興信所

MENU

興信所記事一覧

探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時にはとんでもないインチキな会社もあったりしますから、依頼しても良いかどうか評判も見て、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。ところで、不倫調査を依頼しても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。調査費用、所要期間(時間)等については、よくよく確認した上で依頼するようにしましょう。義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたの...

不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。自己中心的な考えで、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、知られた時点で最後だろうなと覚悟してやっていくのですから疲れるでしょう。不倫相手と結婚したって、再び不倫にならないとも限らず、安...

私ではなく職場の同僚の話です。ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男の方を相手どって裁判を起こしたいと思っているみたいです。しかし訴訟というものには相応の費用もかかるでしょうし、ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと助言しておきました。これから探偵を雇うつもりでいたら、一般的な調査費用の相場に関する知識が不足していると...

相手の不貞行為が判明した場合は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。ただ、落ち着いてきてからで構わないので、どのように対応するか具体的に考えましょう。浮気はどう言い訳しようと、道義上許されない行為です。精神面では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。探偵業といえど競争があるのは事実で、相場より安く請け負うところや均一価格...

不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。浮気の相手が判明してから3年、また、不倫行為があってから20年以内でも構わないそうです。ただ、時効間際といっても諦めないでください。訴訟に持ち込めば、時効はなくなります。不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。時間がなければ裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするよう...

探偵に調査を依頼するときには、平均的な価格に関する知識が不足していると、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。1時間1万円からと予想していると妥当だと思います。仮に尾行の日数を増やそうものなら、支払いにはねかえってきますから、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。実際そうでしょうね。どう言い繕ったところで自分の...

浮気があったがために離婚話がうまく進まず、離婚調停にまで発展するケースは少なくありません。家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して離婚のための意見調整を行うため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でも円滑で現実的な話し合いになる点で頼もしいシステムです。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、非常に重要な問題だと思います。最近の探...

話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに肉体的な交渉がある場合をさします。ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料の支払いを求めることができます。先回りして探偵に依頼してパートナーの不倫の証拠を握った上、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより不倫関係を一気に解消させるような利用法も少なくないです。浮気...

ふつうの金銭感覚でいうと、調査会社に頼んで結婚相手の身元調査をしてもらうときの料金は、高いように思う人が多いようです。とはいえ、価格重視で選んでも肝心の不倫の裏付けができなければ、無駄遣いもいいとこです。結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。しかし、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、素人目には判断がつきかねます。先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、奥さん...

不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても思うような結果にならないかもしれません。つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することもあるからです。「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは本意ではないはず。だからこそ、信頼で...

いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、対象地域に営業所があるかどうかウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。ある程度の選別ができたら相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。現場の人と話をして...

子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。長らく子供と家庭だけを軸に、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、最近、様子が違うと、夫も早いうちに気づいたみたいで、あちらの奥様とこっそり談合され、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求めら...

近年は技術改良が進んで、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って容易に把握できるようになりました。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、今いる場所が分かってしまうのはすごいですね。非合法な方法ではありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、これを使ってみるのも手ですね。お見合相手の身辺調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、探偵業務、興...

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても勇気が要るものです。本名を名乗ることが不安というのであれば、名前を明かさずに相談できる会社もあるので、そういったシステムを利用し、信頼できそうなところだと感じたら、本名で詳細を相談するといいでしょう。配偶者の浮気がわかったら、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、感情的な理由が根本に...

なんとなく不倫の気配を感じたら、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。その際、証拠となるものは、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。個人が不倫の尾行をしたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を得るのは相手に発覚するおそれもありますから、探偵を雇うなどのプロのワザも検討するといいでしょう。調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーというわけではなく、たとえば老舗探偵社や...

よくあるサービス業の対価に比べると、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、高いように感じることがほとんどでしょう。そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、お金をドブに捨てるようなものです。理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、高値設定のところほど、必ずしも調査能力が高いわけではないのが判断に迷うところです。探偵社の評価...

興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。ネットを活用すれば、探偵社の評価や得意分野等がわかるでしょう。地域性もある仕事ですから、地元近辺で好評価を得ている探偵を見つけて、依頼すれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、相応の支出は覚悟しておきま...

興信所が作成する調査報告書は、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。しかし、調停離婚や訴訟の場での利用を考えているなら、なんでも証拠になるというわけではないので、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、業者を選定するのをお勧めします。私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょ...

だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。それは、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。「私より他の女性を優先した」とか二人だけで出かけたら浮気と言う人も、いないわけではないです。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと精神的にはどうであれ不貞となるのですが、穏やかな生活を送ろうと思ったら、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えたほうがいいです。探偵社には調査報告書と...

いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判を見ることができます。自分が住んでいる近くで総合評価が良い事業者を選び、相談や事前見積りをしてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。世間的には離婚した際、離婚の原因とな...