不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。実

MENU

不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。実

不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。



実際そうでしょうね。
どう言い繕ったところで自分の幸福のために、誰かから大事な人と幸せと将来を略奪したなら、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、知られたらみんな去っていくと怯えて暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。

第一、不倫した相手と入籍するに至っても、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、ストレスは相当なものでしょう。不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、金銭面で揉めたパターンもあります。



当初の見積りのほか、「別料金」「経費」が加算されたり、契約を破棄したいというと、違約金を請求されることもあるのです。
契約書にサインする前にチェックは入念にしておくことが大事ですね。ひとつでも納得いかない点がある場合は、ほかのところを探せばよいのです。普通、離婚となると、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子供の親権がとりにくいと思われているようです。

ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。

裁判上の親権の判定では、同居の有無や子供を育てることに協力的だったかどうかなどを重くみる傾向があります。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを最も重要なことと考えているようです。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけだと言えます。


探偵業を営むという点で共通しています。不倫調査という点でいえば、特に気にすることはないでしょう。ただ、ある程度の得意分野だのはおのおのの会社で違ってくるので、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自力で不倫の証拠を押さえることは現実的ではありません。



でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料とうまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。



これは浮気しているなと気づいたら、総合探偵・興信所や探偵に調査を頼む・雇うしましょう。お金はかかるものの、体の関係があると思われるような写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。いざ浮気の素行調査を探偵に頼む・雇うするとなると、対象に内密に追跡・尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。
現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。

平成19年に探偵業法が施行されるまでは、個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といった問題を防止するべく策定されたのです。

スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで不倫が露見するといったケースが少なくありません。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインのトークやメールなどに配偶者の不倫の証拠が隠されている可能性は高いです。しかもロックをかけているのだったら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけといっても良いのではないでしょうか。夫(あるいは嫁・妻)が不倫していることに気づき、新規で探偵社へ調査を頼む・雇うしようと思うと、一律いくらとか安価なところは魅力的です。


ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、用心にこしたことはありません。安いけれど調査品質もそれなりだったという例もあるわけですし、契約する前に、誠実な会社なのかどうかも調べておくと良いでしょう。

テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。

浮気の素行調査をしてもらおうと決めたところで、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは一般的なのではないでしょうか。


興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、認可を受ける必要があります。



認可後は業者(営業所)ごとに番号が交付されるため、違法な会社や怪しいところでないかは、この番号を見れば確認できます。

ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号があるかどうかはチェックするべきです。探偵社の調査員が追跡・尾行に利用するものとして、無線発信機が全盛だったころもありますが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほどターゲットを見失う危険性が減りました。
最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。

そんなGPSを設置できれば、追尾の成功率はグンと上がるのです。浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。

そのような方の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。プロのアドバイスを受けつつ、心の傷を癒し、前進していけるのです。信頼していた相手に裏切られたことで離婚しても異性に距離を置くようになったり、人生に希望を見いだせなくなるという相談もしばしば聞かれます。


それに浮気された旦那・夫婦がもしやり直すのであれば、カウンセリングが効力を発揮すると思います。私は31歳の自営業者です。

2年前に結婚した同い年の妻はパートで病院の受付をしています。
この前、むこうの不倫がどこまで内容がわかるしました。



バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。以降、口をきいてくれません。



このままやっていく自信がありません。悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。



このままにしておくつもりはありません。自分のために、今後の対応も考えたいと思います。探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないかというと、最近は結構多様化してきていて、比較的大規模な探偵社の場合は代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている会社も多いので、カードの使用明細によって調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。
クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、良い業者の目安ということにもなります。興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、作業には支払いが必要です。同じ調査でも調査員の業務内容により、支払い額が変わってきます。

追跡して行動を窺うような調査だと、所要時間というものがあります。

期間、季節、時間帯などによっても費用は変わりますが、所要時間が多ければ、必然的に費用は多くなります。夫・妻(配偶者)の浮気や素行調査を探偵に頼むときは、行動範囲、交友や家族関係、仕事先など分かる限りのことを伝えると、調査しやすく費用も抑えられます。
探偵に丸投げするのは簡単ですが、ゼロからの積み上げで調査する分、ムダな時間を要するのです。生活を共にしていればどこまでわかることだって多々あるでしょうし、記録やリサーチにいそしむのが良いと思います。あきれた話なんですが、旦那・夫の浮気は一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。



それも入籍する前から学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。

今さら知りたいとも思いませんが、何度も浮気するのって、限度があると思うんですよ。あんな人と人生の伴侶としてやっていく自信もまったくないですし、いいかげん別れるしかないでしょう。

許しがたい不倫行為を働いた夫・妻(配偶者)への復讐は、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、きちんと裏をとっておけば、もう、思う存分、締めあげてやるまでです。
面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。

噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。


まあ、ろくな結果にはならないでしょう。



探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気をやめさせることに成功しても、再々繰り返す場合があります。


帰宅時間がルーズになったり、ふとしたLINEやメールの着信によりまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。そもそも前の浮気時の対応が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が必要でしょう。W不倫、しかも職場って多いんですよね。



ただ、知られたところで、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように仕事を辞めさせることはできません。



けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処罰といえるようなものはなしで済んでしまうことのほうが多いでしょう。



子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、つい浮気したんです。



ずっと家庭から出ず、何年も専業主婦してきていたせいか油断があったのでしょうか。

最近、様子が違うと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、旦那・夫には慰謝料と離婚を求められる羽目になってしまったのでした。

素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、テレビでよくやっている探偵物のような方法で探索を行うこともあります。追尾調査、張り込みは基本ですし、行動範囲やパターンを分析し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査などもして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。



また、社外秘ということで違法ではないけれど極秘の調査手段があるのは事実です。通常の金銭感覚からすれば、浮気の素行調査に探偵を雇うときの費用というものは、けして安いものではありません。



とはいえ、価格重視で選んでも浮気してるかどうか「わからなかったです」では、時間とお金の無駄遣いですよね。
やはり調査能力のほうを重視したいですが、高額な代金を請求するところが必ずしも調査能力が高いわけではないのが素人目には判断がつきかねます。



興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。
ウェブを利用することで、そこを利用した人のクチコミ評価などを見ることができます。


地域性もある仕事ですから、地元近辺で評価の高い業者を見つけ、話をすれば、他より質の高い仕事をしてくれて、その成果も期待できます。浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。
実際、女性も浮気しますよね。
同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが出掛けるシーンは数多く存在し、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。

最近は、妻の不倫というのも増加傾向にあり、探偵事務所に相談に訪れる男性も珍しくもなくなってきました。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、嫁・妻からすると浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。

そんな不埒な行いを放置するというのは不可能でしょう。


浮気の証拠といったら、色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。
メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。



パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。

だいたいの費用ですが、不倫の調査などで1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいをみておくと良いでしょう。

費用は頼む・雇う内容や調査期間によって変わりますが、なにを依頼するにしても50万から60万円くらいは見ておくと不足はないと思います。

探偵社による浮気の追跡調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、ラッキーと思うでしょうが、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、引受できないということもあるようです。
また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、かなりの代金を請求されることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。浮気がばれると、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、言い逃れはできないです。慰謝料として要求される金額は、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと千差万別です。
支払いがつらければ、支払いの分割化や金額変更を交渉するのもありでしょう。探偵の調査能力というのは、企業としての規模によるところも大きいでしょう。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時世に沿った体制づくりを模索しています。著名な探偵社は調査にあたるスタッフのトレーニングや精度アップに熱心であり、それは仕事の成果にも反映されているように思えます。
個人を特定できる情報を伝えなければ、総合探偵・興信所に不倫の調査をしてもらうことは正直ムリですので、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。
安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで予期しなかったトラブルや金銭問題となる危険性も考えなければいけません。あとになってガッカリすることがないように、あらかじめ情報集めをして、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

Google Yahoo!Japan