普通の仕事への対価と比べると、探偵を使って浮気の素行調査をす

MENU

普通の仕事への対価と比べると、探偵を使って浮気の素行調査をす

普通の仕事への対価と比べると、探偵を使って浮気の素行調査をする際の費用はけして安いものではありません。そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に頼む・雇うして、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、損失は金銭的なものに留まらないですよね。


やはり調査能力のほうを重視したいですが、調査料が高額であるほど絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは一概に決めかねるところがあります。先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、まるで病気みたいです。まさかこんなに出てくるとは。



私と結婚する前から、浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。

根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、何度も浮気するのって、限度があると思うんですよ。
許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる自信もまったくないですし、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、SNSから浮気が露見してしまうケースが増えています。
常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新するようになったら、不倫相手と連絡を取り合っていると考えてもおかしくはないでしょう。SNSに対する不審な行動があるかどうかは不倫をしているかどうかの判断材料になるかもしれません。不倫調査を興信所に依頼する際は、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、調査しやすく費用も抑えられます。探偵に丸投げするのは簡単ですが、浮気の確証を得るまでに余計に手間ひまかけてやらなくてはなりません。生活を共にしていればわかることだって少なくないでしょうし、冷静に観察に励み、記録に残しておくのが良いと思います。
探偵の看板を掲げるには取り立てて特殊な資格等は要りません。


そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、認可された会社(個人も可)になることが開業の大前提となります。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。



結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。

経験値の高いプロに相談することで、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。
浮気によって離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いようです。それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。

有名どころや老舗が一番良いとは断言できないものの、規模の大きな興信所を選んだほうがリスクを避けることができるのでオススメです。

中小にも良い会社はあるはずですが、中には調査も満足に行わないうちに代金の支払いを求めてくる会社や調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。
また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、頼む・雇うする上では参考になるでしょう。アラサーの会社員です。妻はひとつ年下で専業主婦をしています。


私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、まさかの不倫発覚。バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。

以降、口をきいてくれません。


このままやっていく自信がありません。

妻から傷つけられるとは思いませんでした。謝罪がなければ、こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。
不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、金銭面で揉めたパターンもあります。当初の見積りのほか、追跡・尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、契約を破棄したいというと、頼む・雇う者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。
やはり、契約前にきちんとチェックするのが必要だと思います。料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、新しく業者を見つければいいのです。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。不倫行為の証拠があれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。


慰謝料として要求される金額は、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、千差万別です。


その額で難しいときは、現実的な支払額になるよう相談することはできます。

結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。
私は大手探偵社の調査員をしていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。

もちろん、その証拠を集めるにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も要すると思います。



地道といいつつも予想外の出来事は多く、速やかに対処する判断力も大事です。
浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと頼む・雇う者に不利益をもたらしかねませんので、常に細心の注意を払うことが探偵としての常識なのです。
不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、平均的な料金は調べておいたほうが良いです。
割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところに引っかからないためにも必要なことです。

そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、諸経費やレンタル料などを請求したり、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、依頼する前にオプションを含む料金体系を、きちんとした説明を求めるようにしましょう。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけです。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは共通しています。
浮気の追跡調査などを頼む・雇うする際は、特に気にすることはありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。

とはいえ、得意とする分野については業者によって異なるため、頼む・雇うする前に確認しておいた方が良いでしょう。総合探偵・興信所に持ち込まれる案件の多くは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。それをベースに探偵の調査手法をおさらいしてみましょう。



調査方法の基本としては、依頼者から得た情報を元に対象の追跡を行います。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気しそうな日を絞って不倫の証拠写真を撮影したりします。

不倫というのは一生続けられるものではありません。


配偶者や職場に浮気がバレた挙句、離婚されたり、高額な慰謝料を要求されることだってあります。
表面上なにもなかったように過ごす旦那・夫婦もいれば、不倫から結婚に至るパターンもあります。
金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてありません。パートナーの浮気に気づいたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。

最も確実な浮気の証拠は、「誰が見てもどこまでわかる」写真などでしょう。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、離婚裁判で採用されるような証拠を得るのは困難でしょうから、探偵業者に依頼することも候補に入れておくといいかもしれません。これから探偵業者を使おうと思ったら、まず、電話で相談してみることからスタートです。電話を通した相談で感触が良く、その上で詳細な話をするとなれば、事業所へ行くという運びになります。そこで契約に必要な説明を聞いて、依頼するという段取りになったら契約書を交わし、そこから調査が始まります。


これから配偶者の浮気について、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。


確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は気をつけた方がいいです。価格なりの低レベルな調査に終わるパターンもあるわけですから、契約する前に、信頼に値する業者なのかもチェックしておかなければいけません。

不倫していたことが問題になって家族会議でも離婚話が進展せず、ついに家庭裁判所のお世話になる場合もあります。

とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて第三者がいる場所で公平に意見を出し合う機会が設けられるため、旦那・夫婦やその関係者だけで話し合うよりソフトな雰囲気の中で話が進行するというメリットがあります。

緊張せずリラックスして臨みましょう。
興信所や探偵に調査を依頼するなら、あらかじめクチコミ等を調べておくことは欠かせません。悪質なところだと、高額な追加料金が上乗せされたり、手抜き調査や報告書作成ミスなども見られます。
定評のある会社を選べば、割高な請求の心配もありません。もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。

不倫の証拠をおさえるための素行調査は、相手と近い関係であるほど追跡が発覚しやすいばかりか、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も想定しておかなければいけません。

探偵社に頼めば、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に目的を完遂することができるでしょう。


裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。

安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。
おそらくそれは少し昔の話でしょう。素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。

とはいえ現在は、ウェブを見れば業者の誠実さなどはユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。



お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、高いばかりで品質が伴わないところに頼む・雇うしたってしょうがないので、質と価格のバランスが良い業者を見つけ出すしかないのです。

探偵業者に頼む・雇うすべきかどうか迷ったら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。
会社概要等は、広告でも見かけますし、インターネットでも見ることができます。相談してみると、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ概算を見積もってくれます。

そこまでなら無料のところもありますから、納得いくまで検討するといいでしょう。



職場内で不倫が発覚しても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で解雇はできないようです。


ただ、職場の規則やパートの契約書などの、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といったものに相当すれば懲戒もありえますが、現実的には口頭注意ぐらいで、処罰といえるようなものはなしで曖昧に済まされることが多いです。



探偵に調査を依頼するときには、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用というものを調べておかないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。2時間で2万円台あたりを計算しておくと良いでしょう。期間(時間数)が増えたりすれば費用はかさむので、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。

探偵を雇って浮気の素行調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、気にするなというほうが無理でしょう。業者にもよりますが、近頃は相談や見積りを無料で行うところも増えていて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈旦那・夫です。見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、むこうの事務所の代わりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで懇談するのも良いと思います。


意図しない契約を結ばされるといったトラブルから身を守るための手段です。一線を超えた途端、お互いのためにならないとは知りつつも、依存してやめられなくなってしまう。

失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。もし、今の家庭環境に不満でも、あらたな恋人と幸せになろうというのは、安直にも程があるように思えてなりません。

妻か旦那・夫のどちらかに原因があるとしても、不倫より先に解決策もあったでしょうし、責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。冷静になって悔やんでも始まりません。



32歳の主婦です。6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。先月半ばに彼の職場不倫がわかり、家族会議の結果、最終的に離婚という結論が出ました。



まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで育てていくわけです。

感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、旦那・夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、公正証書という形で残しました。


パートナーが不倫していることに気づいたら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。ただ、当人たちだけで話し合うと、権利争いや感情面での言い合いになって、話がややこしくなりがちです。時には裁判を起こさなければいけない場合もあるため、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無理のない問題解決を図るのも「あり」ではないでしょうか。
離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。

ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要は実際のところ、ないと思います。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、浮気の証拠があれば何にしてもメリットはあるはずです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵に相談することを推奨します。

Google Yahoo!Japan