不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費

MENU

不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費

不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。
ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、契約前にいくつかの会社で見積書を提示してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、あらかじめ調査員に細かく教えておくと、調査の無駄を省くことができ、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。

浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうというケースもままあります。

浮気が発覚して、しばらく自粛状態が続くのですが、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っているおそれは充分あります。
あやしい素振りを見せたら、調査を探偵社に依頼して、きっちり不倫の裏付けをとり、決着をつけるべきです。

探偵業者を使って浮気の素行調査をしてもらう場合、多少細かいようでも、交遊関係や時間的な行動についてなどを話しておくほうが、費用を抑制できます。

なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、浮気の確証を得るまでに余計に時間だけでなく費用もかかり、効率が悪いのです。
側にいるからこそ気付くことは大いにあるはずですし、冷静に観察に励み、記録に残しておくのはいかがでしょうか。


浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再々繰り返す場合があります。帰宅時間がルーズになったり、メールや着信履歴などで浮気が再燃したことがどこまでわかるわけです。


その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が不可欠です。


浮気調査などで探偵社に頼む・雇うする前に平均的な価格というものを調べておかないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。おおむね2時間の調査で2万円超は見積もっておく必要がありますから、安いものではありません。時間数が増えてもディスカウントは期待できず、支払い額に確実に影響してきますから、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。


探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、気にするなというほうが無理でしょう。

無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、いきなり向こうの会社に行くのではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで会ってもらえば話もしやすいでしょう。不当な契約の強要を避けることができます。



4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。旦那・夫は7つ年上で社宅住まいです。先月半ばに彼の職場不倫がわかり、両方の家族同士で話し合った末、最終的に離婚という結論が出ました。
まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで養っていくのです。感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求は可能です(民法779条)。
戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。

子供なんて出来てしまったら大変ですから、浮気をやめてもらわなければ家庭のライフプランが大幅に狂う被害も覚悟しなければなりません。


不倫がわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。



たとえば、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。

スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSを証拠採用することが増えました。


不倫調査で探偵を頼む場合、個人情報を教えるのは気が進まないと思う人はけして少なくありません。

頼む・雇うに先立っての相談段階では個人情報はなくても大丈夫な会社も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。でも、仕事として発注する場合は契約や詳細説明は必須ですから、必要な個人情報の記入は了承していただくほかありません。


武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、浮気の素行調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、一定レベル以上のスキルが要求されます。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところではマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあると聞きますので、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロが担当すること。それが、お金も時間も無駄にしないコツです。

探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。事務所に相談に行った際、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は注意すべきです。
帰宅したあとに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは、悪徳業者にはよくあることです。

まともな探偵社や興信所であれば、そんなことはしないはずです。



調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、特にフォームに決まりはありません。


ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使われるなら、やはり証拠として認められるよう、信頼できて高品質な調査報告書でないと困りますよね。
自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、目的に合った事業者を選定しなければなりません。
興信所の仕事と聞いて、誰かの後をつける追跡・尾行を連想する人は多いです。


相手にわからないよう行動を見守り、依頼された証拠を得るまで調査するのです。察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、追跡する側はターゲットの行動を見越しておく必要があります。
どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。どの業界でもそうですが、探偵でも詐欺かと思うようなでたらめな業者もあったりしますから、頼む・雇うしても良いかどうか評判も見て、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。
ところで、不倫調査を依頼しても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。
調査に要する時間と代金は、どこまでわかるまでよく説明してもらった上で契約を交わすと良いでしょう。

私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した同い年の妻がいますが、子供はまだいません。この前、むこうの不倫が判明しました。



バレたとき、嫁・妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。

以降、口をきいてくれません。



修復の見込みがあるのでしょうか。
悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。


謝罪がなければ、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。
よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。不貞行為を責められた挙句、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至ることだってあります。

どういうルートを辿ろうと、本当の意味での幸せなんて求めてもムダというものでしょう。探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは同じだと考えていいでしょう。相手方の不倫を理由に離婚するなら、浮気の証拠がないと、まともに取り合ってもらえないようです。
裏付け取りに素人が手を出して、相手に警戒されてはまずいですし、その道の専門家に頼んだほうがストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。それに、慰謝料請求時にも重宝するはずです。



昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いは単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。
双方とも探偵の業務を行うという点では変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
つまり浮気の素行調査でしたら、同じと考えて問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。ただ、ある程度、得意不得意なども業者によって異なるため、契約前に把握しておきたいものです。

会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。
それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてすごくトクな感じがします。でも、不倫そのものがないのではと思われるときや、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、受け付けてもらえないこともあるそうです。それに、浮気の裏付けがとれたときに高額な請求が来ることがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。浮気の相手がどこまで内容がわかるしてから3年、でなければ不倫行為から20年間が請求期限となります。

それに、時効期限が近づいているときでも、裁判を起こすことで、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。時効が迫っているなら、自ら裁判を起こす手を使うほうがいいでしょう。

配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。でも、そう難しく感じるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。



不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、肝心の証拠を押さえておけば有利なのは確かです。
現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵業者に調査を依頼するのがいいでしょう。
最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみたんですけど、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。

3社ほど問合せして、こちらの気持ちをよく理解してくれた探偵さんに調査してもらいました。


しばらくして報告書を受け取ったのですが、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはさすがに落ち込みました。

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても気がひけることでしょう。個人情報を伝えるのが不安なら、匿名相談でもオーケーという探偵業者も最近は増えましたから、うまく活用して、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。


もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、探偵業者にすぐ調査を頼む・雇うせず、料金の発生しない無料相談を活用すると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、信頼できるかどうかもわからない会社に個人情報を伝えて調査してもらうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。

リスク軽減のために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。

もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、相応の支出は覚悟しておきましょう。

探偵の調査業務にかかる料金は、一般的な浮気調査でだいたい20万円(4万円で5日間)程度が必要です。



時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、どのような調査を依頼する際でも50万強で予算どりしておくと良いでしょう。

不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが少なくありません。


裏切っていることに対してあらためて自責の念を感じ、先のない不倫という関係に愛想がつきるということもあるようです。



それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、以前からの罪悪感もあって、関係解消へと動いてしまうのです。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、妻にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。その許す事ができない行為を好き放題にやらせておく理由はないはずです。不倫行為の裏付けをとる手段はすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。



メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って不倫相手と連絡をとっている可能性があります。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、作業には支払いが必要です。

もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに料金は異なります。
もっとも依頼の多い追跡調査ですら、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。

それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金は変わりますので、所要時間が多ければ、必然的に費用は多くなります。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。

けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、出会いがない現場だろうと安心してはいられません。常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。一緒にいて怪しい点があるときは、探偵事務所に浮気調査を頼む・雇うすれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、メンタル面でもプラスになると思います。

Google Yahoo!Japan