安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し昔の話でしょ

MENU

安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し昔の話でしょ

安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。


おそらくそれは少し昔の話でしょう。



お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。



でも、今は違います。



インターネットが普及し、劣悪な業者かどうかも利用者の口コミなどを見ればわかると思います。
値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高いばかりで品質が伴わないところに頼む・雇うしたってしょうがないので、費用と実績がうまく合致したところを見つける手間を惜しまないことが大切です。
不倫調査を頼む際は、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをきちんと話し合っておく事が重要です。不倫関係を解消させたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。依頼の内容次第では調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。

やはり不倫の証拠写真というと、浮気相手と共にホテルに入るシーンは決定的です。

もちろんシロウトでも撮影はできますが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になるケースがあります。確固たる裏付けとなるような高画質で撮影したいのであれば、探偵業者を利用するにこしたことはありません。


調査会社が探偵業務で使用する道具というと、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、昔の発信機と違って尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。

いまどきのGPSの精度はとても高く、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。


探偵業者に調査を頼む・雇うする場合、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用に関する知識が不足していると、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。


1時間1万円からと考えておくと良いでしょう。
たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、頼む・雇う者の費用負担は増加するため、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。
ほんの火遊びのつもりでも、された側にとっては信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。


その許す事ができない行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。浮気の裏付けをとる方法は身近なところでケータイチェックでしょう。
用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで連絡をとっていると考えるのが妥当です。
たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくるのは覚悟しておかなければなりません。
慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方旦那・夫妻が結婚を継続するか否かで大きな違いがあります。離婚に至っていないにもかかわらず非常に多くの慰謝料の請求があったら、すぐ返事をせず、弁護士に相談するべきです。
浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、浮気をやめさせることに成功しても、再々繰り返す場合があります。



休日に家族と過ごす時間が減ったり、携帯にロックをかけるようになったりして、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。

要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、累積として一層厳格な処置が不可欠です。探偵業者を選ぶなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることは欠かせません。悪い口コミが入っているようなところは、高額な追加料金が上乗せされたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。



定評のある会社を選べば、割高な請求の心配もありませんし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。


不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、だいたいの相場は知っておいて損はないでしょう。
頼む・雇う者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者もあるので、身を守るためでもあります。
それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、諸経費やレンタル料などを請求したり、割高な支払いを要求されることもあるので、コストテーブルについては事前に、確認しておかなければいけません。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。



ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要は実際のところ、ないと思います。不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。


いずれにしても、肝心の証拠を押さえておけばメリットはあるはずです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵業者に調査を頼む・雇うする価値はあるでしょう。
単純作業に思われがちな浮気の追跡・尾行というのは、調査対象が身近な人間なわけですから、露見しやすいですし、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。探偵業者でしたら、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に素行調査や裏付けがとれるはずです。しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。

一例をあげると、浮気の素行調査で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。
しかし日数ではなく、調査能力不足によって証拠をあげられないというケースもないわけではなく、総合探偵・興信所や探偵会社のクチコミを契約前に確かめておく必要があるでしょう。
また、探偵や相談員とよく話し合うことも、良い成果を得るためには重要です。
浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気をするのは男だけではないでしょう。町内会や仕事先。


子供や自分の習い事。



人嫁・妻だって出会う機会なら色々あり、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が右肩上がりに増えていますし、旦那様側が探偵に相談するケースも増えているようです。


興信所に浮気調査を依頼すると、テレビでよくやっている探偵物のような方法で探索を行うこともあります。

相手の追跡・尾行はお手のものですし、張り込みもします。行動範囲やパターンを分析し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査などもして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。

ただ、社内機密といって違法ではないけれど極秘の調査手段が存在するらしいです。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、奥さんが浮気していて、不倫相手に裁判を起こしたいと言っているのです。

気持ちは分かりますが裁判となると裁判費用が要ると聞いたことがあります。
あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと助言しておきました。最近の探偵業者は、無料で相談員と話ができるケースがあるのをご存知でしょうか。右も左も分からないまま頼む・雇うしてしまう前に時間をとってでも利用しておきたいですね。誠実そうな業者かどうか判断するのにはうってつけだと思います。先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、混沌とした気持ちや問題点を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。


最近は探偵も興信所もその差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。双方とも探偵の業務を行うという点では共通しています。つまり浮気調査でしたら、特に気にすることはないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。

ただ、ある程度、得意不得意なども業者によって異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、そうでもないです。

いくつかの大手探偵社の場合、支払いはクレジットカードでもOKです。
もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしているところも多いので、調査をしたことが夫・妻(配偶者)に分かることはありません。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。たちの悪い興信所にあたってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。

詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は注意すべきです。

相談後、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは、悪徳業者にはよくあることです。
普通の営業をしている探偵業者なら、けしてそのような行為はありません。知らない探偵社に個人的に相談するのはちょっと気がひけますよね。個人情報を伝えるのが怖いというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる業者も少なくないですし、そういったシステムを利用し、良さそうな事業者であれば、本名で詳細を相談することもできるのです。だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。
それは、その人の倫理観によっても違うでしょう。「私より他の女性を優先した」とか身体的な接触が少しでもあれば浮気だと認定する人もいるぐらいです。
法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで不貞行為と認識されます。
どちらにせよ、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えたほうがいいです。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に限って探してみると良いでしょう。
ローカルに強い探偵なら、調査に有利ですし、報告書の精度も上がるでしょう。
調査内容いかんでは向き不向きもあるようですし、オフィシャルサイトや業者に電話確認してみることも大切です。

不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦しいかもしれません。

なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めない場合もあるのです。


そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを防ぐために、信頼できる調査結果を入手しておいたほうが良いでしょう。参りました。

うちの旦那さんの浮気って、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。



それも入籍する前から何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。終わったものまで糾弾する気は既にありません。浮気癖は直らないって言いますよね。

限度があると思うんですよ。
一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす意味がありませんし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。
不倫行為が露見した場合、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。浮気の証拠を提示されてしまえば、圧倒的に不利な立場になります。
慰謝料として要求される金額は、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなど大きな違いがあるようです。
支払いが無理そうなら、分割期間の変更や減額を頼んでみるのもありでしょう。
最新技術の普及により、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それをプレゼントすれば、ほぼリアルタイムで位置情報を知ることができます。非合法な方法ではありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、GPSが役立つかもしれません。

探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。所在地や取扱案件などの企業情報は、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。
受付専任のスタッフがいて、ケースごとの見積書が作成されます。



費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。

見積りをもらってから、費用だけでなく内容もそれで良いかよく考えてみると良いでしょう。


あとから内容の変更も可能です。

探偵社の調査代金の精算方法についてですが、名のしれた大手探偵社等ではローンを利用した分割払いやクレジットカードに対応しているところもないわけではありません。

不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、お金を貯めているヒマがないなんていう場合は、分割OKの事業者を見つけるといいのではないでしょうか。別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思っている人は少なくないでしょう。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女っ気のない職場環境だろうと用心すべきです。出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。

もし疑いをもつようなことがあれば、浮気の素行調査を探偵にしてもらえば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、精神的にも負担が少ないと思います。

Google Yahoo!Japan