探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫の有無を調べる追跡調査で

MENU

探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫の有無を調べる追跡調査で

探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫の有無を調べる追跡調査です。


どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に解説します。


調査方法の基本としては、依頼人から提供された対象情報を参考に対象の追跡を行います。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、ここぞという日時に限定して追跡し、不倫の証拠写真を撮影したりします。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、素人が浮気の証拠をつかむことは、至難の業です。
ただ、証拠というのは重要です。

もしあれば、離婚してもしなくても、何かと便利に使えるでしょう。

浮気相手がいることが分かったら、総合探偵・興信所や探偵に調査を頼む・雇うしましょう。



調査費用はかかりますが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。



勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎりクビにするというのはできません。

とはいえ、就業規則上の、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、せいぜい上司から注意される程度で、処罰といえるようなものはなしで曖昧に済まされることが多いです。これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンなどは、はずせないです。



撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、証拠としては使えないレベルであるケースが非常に多いです。裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しなければ意味がないので、その道のプロである探偵に依頼したほうが賢明でしょう。
探偵業者では無料で相談に応じてくれる場合が結構あります。初めて探偵の仕事を頼む・雇うするのですから、積極的に受けておいて損はないでしょう。信頼できる会社かどうか理解を深めるのにはうってつけだと思います。専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、頭の中でもやもやしていた問題を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。この頃はついうっかりスマホを放置して、配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えています。パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのラインなどのSNSやメールに夫・妻(配偶者)の浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えるのが妥当でしょう。
肌身離さず、ロックまでかけている場合は、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと考えて間違いないでしょう。

一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、妻にとっては人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。信頼を裏切る浮気をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。相手の浮気を裏付ける方法というと定番なところではスマホ(携帯電話)でしょう。
メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。
不倫する人というのは明るそうに見えても、鬱状態に陥りやすいようです。理由は、常時精神的な負担があるということです。
交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、精神的な疲労や不信感、無力感などをかかえこみやすくなり、やがてそれがウツにつながるのですね。

また、浮気されたパートナーのほうもメンタル面の病気になりやすいです。



以前は安値を掲げる総合探偵・興信所はヤバイと思われがちでした。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。でも、今は違います。


インターネットが普及し、調査内容の信頼度や請求などについても評判を集めるのは可能です。安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、質と価格のバランスが良い業者を見つけ出すしかないのです。
探偵に浮気調査を依頼する場合、どんな目的でどのような調査をしてほしいかはっきり伝えることは欠かせません。



別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。
依頼している(期待している)内容によって、調査員の仕事内容も変わるわけですから、大事なことです。


未成年の子がいて離婚する場合、浮気していた側は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。裁判上の親権の判定では、生活を共にしているかどうかや育児への参加度合いといった点がチェックされます。つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかがカギなのです。

不倫された事実に気づいたときは、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、どのように対応するか具体的に考えましょう。

浮気はどう言い訳しようと、やったほうが悪いのです。
精神的にはまだまだ本当の解消には至らないかもしれませんが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、請求しましょう。
調査業務で探偵を雇うときは、さしあたっては電話をかけてみましょう。電話を通した相談で感触が良く、さらに話を詰めたいと思ったら、事務所まで出向くことになります。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、任せても良いと判断したところで契約になります。

ここへ来てやっと探偵による調査が開始されます。旦那・夫(あるいは嫁・妻)が不倫していることに気づき、総合探偵・興信所で調べてもらおうと考えているなら、価格の安いところに目がいきがちです。しかし安さの根拠も定かでない会社は用心にこしたことはありません。経費を省くため、調査内容がいまいちという例もあるわけですし、正式に依頼してしまう前に、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかは、あらかじめ確認しておくべきです。


探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。調査会社への代金の決済(支払い)方法は、全国展開しているような大手だと分割払い(クレカかローン)に対応しているところもあります。


早く浮気の証拠が欲しいけれども費用面が心配というときは、分割払い可の業者を探して依頼するといいでしょう。大手なら近くに営業所があるかもしれません。自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ちょっと前に妻の浮気がどこまで内容がわかるしたので、相手を訴えてやると思っているみたいです。
わからなくもないですが、それには相応の費用もかかるでしょうし、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言ったのです。

まずは冷静になることですよね。



一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくる例もあり、注意が必要です。高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、実のところ非常に微妙です。
高いお金を払って、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったなどということにならないために、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいはチェックしておきましょう。浮気している人の嘘ってけっこうどこまでわかるんですよ。それにはいつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。



人間はウソをつくときほど必要以上に堂々とするものですし、見ればどこまでわかるというものです。それに、ちょっと聞いただけで聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。やましいと思っているほど、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。

視線もキョドりますし、目線を追うと簡単にわかるものです。ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。
あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。
たとえ旦那・夫婦関係が円満でなかろうと、新しい人と再スタートなんていうのは、お気楽すぎると誰もが思うでしょうね。浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。

不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。きっと後悔しますよ。

一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。
100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。


自分の欲求のためなら、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、ばれたら終わりと不安な思いをして暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。


不倫相手と結婚したって、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、ストレスは相当なものでしょう。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。



最も身近な人物に欺かれていたために、離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、将来に対して消極的に考えてしまうといったケースもあります。

もし離婚せず、旦那・夫婦関係の修復をはかる際も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。



探偵の看板を掲げるには資格や免許はこれといって求められません。


とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出と誓約書を提出し、探偵業届出証明書を交付してもらって、許可を受けることが不可欠です。

野放しというわけではないのです。
探偵業者を選ぶなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることが不可欠だと思います。無視できないような悪い評判のある会社では、不当に高い料金を請求してきたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もありませんし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。初めて探偵社に相談するときは、勇気が要るものです。もし最初から実名で相談するのが不安なら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれるところも多いですから、うまく活用して、良さそうな事業者であれば、そこで自分や対象の個人情報などを明かすこともできるのです。不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、訴訟では思うような結果にならないかもしれません。夫・妻(配偶者)の不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定されるケースも充分にありえるからです。そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。

思いこみで裁判に負けることを防ぐために、裏付け調査を探偵に頼む・雇うしておくことは大事です。

不倫行為が露見した場合、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。向こうが証拠を押さえていたら、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、千差万別です。その額で難しいときは、減額が可能かどうか相談してみることはできます。結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。浮気の素行調査といえども見ず知らずの探偵に簡単に個人情報を開示するのはイヤという人も少なくないでしょう。

頼む・雇うが確定するまでの見積り段階では、おおまかな情報のみでOKという探偵社が最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。
しかし、いざ依頼するとなると契約は必須ですし、必要最低限の個人情報の提供は避けることができません。探偵社で浮気の素行調査をしてもらった際、あとから追加料金が生じることもあります。契約書を見てみると、まともな会社であれば、別途料金を請求することについて記載されています。このことからも、契約書をよく確認しておくべきでしょう。説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことがおろそかにしてはなりません。調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーというわけではなく、たとえば規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。明細書の記載に配慮したところも多く、履歴から総合探偵・興信所や探偵を利用したことがバレる心配も要らないでしょう。カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。

既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが実に多いのです。自分とのことを考えてくれている人に対し、良心の呵責を覚えるようになったり、先のない不倫という関係に嫌気がさしてきたりするようです。それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、以前からの罪悪感もあって、関係解消へと動いてしまうのです。

Google Yahoo!Japan