興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、ある程度まとまった資金を要します。

MENU

興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、ある程度まとまった資金を要します。

興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、ある程度まとまった資金を要します。
平均的な調査料金ですが、浮気調査を例にとると、1日4万円位、それに日数を乗じた金額をみておくと良いでしょう。

時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、たいていの調査であれば、50万強で予算どりしていれば足りるでしょう。


僕の会社の後輩なんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言っているのです。


しかし訴訟というものにはお金がかかるものですよね。不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を払わせ、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言ったのです。


まずは冷静になることですよね。不倫相手の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは浮気の場合、当然ありえることです。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、あちらが離婚しないか、したかによって差があります。

離婚に至っていないにもかかわらず一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしましょう。


過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。


多少仕事がアバウトだって、新規の依頼人には分かりませんから、無理もないです。


とはいえ現在は、ウェブを見れば調査内容の信頼度や請求などについても利用者の口コミなどを見ればわかると思います。安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者に依頼するというのも馬鹿げています。結局のところ、費用と実績がうまく合致したところを調べて依頼するのが一番です。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、かつては無線発信機を使用していたのですが、いまは高性能GPSの利用が進み、昔の発信機と違って対象車両の追跡に効果を発揮しています。


いまどきのGPSの精度はとても高く、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

これさえガッチリとつけることができれば、追跡調査の確実性は著しく増すのです。
依頼しないほうがいい探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で対象を調べることだってあるのです。



追尾調査、張り込みは基本ですし、交友関係を絞っていき、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査を行って精度をあげるようにします。


また、社外秘ということでクライアントでさえ知ることができない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。公務員の夫は29歳。



私も29歳。



7歳の男の子と5歳の娘がいます。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。


しかし先週、両方の家族同士で話し合った末、離婚することになりました。親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていかなければなりません。



感情的にはもやもやが残りますが、間に弁護士を挟んで、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。浮気調査というものは、調査する相手と親しいほど尾行発覚のリスクが高いだけでなく、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も想定しておかなければいけません。同じことでも探偵に依頼すれば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分や知人などが調査するより確実に浮気の裏付けがとれるのです。
ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。しかし、それは大きな間違いです。


この二つには大きな違いがありますから、ご注意ください。
何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業届や誓約書等を出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。認可官庁によってしっかり管理され、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが浮気調査を依頼してはダメな探偵業です。
依頼しないほうがいい探偵の看板を掲げるには特殊な免許資格は不要です。

ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、不倫調査を依頼してはいけない探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、浮気調査を依頼してはダメな探偵業届出証明書を交付してもらって、許認可を出してもらうことが大原則です。野放しというわけではないのです。浮気の気配を感じたら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、業者が行う無料相談を試してみると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、今まで利用したこともない業者に調査を頼むなんていうのは、どうしたって不安なものです。

安心のために探偵を雇うのですから、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえば単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。

両方とも探偵業務と報告を行うことは変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。

ですから、不倫の調査をしてもらう分には、どちらに頼んでも問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。
ただ、ある程度の得意分野だのは事業者ごとに特徴があるため、契約前に把握しておきたいものです。ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。もっとも依頼の多い追跡調査ですら、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。日時をどのように区切って依頼するかによって料金は変わりますので、所要時間が多ければ、それだけ多くの費用を必要とします。


悩みを抱えていて、もし探偵業者がそれを解消してくれそうなら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。
事務所所在地や代表電話といった情報は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。



受付専任のスタッフがいて、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか見積りが出てきます。

無料で見積ってくれるところもありますし、慎重に考えてみましょう。一人で考えるより、良い解決策が見つかると思いますよ。

夫の浮気が心配で探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。ときには「素人探偵」が活躍したりもして、真似くらいはできそうな気がしますが、実際には相手や周囲に気取られないよう追跡したり写真を撮影することは、簡単な仕事ではありません。



調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、調査は専門家に依頼するべきだと思います。不倫調査を依頼してはいけない探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。
また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。

調査が完了するまでは、いつもと同じように生活するようにしましょう。浮気がばれると、慰謝料が必要になることがあります。婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、圧倒的に不利な立場になります。


慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、かなりの違いがあります。
支払いがつらければ、現実的な支払額になるよう相談するのもありでしょう。

パートナーに浮気され裏切られた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。経験値の高いプロに相談することで、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。信頼していた相手に裏切られたことでパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるといったケースもあります。

もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。
不倫する人というのは明るそうに見えても、ウツの症状を持っている場合が多いです。

理由は、やはり精神的なストレスでしょう。どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、不安やストレスを抱きやすくなるのは当然で、その結果、それがウツにつながるのですね。

また、浮気されたパートナーのほうもメンタル面の病気になりやすいです。

ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したからというのが少なくありません。

本来大事にすべき相手を騙していることに後ろめたさを感じるようになったり、浮気相手との不毛な駆け引きに嫌気がさしてきたりするようです。



それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、やましい気持ちもあってか、別れを切り出すきっかけになるのです。興信所を使うときの代金はまちまちで、時には極端に高い料金を請求してきたりするケースも見られます。高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、一概に釣り合っているとは言えません。高いお金を払って、肝心の浮気の証拠が掴めないという結果に終わらないよう、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいは調べておくべきです。浮気調査を依頼してはダメな探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが調査しやすく費用も抑えられます。不倫調査を依頼してはいけない探偵に丸投げするのは簡単ですが、不倫の裏付けをとるために時間だけでなく費用もかかり、効率が悪いのです。


生活を共にしていればわかることだってあるはずですし、冷静に観察に励み、記録に残しておくと良いでしょう。許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。

それには証拠固めが不可欠ですが、逆にいうとそれさえあれば、もう、思う存分、相手を追い込んでやることができますからね。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や親族などに密告する人もいるようです。

ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。



しかし、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、相応の能力や習熟が必要でしょう。社員教育の徹底した会社を選ばないと、実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもないわけではなく、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。


費用対効果があるプロフェッショナルに調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことがお金も時間も無駄にしないコツです。興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大手や中小にこだわらず、地域を意識して、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。



いくつか選んだところで直接電話で相談しましょう。

とにかく話を聞いてみなければ、安心して任せられる業者かもわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。


意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。
不倫相手を特定してから3年間、もしくは不倫の事実から20年が期限となっています。時効が迫っているときは裁判に訴えることで、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。
時効になったら元も子もありませんから、その前に訴訟に踏み切るのも考えに入れましょう。

不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は依頼しないほうがいい探偵会社によって幅があります。



ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、ちょっと手間でも何社かに見積り依頼しておくことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。

それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、依頼しないほうがいい探偵に可能な限り伝えることで、効率良く調査できるので、調査費用として払うお金も少なくて済みます。



浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、最低限、相場というものは調べておいたほうが良いです。
依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者も存在するからです。

それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、諸経費やレンタル料などを請求したり、オプションで膨らんだ請求が来ることもあるので、コストテーブルについては事前に、しっかり確認させてもらうようにしましょう。依頼しないほうがいい不倫調査を依頼してはいけない探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは不倫の証拠集めで期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。
ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、成果が得られないことも考えられるので、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめチェックしておくことで回避できるでしょう。
また、探偵や相談員とよく話し合うことも、良い成果を得るためには重要です。
現実的な話、浮気調査を依頼してはダメな探偵に任される調査の大概はパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。
挙動不審なところがあるので、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、明確な証拠を得る必要があるので、専門のノウハウがある探偵を頼むのが良いでしょう。

Google Yahoo!Japan