興信所

MENU

興信所記事一覧

私ではなく職場の同僚の話です。ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男の方を相手どって裁判を起こしたいと思っているみたいです。しかし訴訟というものには相応の費用もかかるでしょうし、ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかと助言しておきました。これから探偵を雇うつもりでいたら、一般的な調査費用の相場に関する知識が不足していると...

相手の不貞行為が判明した場合は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。ただ、落ち着いてきてからで構わないので、どのように対応するか具体的に考えましょう。浮気はどう言い訳しようと、道義上許されない行為です。精神面では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。探偵業といえど競争があるのは事実で、相場より安く請け負うところや均一価格...

不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。浮気の相手が判明してから3年、また、不倫行為があってから20年以内でも構わないそうです。ただ、時効間際といっても諦めないでください。訴訟に持ち込めば、時効はなくなります。不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。時間がなければ裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするよう...

探偵に調査を依頼するときには、平均的な価格に関する知識が不足していると、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。1時間1万円からと予想していると妥当だと思います。仮に尾行の日数を増やそうものなら、支払いにはねかえってきますから、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。実際そうでしょうね。どう言い繕ったところで自分の...

浮気があったがために離婚話がうまく進まず、離婚調停にまで発展するケースは少なくありません。家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して離婚のための意見調整を行うため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でも円滑で現実的な話し合いになる点で頼もしいシステムです。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、非常に重要な問題だと思います。最近の探...