一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、探る相手が顔見知りですか

MENU

一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、探る相手が顔見知りですか

一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、探る相手が顔見知りですから、尾行自体がバレやすく、さらには感情に任せてトラブルになる可能性も無視できないでしょう。
その道の専門家である依頼するのはやめたほうがいい探偵なら、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に不倫の証拠を得られるというものです。
調査がバレてしまっては元も子もないのですから。


依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、テレビでよくやっている探偵物のような方法で対象を調べることだってあるのです。



尾行や張り込みはもちろん、行動範囲やパターンを分析し、時にはそれらの人たちに聞き取りをするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。

ただ、社内機密といってクライアントでさえ知ることができない調査方法もあるとも言われています。
結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。経験値の高いプロに相談することで、心の傷を癒し、前進していけるのです。
不倫という許しがたい理由で離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、積極的に将来のことを考えられなくなることも多いようです。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。
探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは浮気調査です。
なんとなく行動が怪しいから、不倫をしているか調べてくれという場合や、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、幅広い調査に応じています。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠が明白であることが大事ですし、探偵に依頼するのが良いでしょう。



不倫の行き着く先って色々ありますよね。


配偶者※有責配偶者を含む)や職場に浮気がバレた挙句、家族がばらばらになったり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならないことだってあります。
表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至るパターンもあります。金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、本当の意味での幸せなんてありません。



調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、業者ごとにスタイルはさまざまです。

ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使う際は、やはり証拠として認められるよう、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書であることが大前提となります。


のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、探偵社を選ぶようにする必要があるでしょう。
配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかを決め、事前によく話し合っておくことが重要です。
パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。その希望次第で調査員の仕事内容も変わる場合が多いからです。


なんとなく不倫の気配を感じたら、証拠を探したほうがいいでしょう。



その際、証拠となるものは、写真でしょう。誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判で確実に証拠になるようなものを得るのはトラブルの要因にもなりかねませんし、依頼するのはやめたほうがいい探偵を雇うなどのプロのワザも考える価値があるのではないでしょうか。
浮気調査を依頼するのはやめたほうがいい探偵に依頼して、証拠を掴み、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再々繰り返す場合があります。休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、メールや着信履歴などでまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。そもそも前の浮気時の対応が手ぬるかった可能性も高いので、次はないということを実感させるような厳しい措置も考えなければなりません。浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由で圧倒的多数を占めるのは、浮気の事実が露見したから、ですね。だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。最初から興信所や探偵業者などのプロに相談し、調査してもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。ただ、これは怪しいと気付くのは自分でやらなければいけません。

最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。



安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、一番感じが良かったところに依頼しました。
しばらくして報告書を受け取ったのですが、決定的な証拠を目の前にすると、のどの奥が固まるような気分でした。依頼するのはやめたほうがいい探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが経費を含む料金の総額だと思います。



一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって増減します。
素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円前後です。安ければいいというものでもないでしょうから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが一番早い方法だと思います。


やはり不倫の証拠写真というと、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面でしょう。

もちろんシロウトでも撮影はできますが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になるケースがあります。


ちゃんとした証拠として使えるような写真を撮影しなければ意味がないので、最初から興信所(当日予約可)などを手配するほうが確実だと思います。配偶者の浮気がわかったときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。

しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。だいたい不倫行為は、やったほうが悪いのです。
気持ちの上では本当の解消には至らないかもしれませんが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料を要求するのは当然のことです。

素行調査や証拠集めなどを依頼するのはやめたほうがいい探偵に依頼するときは、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのがもっとも確実です。良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、複数を比較することが大切です。
とくに、相場ぐらいは理解しておきたいですね。

不当な請求を行う業者から身を守る予防線のようなものです。



同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。


しかも、事実が判明したところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では解雇は難しいといわざるを得ません。ただ、職場の規則やパートの契約書などの、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、せいぜい上司から注意される程度で、厳しいお咎めはなしで終わることが多いようです。
依頼するのはやめたほうがいい探偵の看板を掲げるには取り立てて特殊な資格等は不要です。

ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、認可を受ける必要はありますから、業者選びの目安にはなります。これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。

どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、請求額でもめるケースがないわけではありません。あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで「別料金」「経費」が加算されたり、契約を破棄しようものなら、違約金を請求されることもあるのです。



あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのは不可欠なのではないでしょうか。料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、新しく業者を見つければいいのです。

夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。
私たち旦那(夫)婦の身近な人間なのかなと、チェックしてみましたが、きっちりロックでガードされていて、手も足も出ませんでした。泥沼は嫌なので、これは探偵の出番かとも思うのですが、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、最初の一歩を踏み出せないでいます。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、そこから浮気がバレる場合も増えているのです。
もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらと更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていることも考えられます。配偶者の態度とSNSは不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きはやはり人によって違ってきます。「私より他の女性を優先した」とか手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気扱いする人もいますからね。
実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞行為と認識されます。結婚生活に波風を立てないためには、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動はするべきではないです。

パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。
ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、気付かれるような可能性はほとんどないと思っていいでしょう。また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、依頼者の態度が普段と変わってしまい、相手が勘付くというケースもないわけではありません。調査が完了するまでは、自然な振る舞いを心掛けるようにしましょう。

不倫調査で探偵を頼む場合、簡単に個人情報を開示するのはイヤというのは珍しいことではありません。
依頼に先立っての相談段階では個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も増えていますから安心してください。ただ、仕事として依頼する際はどのような会社でも契約が必要です。
必要最低限の個人情報の提供は受容していただくことになります。興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースも少なくありません。
右も左も分からないまま依頼してしまう前に是非とも活用したいサービスです。
信頼できる会社かどうか理解を深める上で重要な情報が得られるからです。


専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を洗いなおすきっかけにもなります。


悩みを抱えていて、もし探偵業者がそれを解消してくれそうなら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。
所在地や取扱案件などの企業情報は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。
受付専任のスタッフがいて、どの程度の調査でいくら位のコストになるか概算を見積もってくれます。相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、価格と調査内容を照らしあわせて考えてみると良いでしょう。

あとから内容の変更も可能です。
もし不倫をしているなら、相手の妻が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくる可能性はあります。

普通、慰謝料で請求される金額は、向こうが離婚したかどうかで当然ながら差があります。離婚「しそうになった」からといって多額の慰謝料を請求してきたときは、冷静になって、弁護士に入ってもらうべきです。

興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。

ネットを活用すれば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを知ることができるでしょう。


居住地の近辺で総合評価が良い事業者を選び、相談や事前見積りをしてもらえれば、調査を任せても安心でしょうし、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。

興信所と探偵。実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。


離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、あきらかに配偶者が不倫したという証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。
もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。



また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際も有効です。

実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、破格値で調査してくれるところとか、浮気調査なら一律いくらなどと謳う業者も増えてきました。


そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースが多いので、調査を依頼する前に、納得できるまで説明を聞き、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけるようにしましょう。一般に知られている通り、同窓会での再会は、不倫に走るきっかけになることも大いにありえます。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同じ学校で席を並べていたという気易さからお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。

もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにパートナーの挙動に不審を感じたら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。


Google Yahoo!Japan