身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、ネットで「探偵 不倫」で調べ

MENU

身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、ネットで「探偵 不倫」で調べ

身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。
問い合わせは複数の会社に行い、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる探偵さんに調査を依頼しました。

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、あれだけの証拠を目の当たりにすると、さすがに落ち込みました。
不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。



実際そうでしょうね。


どう言い繕ったところで自分の幸福のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれたら終わりと不安な思いをして生活していくことになります。略奪婚の末に入籍までこぎつけても、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、ストレスは相当なものでしょう。
気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。
不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、性的な関係を持っていることを言います。配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料の支払いを申し立てることができます。
依頼しないほうがいい探偵を頼んで不貞行為の証拠を押さえ、不倫行為への慰謝料を要求することで現実を見せ、きっぱりと別れさせるというケースも多いです。意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。
不倫していた相手が明らかになってから3年、あるいは不倫行為そのものがあってから20年が期限となっています。

もし時効まで時間がないときには提訴すれば、期限がリセットされるのです。
時効になったら元も子もありませんから、その前に訴訟することも選択肢に入れてみましょう。社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もしバレても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのようにクビにするというのはできないようです。とはいえ、就業規則上の、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といったものに相当すれば懲戒もありえますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、それ以上の処分にはならずに済んでいるようです。これから探偵業者を使おうと思ったら、まず、電話で相談しましょう。電話を通した相談で感触が良く、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、最寄りの営業所まで行きます。


打ち合わせが済んで、信頼できる会社だと思ったら契約を締結し、そこでようやく、調査が始まります。探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能ということはないです。

比較的大規模な依頼しないほうがいい探偵社の場合は代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。
明細書に記載される表示に配慮している会社も多いので、カードの使用明細によって調査対象である配偶者に分かることはありません。

支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。

再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも不倫に走るきっかけになる危険性が高いです。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、元クラスメイトということで異性に対する警戒心が薄れ、気持ちが通じやすくなるのです。そういった再会を機にいままでと違った行動パターンをとるようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。
探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。

所在地や取扱案件などの企業情報は、広告でも見かけますし、インターネットでも見ることができます。


受付専任のスタッフがいて、どの程度の調査でいくら位のコストになるか見積書が作成されます。

そこまでなら無料のところもありますから、費用だけでなく内容もそれで良いかよく検討するといいでしょう。自分と調査相手の情報を伝えなければ、依頼しないほうがいい探偵に不倫調査をしてもらうことは正直ムリですので、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、調査能力やプロとしてのリテラシーの低さのあまり、予期しなかったトラブルや金銭問題となる危険性も考えなければいけません。そんな状態を避けるために、ネットで情報を調べて、評価の良いところから選ぶのがコツです。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。

でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、絶対的に有利というものです。
現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵業者に調査を依頼することを推奨します。
ほんの火遊びのつもりでも、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。許しがたい不貞行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。相手の浮気を裏付ける方法というと色々ありますが、やはりスマホ(携帯電話)でしょう。
ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡をとっていると考えるのが妥当です。
浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自力で不倫の証拠を押さえるのは無理というものです。


しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても何かと便利に使えるでしょう。



これは浮気しているなと気づいたら、興信所や依頼しないほうがいい探偵に調査を依頼しましょう。
調査費用はかかりますが、二人で一緒に写っている写真や動画といった、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。
ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。

結局のところ、不倫は何も生み出しません。
たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、あからさまに現実逃避が過ぎるとは思いませんか。浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。

不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供には責任はないはずです。冷静になって悔やんでも始まりません。当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。不貞行為を責められた挙句、家族がばらばらになったり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならない場合もあるわけです。
表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る場合もあります。どういうルートを辿ろうと、心の底から安心して幸せになるという到達点は、金輪際ありえないのです。結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が不倫調査を依頼してはいけない探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。

ストーリーの中の不倫調査を依頼してはいけない探偵さんの仕事を見ていると、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。



ただ、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは簡単な仕事ではありません。
相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

答えはノー。それは大きな間違いです。この二つには大きな違いが存在するんですよ。
便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、依頼しないほうがいい探偵業は個人であろうと法人であろうと、警察署経由で所管の公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。管轄官庁による管理が必要なほど専業で調査業務を行う依頼しないほうがいい不倫調査を依頼してはいけない探偵社だからこそ、安心して任せられるのではないでしょうか。たとえ不倫調査という正当な理由があっても、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を顧客に売却する探偵の行動が法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。



依頼しないほうがいい探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。


探偵業法が2007年に施行される以前は、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、業者の違法行為によるトラブルを防止するために策定されたのです。依頼しないほうがいい不倫調査を依頼してはいけない探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、気にするなというほうが無理でしょう。
最近の浮気調査を依頼してはダメな探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、見積もりなしに契約することはないので安心です。もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、いきなり向こうの会社に行くのではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで会ってもらえば話もしやすいでしょう。

不本意な契約の防止にもなるので安心です。


夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、使ったこともない依頼しないほうがいい浮気調査を依頼してはダメな探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、一律いくらとか安価なところは魅力的です。ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、用心したほうがいいです。安いけれど調査品質もそれなりだったという場合もあるので、これから依頼するのであれば、信頼に値する業者なのかもチェックしておかなければいけません。
興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大手や中小にこだわらず、地域を意識して、ネット検索すれば会社の数は限定されます。
クチコミなども参考にして選んだら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみると良いでしょう。

現場の人と話をしてみないことには、安心して任せられる業者かもわからないですからね。もしこれから不倫調査を依頼してはいけない探偵社に依頼しようと思ったら、その会社の評価や口コミ情報を調べることが大事です。



悪い口コミが入っているようなところは、請求される料金の明細が不明確だったり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、悪質な請求をつきつけられる可能性もないです。


肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。

婚姻中に不貞行為があったために別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、離婚調停にまで発展する場合もあります。

家事調停委員が加わり、離婚のための意見調整を行うため、夫婦やその関係者だけで話し合うより円滑で現実的な話し合いになるというメリットがあります。



あまり怖がる必要はないでしょう。

私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。
簡単です。

単刀直入に質問してみるといいのです。人間はウソをつくときほど快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。

また、簡単な返事で済むところを、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。
やましいと感じていると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。
また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも簡単にわかるものです。

名前が知れている以外にも依頼しないほうがいい浮気調査を依頼してはダメな探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。
ウェブを利用することで、依頼しないほうがいい探偵社の評価や得意分野等を知ることができるでしょう。


土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で満足度の高いところを選んで、依頼すれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。近年は技術改良が進んで、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って簡単に見つけられるようになりました。GPS機能つきのスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、ほとんどリアルタイムでどこにいるかが判断できます。非合法な方法ではありませんし、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSが役立つかもしれません。不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で対象を調べることだってあるのです。対象に気付かれずに尾行したり、張り込みも行いますし、対象の行動半径や関係者を洗い出し、必要があれば周囲に聞き込みなどをするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。また、社外秘ということで公表されていない調査手法なども存在するらしいです。
もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、ベストな対応をするべく、平常心を取り戻すことを優先しましょう。
浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、やはり離婚や慰謝料という問題も考えなければなりません。相手と話し合いの場を設け、以後どうするか、きちんと話を詰めておきましょう。不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。



ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、あらかじめ複数の業者に見積り依頼しておくほうが納得がいく契約ができるでしょう。

あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報を探偵に可能な限り伝えることで、調査時間の短縮になる上、費用圧縮になります。普通の仕事への対価と比べると、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、高いように思う人が多いようです。
そうは言っても、格安や一律を謳う浮気調査を依頼してはダメな探偵に依頼して、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、お金をドブに捨てるようなものです。

結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。


しかし、調査料が高額であるほど必ずしも調査能力が高いわけではないのが実に悩ましいところです。

Google Yahoo!Japan