もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、

MENU

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、無料で相談してみるのも手です。そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、見聞きもしたことのない業者に不倫調査をして貰うのは、やはり不安でしょう。
安心のために探偵を雇うのですから、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。



不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、裁判などでは苦しいかもしれません。
パートナーの不倫行為が立証できなかったら、裁判で不倫そのものが否定されるということも、起こりうるからなんですね。

そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。


誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めて貰えなかったりするのは本意ではないはず。
だからこそ、あらかじめきちんと調査しておくべきです。これは浮気だと断定できる証拠写真(近頃では、女性でもカメラが趣味の人が増えてきました)といえば、二人一緒にラブホテルなどに出入りするシーンは決定的です。


自力で写真(近頃では、女性でもカメラが趣味の人が増えてきました)を撮れないことはないでしょうが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になるケースが非常に多いです。証拠として認められる品質のものを入手したいのだったら、探偵に依頼したほうが賢明でしょう。
フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。
相手にわからないよう行動を見守り、素行をチェックしたり、証拠を入手するしごとです。調査していることがバレることはほとんどありませんが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておかなければなりません。相手の不定型の行動に迅速に対処するのが探偵の業務です。
相手に知られては依頼(雇う頼む)者の不利になるので、必死です。

不倫していたことが問題になって離婚話がうまく進まず、離婚調停が必要になるケースは少なくありません。裁判所から任命された調停委員が加わったうえで話し合いがおこなわれるため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でもソフトな雰囲気の中で話が進行するという良さがあります。



気軽に考えていくのがいいでしょう。

たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、むこうの奥様が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくること事体、ありえないことではありません。普通、慰謝料で請求される金額は、先方が離婚するかどうかで当然ながら差があります。離婚に至っていないにもかかわらず一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、冷静になって、弁護士に入って貰うことです。婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事ができ、一般的には子供の母親から父親に対しておこなわれます。戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。

子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。なかなか認知されない場合、家裁に訴えることもできます。


子供ができないうちに不倫関係を絶っておかなかったら、長い将来にわたって多大な支出も生じかねません。知らない会社に行っていきなり相談するのは、幾ら探偵社といっても抵抗感があるという人は少なくありません。
もし最初から実名で相談するのが嫌でしたら、名前を明かさずに相談できる会社もあるので、うまく活用して、信用のおける業者であることがわかってきたら、個人情報を明かすこともできるのです。興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、最近は結構多様化してきていて、比較的大規模な探偵社の場合は支払いはクレジットカードでもOKです。

利用明細にはそれとわからないような表記を採用しているところも多いので、調査会社を使ったことが配偶者にバレる心配も要らないでしょう。

クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、それだけ信頼性も高いということです。

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、不倫・浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が不可欠です。

ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即座に判断して行動する応用力も必要です。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないとクライアントの利益を損なうことにつながるため、細やかな注意を怠らないことがプロの探偵です。

探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしにやって貰うことはできませんから、誠実な会社に頼むべきです。安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、未熟な調査能力のせいで意図しないトラブルになる危険性もあります。
アトになってガッカリすることがないように、あらかじめ情報集めをして、誠実そうなところを選ぶことです。



「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きはそれぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。



たとえば、自分以外の異性を誉めたり、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気と言う人も、いないわけではないです。



実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で「不貞」となります。

まあ、穏やかな生活を送ろうと思ったら、夫(旦那)婦間では不倫を疑われるようなことは控えるべきでしょう。
本気じゃないとかあそびだとか言い繕ったところで、その配偶者からしたら不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。


許しがたい不貞行為を黙認することはありません。相手の浮気を裏付ける方法というと身近なところでスマホや携帯電話ですよね。

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。いざ不倫調査を探偵に依頼したアト、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。
探偵はそれをしごとにしているのですから、調査対象にばれるようなことは、まずありません。

しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、相手が用心してしまうというケースもあります。


報告書を入手するまでの辛抱だと思い、何事もないような様子で過ごすことが大事です。



探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思われるかもしれません。ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、女性の気配のないような会社でも無関心でいてはいけません。

普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。
一緒にいて怪しい点があるときは、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、早くに不安感を解消できますし、精神的にも負担が少ないと思います。懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、既婚者同士の恋愛に発展する危険性が高いです。好きだった人が素敵な大人になって現れたり、学徒時代のノリで当初は男女を意識せず、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。
クラス会や同窓会後に挙動が怪しいと感じるようなら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。配偶者の浮気がわかったときは、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、その許しがたいおこないへの対策を立てましょう。

浮気はどう言い理由しようと、やったほうが悪いのです。メンタル的には割り切れないものがあるでしょうが、あなたが苦しんだ分の慰謝料請求はきっちりおこない、相手に責任をとらせましょう。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、かつては無線発信機を使用していたのですが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較するとターげっと?を見失う危険性が減りました。いまどきのGPSの精度はとても高く、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっているのです。高性能の小型GPSを設置することにより、調査の精度はさらにあがります。
探偵業者と一口に言っても、中には悪質でいい加減なところもないわけではないので、依頼するなら事前に情報を集め、誠実そうなところを選びましょう。一般的な浮気調査であろうと、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間と言うのは、幅があります。



どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、どこまでわかるまでよく説明してもらった上で依頼(雇う頼む)しましょう。浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、興信所や探偵社ごとに変わってきます。
ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、契約前にいくつかの会社に見積り依頼(雇う頼む)しておくのをお奨めします。また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査の無駄を省くことができ、コスト削減にもなりますし、しごとの精度も上がります。
どの業界でも変わらないことですが、探偵業界の競争も激化しており、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者が増えてきました。ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあって、必ずしも格安であるとは限らないため、もしそこに依頼するなら、価格や内容をよく確認し、トラブルにはまらないよう気をつけましょう。
話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。


不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、肉体関係があることを言うのです。


配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に代償として慰謝料を請求することが可能です。



先回りして探偵に依頼して配偶者(夫や妻)の不倫の証拠を握った上、賠償請求を相手に突き付けることにより現実を見せ、きっぱりと別れさせるといった使い方もあります。
かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。

顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。でも、今は違います。

ネットが普及し、きちんとしごとをしてくれる探偵業者なのかどうかはユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者に依頼するというのも馬鹿げています。
結局のところ、品質と料金が釣り合ったところを見つけるのは大事なことです。

32歳の主婦です。6つ年長の夫(旦那)と子供立ち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。
しかし先週、家族会議の結果、最終的に離婚という結論が出ました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって育てるわけです。

簡単なことではないでしょう。私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士の方におねがいし、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、安全のために公正証書を製作しました。
探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、まず電話をかけてみるのをお奨めしています。



事務所所在地や代表電話といった情報は、電車や雑誌の広告などでも見られます。専属スタッフに相談すると、どの程度の調査で幾ら位のコストになるか概算で見積りを出して貰えます。

無料で見積ってくれるところもありますし、納得いくまで検討してみることも大切です。

どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵業務、総合探偵・興信所業務を行っている会社に頼むのが普通です。質実伴に良い会社に調査をして貰うには、何社かを比較してみることが大事だと思います。


とくに、相場ぐらいは知識をつけておきましょう。不当な請求を行なう業者に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。
調査業者を選定するときに気になってくるのが、経費を含む料金の総額だと思います。調査によって代金の相場はないわけではないのですが、依頼(雇う頼む)の詳細によって変わってきます。不倫や親子関連の行動調査などでしたら、作業時間を1時間とすると相場的にはだいたい2万円ぐらいです。
相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、直接、業者に価格を問い合わせてみることが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。



普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。真正面からスパッと訊いてみましょう。



大抵の人間はウソをつくとき、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。
短い質問なら簡単に答えれば良いのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。


隠し事があればあるほど、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。
こちらが落ち着いているほど効果的です。


浮気の素行調査を探偵社に依頼(雇う頼む)する時は、最低限、相場というものは知識として身に着けておきましょう。

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者も存在するからです。



それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、諸経費やレンタル料などを請求したり、割高な支払いを要求されることもあるので、依頼する前にオプションを含む料金体系を、しっかりチェックしておかなければなりません。

不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。気になるその精算方法についてですが、比較的大手事業者であればクレカ払いや分割払いに対応しているところもあります。不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、一括で払うのは難しいというときは、分割払い可の業者を見つけるといいでしょう。
大手なら近くに営業所があるかもしれません。

Google Yahoo!Japan