W不倫、しかも職場って多いんですよね。ただ、知られたとこ

MENU

W不倫、しかも職場って多いんですよね。ただ、知られたとこ

W不倫、しかも職場って多いんですよね。ただ、知られたところで、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり仕事を辞めさせることはできないのが現実です。



とはいえ、就業規則上の、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という線から考えれば、懲戒対象とも思われます。

まあ現実では訓戒程度で、具体的な処分はないまま済んでいるようです。ふつうの金銭感覚でいうと、探偵業者に不倫の証拠押さえを頼む・雇うする代金というのは、リーズナブルとは言えないでしょう。でも、安さ重視で業者を選んでも、肝心の不倫の裏付けができなければ、損失は金銭的なものに留まらないですよね。理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、難しいところです。

実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのが普通です。良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、複数を比較することがコツです。少なくとも標準的な料金は知っておく必要があるでしょう。

高額な請求をしてくる悪どい会社に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。探偵業者に浮気の調査を頼む・雇うするときでも、重要な個人情報を晒すのは気が引けるというのは珍しいことではありません。

頼む・雇うが確定するまでの見積り段階では、個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも多いですし、まず聞いてみることが大事です。



しかし、いざ依頼するとなると契約は必須ですし、そこで必要な個人情報の開示は不可避です。探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか繰り返すことがあります。休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、携帯にロックをかけるようになったりして、また浮気をしている事実が発覚するのです。そもそも前の浮気時の対応が寛大すぎたことが考えられますから、累積として一層厳格な処置が不可欠です。

探偵の仕事といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。
ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう行動を追い、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。調査していることがバレることはほとんどありませんが、調査員は対象の動きを想定しておかねばなりません。

相手の不定型の行動に迅速に対処するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。


不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。



裏切っていることに対してあらためて自責の念を感じ、将来が見えない浮気という繋がりに辟易するのです。
また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、以前からの罪悪感もあって、関係解消へと動いてしまうのです。もし配偶者が不倫している疑いがあり、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。


確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は気をつけた方がいいです。価格なりの低レベルな調査に終わるケースもしばしば見られるのです。
契約する前に、その会社の信頼性も調べておくと良いでしょう。



浮気調査で探偵社を使うときは、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、調査しやすく費用も抑えられます。
全部が全部、調査員にまかせてしまうと、一から浮気の証拠を得るのですから時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。生活を共にしていればわかることだって多々あるでしょうし、冷静に観察に励み、記録に残しておくと今後の大きな助けになるでしょう。


不倫された事実に気づいたときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。


ただ、落ち着いてきてからで構わないので、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。
浮気はどう言い訳しようと、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、メンタル的にはわだかまりが残るとは思いますが、これまでの精神的な苦労への慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。

その大きな要因は、恒常的なストレスがあげられます。

恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不安やストレスを心の中に抱えることが多くなり、それがウツにつながるのですね。それに、取り残された配偶者もウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。探偵業者を使って浮気調査をするなら、標準的な価格相場ぐらいは調べておいたほうが良いです。

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者も存在するからです。

それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、規定外作業や割増時給だの、割高な支払いを要求されることもあるので、頼む・雇うする前にオプションを含む料金体系を、きちんとした説明を求めるようにしましょう。

近年SNSの利用者が急増しているせいか、そこでポロリと不倫が発覚したというパターンも多くなりました。
配偶者がスマホを片時も離さずSNSをチェックしたり、こそこそ更新していたら、浮気相手と連絡をとっていると考えてもおかしくはないでしょう。
SNSに対する不審な行動があるかどうかはある意味、浮気の指標とも言えます。よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。私なりにわがままを言ったりすることはありますが、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、妻としての外見への心配りも怠らず、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、いつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と思うのです。

私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。


興信所に浮気の素行調査を依頼すると、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で対象を調べることだってあるのです。

追尾調査、張り込みは基本ですし、行動範囲やパターンを分析し、必要があれば周囲に聞き込みなどをして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。

また、社外秘ということで公表されていない調査手法などもあり、結構ハードな世界のようです。


一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、旧発信機の時代に比べると対象車両の追跡に効果を発揮しています。最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。
そんなGPSを設置できれば、追跡調査の確実性は著しく増すのです。どのへんまでを浮気というのかは、個々の道徳意識によって異なると思います。
たとえば、自分以外の異性を誉めたり、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気と感じる人もいます。
実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞ということになります。

しかし、結婚生活に波風を立てないためには、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は控えたほうがいいです。


しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。一例をあげると、配偶者の浮気の証拠が欲しいという頼む・雇うで、相手にその事実がなかった場合などです。とはいっても、探偵の調査が浅かったために結果が得られないといった例もあるでしょうし、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を事前にリサーチしておくことで回避できるでしょう。また、探偵や相談員とよく話し合うのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。



浮気の気配を感じたら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、そのような業者が行う無料相談を利用するのも手です。裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、今まで利用したこともない業者に不倫調査をしてもらうのは、どうしたって不安なものです。

リスク軽減のために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。業界で名の知れた会社が絶対にハズレがないとは言い切れませんが、探偵業者の場合は大手のほうが間違いが少ないです。

規模の小さな会社では、調査も満足に行わないうちに見積りと全然違う料金を請求してきたり、別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども良い検討材料になりますね。
興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、機材や調査手法の刷新に余念がなく、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査に従事する職員の育成に時間と費用を充分にかけていて、それは仕事の成果に大きく影響してくるのではないでしょうか。
昔はどうあれ探偵事務所と総合探偵・興信所の仕事は違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。



相手方の不倫を理由に離婚するなら、浮気の証拠が不可欠です。

もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。


仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に重宝するはずです。


いざ探偵を利用しようと思うと、どこに頼む・雇うしたら良いかわからないものです。


調査相手には行動範囲があるわけですから、対象地域に営業所があるかどうかインターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。


そこそこ絞り込みができたら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、依頼したい旨を伝えてみましょう。

現場の人と話をしてみないことには、信頼できる探偵社かどうか判断しようもないです。電話から最初の一歩を踏み出しましょう。全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談までなら無料というところもあるようです。初めて探偵の仕事を頼む・雇うするのですから、ぜひ利用しておきたいですね。

信頼できる会社かどうか理解を深めるのにはうってつけだと思います。また、相談員と話していくうちに、混沌とした気持ちや問題点を洗いなおすきっかけにもなります。調査会社に探偵を頼む・雇うする時に心配なのは、やはり経費を含む料金の総額だと思います。

コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。

浮気の調査のときは、1時間の調査だったとして、一般的には2万円前後です。
相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが一番早い方法だと思います。自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、地域性を尊重するのは良いことです。たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵をあたってみると良いでしょう。

地域のことをよく知っていれば、仕事を有利に進められますし、報告書の精度も上がるでしょう。
調査してもらう内容次第でも専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、公式サイトや電話で話をして確認しましょう。浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由でもっとも多いのは、「ばれてしまったから」です。



普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのは簡単ではありませんから、結局のところ、その道のプロである探偵に不倫の調査を頼む・雇うする方が、確実性があるというものです。



ただ、これは怪しいと気付くのはやはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、浮気相手と共にホテルに入る場面でしょう。

自力で写真を撮れないことはないでしょうが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースがあります。裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影しなければ意味がないので、最初から興信所などを手配する方が良いのではないでしょうか。探偵社に任される仕事というと、その大半は浮気の追跡調査です。

そんな仕事を例に、プロの仕事を取り上げてみました。調査方法の基本としては、まず、追跡します。いわゆる「尾行」です。
依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気しそうな日を絞って不倫の証拠写真を撮影したりします。

子供も大きくなったのでパートを始めたところ、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、不倫関係をもつようになりました。


子育てが落ち着くまではと、まったり主婦ライフを送っていたため、以前と変わったところがあったのか、旦那・夫も早いうちに気づいたみたいで、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められるという結果になり、後悔しています。

Google Yahoo!Japan