てしまったら大変ですから、不倫関係を絶っておかなかったら、いずれ大きな金銭的負担が生じる可能性があります。一般に知られている通り、同窓会での再会は、なにげに不倫に進展する危険性が高いです。
かつて好きだった人と気軽に喋れたり、学生時代のノリで当初は男女を意識せず、気持ちが通じやすくなるのです。


もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにパートナーの挙動に不審を感じたら、ひょっとすると、浮気しているかも知れませんよ。探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、行動範囲、交友や家族関係、しごと先など分かる限りのことを伝えると、調査費用が安くつくだけでなく調査精度も上がります。
わかっていることまで探偵に調べさせると、肝心の証拠を掴むまでに時間も費用もかかってしまいます。そばにいれば気付くこともありますし、冷静に観察に励み、記録に残しておくと今後の大きな助けになるでしょう。



一線を超えた途端、お互いのためにならないとは知りつつも、依存して辞められなくなってしまう。失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特質です。夫婦関係に嫌気が指したからといって、気に入った相手と人生リセットだなんて、あからさまに現実逃避が過ぎるように思えてなりません。本来は夫婦の問題であるのだから、不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。


冷静になって悔やんでも始まりません。始めて探偵社に相談する男性があとを絶ちません。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。



営業所に話をしにいった際、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは用心してかかるべきです。


断って帰宅したあとでも、再々電話を繰り返し、相談に乗ってくれる会社もある為、最初に匿名で話をさせてもらい、これなら良指そうだと判断できたら、あらためて個人情報を伝えるといいでしょう。
きっぱりと不倫関係を解消させるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、不倫の慰謝料を求めるのが驚くほど効果が期待できるそうです。



不倫の相手のほうではあまり深く考えていないことも多いです。

配偶者が不倫していたことが原因で当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、離婚調停が必要になることもしばしばあります。家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して話し合いが行われるため、当事者のみでは持つれがちなことでも、ソフトな雰囲気の中で話が進行する点で頼もしいシステムです。
緊張せずリラックスして臨みましょう。同じような浮気調査でも、その代金は業者によってかなりのちがいが出てきます。


ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、多少面倒でも複数の探偵社に見積りしてもらうのをお薦めします。


それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、探偵に可能な限り伝えることで、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。


あきらかな不倫の証拠というと、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。


浮気現場にシロウトが踏み込んだり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を手に入れるのは危険も伴いますし、探偵を雇うなどのプロのワザも候補に入れておくといいかも知れません。

パートナーの浮気で離婚のための裁判になると、浮気していたという証拠がなければいけません。

一例を挙げると、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、二人でラブホテルを使っている写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりを証拠採用することが増えました。

の不倫・浮気調査をしてもらうには、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。
だいたいの費用ですが、不倫の調査などで1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいはかかると思って間ちがいないでしょう。

請求は調査内容や調査期間で変動するものの、たいていの調査だったら、50万強で予算どりしておけばとりあえず安心です。



依頼(雇う頼む)する際、簡単に個人情報を開示するのはイヤと思う人はけして少なくありません。初回相談するときは、気がひけることでしょう。

話を聞いてもらうときに本名を名乗るのが怖いというのなら、本名などの詳細を伏せての相談(見積り)までは個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも多いですし、まず聞いてみることが大切なのです。
しかし、いざ依頼者にも開示しない調べ方があり、まあまあハードな世界のようです。
一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、無線発信機が全盛だったころもありますが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、昔の発信機と違って尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。



近頃のGPSは精度も高くなっていて、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ車両を発見することは簡単になりました。外装が目立たないGPSもある為、一度取り付けてしまえば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて調査依頼(雇う頼む)するとなると契約や詳細説明は必須ですから、必要最低限の個人情報の提供は不可避です。

不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。

つまり、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、きちんとした裏付けさえとれれば、気の済むまで締めあげてやるまでです。

面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や配偶者から「子供が欲しい」と言われたというのが実はまあまあ多いのです。


いままで連れ添ってきた仲として後ろめたさを感じるようになったり、W不倫の現実に嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。
もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、やましい気持ちもあってか、別れることに積極的になるでしょう。

探偵を雇って配偶者の不倫で探偵社に相談者の根負けを狙うのは、悪徳業者にはよくあることです。真面目に営業している探偵、総合探偵・興信所では人を不安にさせるようなことはしないはずです。



配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。ご近所と付き合えなくなったり職場を辞めたりと、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。
もしこれから探偵社に依頼(雇う頼む)するとき、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、第三者(依頼(雇う頼む)のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでもまあまあありますね。話に出てくる探偵と言うのは単純で、危険なことは無理でも、追跡や尾行くらい自分にもできるのではと思うかも知れません。

ただ、実際には相手や周囲に気取られないよう尾行し、写真などの証拠を得るのは、非常に難しいです。
先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、プロに任せるのが一番安心です。調査業務で探偵を雇うときは、とりあえず電話をかけましょう。それがファーストステップです。実際に相談員と話して、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、最寄りの営業所まで行きます。
相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明がおわり、信頼できる会社だと思ったら契約になります。



ここへ来てやっと調査員へのGOサインが出されます。探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、超リーズナブルなコストテーブルや一律価格を謳う会社が増加する傾向にあります。そうは言っても、別料金あつかいのオプションが設定されているケースがないわけではないので、契約する前に、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、あとで後悔することがないようにしましょう。


質問への答え方で会社の信頼度もどこまでわかると思いますよ。浮気を繰り返す人、辞められない人と言うのは、ウツの症状を持っている場合が多いです。
理由は、メンタル面での負担が大きいことでしょう。恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情をかかえこみやすくなり、やがて症状として出てくるのです。また、浮気されたパートナーのほうもウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。
探偵を雇って行なう素行(不倫)調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。証拠がなければ調査料金の請求もなくて、得だと思う人もいるかも知れません。

しかし、不倫そのものがないのではと思われるときや、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、お断りというパターンもあるようです。

それに、浮気の裏付けがとれたときにかなりの代金を請求されることも多いみたいですから注意が必要です。

世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気するのは男だけと思ったら大間ちがいです。パート、PTA、習い事など、女性なりに出会う機会ならさまざまあり、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、夫(旦那)や子供がいても、浮気する人はするんです。
最近は、妻の不倫というのが右肩上がりに増えていますし、配偶者として正当な慰謝料を請求することで、不倫の罪や現実を思い知らせるというわけです。武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。



ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる事もあるみたいですから、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかも知れません。支払った額に相応しいスキルを持つ調査員に調査に入ってもらうことこそ、結果につながり、ストレスも最小で済むのです。当人立ちからすればリフレッシュ(非日常的な体験をするのもいいといわれています)やおあそびでも、妻からすると人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。


そんな不埒な行ないを好き放題にやらせておく理由はないはずです。不倫行為の裏付けをとる手段は定番なところではスマホや携帯電話ですよね。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。
探偵社に不倫調査を依頼しようと思ったら、事前に評判をチェックすることを強くお勧めします。
悪い口コミが入っているようなところは、不当に高い料金を請求してきたり、適当な調査でごまかしている事もあるみたいです。



少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、悪質な請求をつきつけられる可能性もないでしょうし、肝心の不倫・浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。


あきらかな不倫の証拠というと、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。浮気現場にシロウトが踏み込んだり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を手に入れるのは危険も伴いますし、探偵を雇うなどのプロのワザも候補に入れておくといいかも知れません。パートナーの浮気で離婚のための裁判になると、浮気していたという証拠がなければいけません。


一例を挙げると、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、二人でラブホテルを使っている写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。



近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりを証拠採用することが増えました。

Google Yahoo!Japan