探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいる

MENU

探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいる

探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要は実際のところ、ないと思います。


不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、絶対的に有利というものです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵業者に調査を依頼する価値はあるでしょう。


きっぱりと不倫関係を解消させるには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが、よく効くようです。
浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、考えなしにやっているケースも多いですから、慰謝料を求めることにより、事態の深刻さを自覚させるというわけです。非嫡出子でも認知を求めることはできます。
いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、長期にわたって影響の出る手続きです。
不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは裁判になることもあります。そんなことになる前に浮気をやめてもらわなければ家庭のライフプランが大幅に狂う被害を被る危険性があります。

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の裁判では、分が悪いでしょう。
なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないケースも充分にありえるからです。


そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。
証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのを防ぐために、しっかり調査しておくことは大事です。


今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、まるで病気みたいです。


まさかこんなに出てくるとは。
どうも私と交際しはじめた頃も含めて、幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。今さら知りたいとも思いませんが、何度も浮気するのって、妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。あんな人と人生の伴侶としてやっていく価値すらないような気がして、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。

もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、落ち着けと言われても無理かもしれません。


ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。
だいたい不倫行為は、した人間の方に責任があるのです。
精神的にはまだまだ割り切れないものがあるでしょうが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。その中で、大幅値引きな価格を提示したり、均一価格でOKという会社もよく見かけるようになりました。



そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあって、必ずしも格安であるとは限らないため、正式に契約してしまう前に調査内容や料金の詳細を説明してもらい、トラブルにはまらないようにしましょう。質問への答え方で会社の信頼度もわかると思いますよ。興信所と探偵。

実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も変わりがありません。相手方の不倫を理由に離婚するなら、浮気の証拠がどうしても必要です。
しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、その道の専門家に頼んだほうが離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に効果を発揮します。
興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の支出は覚悟しておきましょう。



依頼するのはやめたほうがいい探偵の調査業務にかかる料金は、不倫の調査などで1日4万円位、それに日数を乗じた金額が必要です。
時間(日数)や調査の内容によって値段は増減がありますから、どんな調査でも概ね5、60万程度と考えておけばとりあえず安心です。もし不倫をしているなら、相手の妻から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくる可能性はあります。



普通、慰謝料で請求される金額は、向こうが離婚したかどうかで大きな違いがあります。その時点で離婚していないのに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、冷静になって、弁護士に入ってもらうほうが良いでしょう。
やはり不倫の証拠写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくる場面につきるでしょう。個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、いざ写真を見るとうまく撮れていないことが少なくありません。
確固たる裏付けとなるような高画質で撮影しなければ意味がないので、探偵に依頼するほうが現実的です。


うちは3年前に結婚し、妻はひとつ年下で専業主婦をしています。

つい最近、彼女の不倫がわかりました。



こっちは怒り心頭なのに、妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、謝罪の言葉もなにもありませんでした。


頭がパニックです。


浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。謝罪も反省もないなら、はっきりと手を打たせてもらいましょう。探偵御用達のツールとしては、以前は発信機でしたが、いまは高性能GPSの利用が進み、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど調査対象の追跡性能がアップしました。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。

高性能の小型GPSを設置することにより、追尾の成功率はグンと上がるのです。
探偵業者に回ってくる依頼の多くは不倫(の疑い)の素行調査です。不審な行動があるので、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、確実な裏付けが必要ですから、専門のノウハウがある探偵を頼むのが賢い選択でしょう。
ホームズやポアロは別として、探偵といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。


密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を追い、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。


露見することはまずありませんが、尾行する人間は相手の行動を冷静に予測しておかなければなりません。予想しえないことに備えて動くのが、この仕事なのです。探偵の看板を掲げるには特に資格や免許などは要りません。とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で届出書を公安委員会に提出したあと、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許可を受けることが大原則です。
野放しというわけではないのです。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。
浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、ラッキーと思うでしょうが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、普通より調査に時間がかかりそうな場合は受け付けてもらえないこともあるそうです。
また逆に成功したときに、意外な高額請求になる場合も多いみたいですから注意が必要です。

もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、心を落ち着けるようにしてください。浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、離婚だの慰謝料といった問題も出てきます。

一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、これから先どうしていくか考えていくようにしましょう。

実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、不倫の有無を調べる追跡調査です。


それをベースに探偵の調査手法を解説します。一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことから始まります。
四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、相手の浮気の証拠を抑えるのです。


よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、あながち嘘ではないでしょう。自分の欲求のためなら、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれるの怖さに嘘をついてやっていくのですから疲れるでしょう。略奪婚の末に入籍までこぎつけても、いつまた不倫に発展するかと思うとストレスは相当なものでしょう。
探偵社への依頼の仕方は、まず、電話で相談しましょう。電話口での相談で相手の応対を見て、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、事業所へ行くという運びになります。


相談と打ち合わせ、調査内容や値段体系の説明が終わり、納得したら契約書にサインして、調査が始まります。普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。真正面からスパッと訊いてみましょう。人間はウソをつくときほどカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。また、簡単な返事で済むところを、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。
隠し事があればあるほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも分かります。不倫の調査は相手と近い関係であるほど調査していることに気づかれやすい上、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も想定しておかなければいけません。

探偵社に頼めば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く素行調査や裏付けがとれるのです。
不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女性の気配のないような会社でも無関心でいてはいけません。



常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。
もし疑いをもつようなことがあれば、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、メンタル面でもプラスになると思います。夫の浮気が心配で探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。



物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、自分でもできるような気がしてしまいますが、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、初心者には到底無理です。
先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、最初から依頼するのはやめたほうがいい探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。
探偵業者にかかる費用には幅があって、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っているケースも見られます。高額請求の背景にハイクオリティな仕事があるのかと聞かれれば、確実にそうだとは言えません。

けして安くはない代金を支払った挙句、肝心の浮気の証拠が掴めないなんて無様な結果に終わらないために、費用の相場を、契約を交わす前にチェックしておいた方が良いでしょう。浮気がばれると、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。浮気の証拠を提示されてしまえば、言い逃れはできないです。その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでとかなりの違いがあります。支払いがつらければ、支払いの分割化や金額変更を交渉することもできます。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。

許しがたい不貞行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。



浮気の証拠といったら、定番なところでは携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。
用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで不倫相手と連絡をとっている可能性があります。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意したほうがよいでしょう。断って帰宅したあとでも、再三にわたり電話をかけてくるのは、悪徳業者にはよくあることです。
誠実な探偵業者は人を不安にさせるようなことはしないはずです。
浮気の事実が判明し、離婚のための裁判になると、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。


たとえば、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。

また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みを証拠採用することが増えました。

Google Yahoo!Japan