探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは不倫(の疑い)の素行調

MENU

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは不倫(の疑い)の素行調

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは不倫(の疑い)の素行調査です。奥様の第六感的にあやしいから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、確実な裏付けが必要ですから、専門のノウハウがある探偵を頼むのが賢い選択でしょう。

当事者としては悪気はなくても、不貞行為には違いないのですから、その対価は高くて当然です。
もっとも、パートナーの対応によって大きな差が出てくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。

不倫はバレたら最後。

一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償いの生活を送る羽目になるのです。
これから配偶者の浮気について、依頼するのはやめたほうがいい探偵に調べてもらう際は、一律いくらとか安価なところは魅力的です。



とはいえ、安すぎるところは用心したほうがいいです。価格なりの低レベルな調査に終わるパターンもあるわけですから、正式に依頼してしまう前に、その会社の信頼性も調べておくと良いでしょう。探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫の有無を調べる追跡調査です。
探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で解説します。

調査方法の基本としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、追跡します。いわゆる「尾行」です。相手が警戒していることもありますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、不倫の証拠写真を撮影したりします。
意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。

浮気の相手が判明してから3年、もしくは不倫の事実から20年間が請求期限となります。時効が迫っているときは慰謝料請求訴訟を起こせば、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。

期限まで間がないときは、裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。

どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、非常に重要な問題だと思います。



無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。

強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、相手の会社ではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで顔合わせするという手段もあります。不当な契約の強要の防止にもなるので安心です。


スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで浮気が明るみに出たという事例が増加しています。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに不倫の履歴が隠れていると考えられます。
肌身離さず、ロックまでかけている場合は、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思っていいでしょう。会社規模が大きければ大きいほど最高だとかは言えませんけれども、探偵業界では大手業者に依頼すると安定した仕事をしてくれるように思います。中小にも良い会社はあるはずですが、中にはろくすっぽ仕事もしないくせに見積りと全然違う値段を請求してきたり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。



納得がいかないようなら依頼すべきではありません。



昔はどうあれ依頼するのはやめたほうがいい探偵事務所と興信所の仕事は同じだと考えていいでしょう。

離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、浮気の証拠が不可欠です。もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。
それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際に重宝するはずです。
同じような浮気調査でも、その代金は業者によってかなりの違いが出てきます。
話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、最低でも二社以上に見積り依頼しておく方が、値段だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報をあらかじめ調査員に細かく教えておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、調査費用として払うお金も少なくて済みます。どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返すケースもままあります。ひそかに不倫しているところを見られて、一応反省はするものの、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている危険性もあります。
あやしい素振りを見せたら、興信所などを使って調査してもらい、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、決着をつけてもらいましょう。


パートナーが不倫していることに気づいたら、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。



といっても簡単なことではありません。



当事者だけで話しあえば、感情的な理由が根本にあるためか、なかなか話がつかないことが多いです。裁判で決着をつけなければならないケースもあるので、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、トラブルにならないよう交渉してもらうというのも手です。
依頼するのはやめたほうがいい探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査を依頼することはできないので、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。

オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで想定外な事態や不愉快な結果になる危険性もあります。

困ったことにならないためにも、利用者のクチコミ等をチェックして信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。
特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるんですよ。


何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法に定められている通り公安委員会に開業届や誓約書等を出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。
法規制がない便利屋と違い、専門的な仕事をこなすのが探偵社です。普通、離婚となると、浮気していた側は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。



倫理的に言うとそうかもしれません。ただ、裁判所は違う考え方をします。



裁判上の親権の判定では、日常生活を共に送れているかや子供を育てることに協力的だったかどうか等に重点を置いて判断します。
要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかを最も重要なことと考えているようです。
探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気を止めることができたとしても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。
連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。大抵の場合、前回の浮気での対処が寛大すぎたことが考えられますから、次はないということを実感させるような厳しい措置が大事だと思います。今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、初犯じゃなかったんです。



入籍する前から幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。



そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、浮気は男の甲斐性ですか。それって妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。



一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす自信もまったくないですし、いいかげん別れるしかないでしょう。地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、ネットで「依頼するのはやめたほうがいい探偵 不倫」で調べてみたのですが、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。
問い合わせは複数の会社に行い、応対が優れていて値段も高くない探偵会社に調査を依頼しました。

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、決定的な証拠を目の前にすると、頭の奥がスーッと冷えました。
これから探偵を雇うつもりでいたら、標準的な料金というものを知らないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。なにせ、2時間で2万円台あたりを考えておくと間違いありません。行動調査の時間を増やせば、支払い額に確実に影響してきますから、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。興信所(当日予約可)、依頼するのはやめたほうがいい探偵社というものの中にはとんでもないインチキな会社もあったりしますから、依頼しても良いかどうか評判も見て、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。


ところで、不倫調査を依頼しても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。調査費用、所要期間(時間)等については、わかるまでよく説明してもらった上で契約を交わすと良いでしょう。



探偵業者に欠かせない技量というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。
全国に協業体制を持つ探偵社の場合、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。
著名な探偵社は調査員はもちろん内勤の相談員などの教育にも積極的でそういう点が調査成果や報告書の精度に反映されてきます。



ほんの火遊びのつもりでも、妻にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。



そんな身勝手な行動を黙認することはありません。


不倫行為の裏付けをとる手段はすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは無理というものです。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と話を進展させるうえで役に立つでしょう。浮気相手がいることが分かったら、興信所(当日予約可)や探偵に調査を依頼しましょう。調査費用はかかりますが、浮気相手と出かけているときの写真等、あきらかな証拠が得られるでしょう。探偵を雇って配偶者の浮気調査をしてもらうには、相応の額が必要です。

探偵業務にかかる価格は、具体的には不倫の行動調査の場合、20万円(4万円で5日間)程度をみておくと良いでしょう。価格は依頼内容や調査期間によって変わりますが、何を依頼するにも数十万程度と見積もっておくと良いでしょう。浮気に走るきっかけというのは主に、配偶者※有責配偶者を含む)との生活のマンネリ化が耐えられないという自己中心的な感情です。



恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが結果的に浮気という形で出てくるのです。
そういった事態を避けるには、二人でいる時間を作り、自分たちが何が不満なのかを語り合うことも大事です。


パートナーの浮気に気づいたら、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。

あきらかな不倫の証拠というと、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。浮気現場にシロウトが踏み込んだり、裁判で確実に証拠になるようなものを手に入れるのは危険も伴いますし、その道のプロである探偵を利用することも考えておくと良さそうです。

私は大手探偵社の調査員をしていますが、不倫の証拠集めには相応の経験とカンが不可欠だと思います。想定外のことがたくさん起きますし、それを即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、依頼人を推定しやすいということからも、常に細心の注意を払うことが大事です。


信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。

知らない探偵社に個人的に相談するのは勇気が要るものです。
話を聞いてもらうときに本名を名乗るのが嫌でしたら、匿名相談でもオーケーという会社もあるので、最初に匿名で話をさせてもらい、良さそうな事業者であれば、あらためて個人情報を伝えるといいでしょう。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵の中から探しましょう。

土地勘がある調査員がいるほうが仕事を有利に進められますし、報告書の内容がより克明になります。


調査内容いかんでは得意、不得意の差が出ることですから、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で問い合わせてみるのをおすすめします。

ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。


あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。


もし、今の家庭環境に不満でも、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、安直にも程があるのではないでしょうか。

夫婦間の問題は浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。ましてや子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。
我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。
きっと後悔しますよ。

Google Yahoo!Japan