パートナーが不倫していることに気づいたら、当事者双方に慰謝料の請求を行うこと

MENU

パートナーが不倫していることに気づいたら、当事者双方に慰謝料の請求を行うこと

パートナーが不倫していることに気づいたら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。
もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、しばしば泥沼化してしまいます。ことによると裁判に発展するケースもあるので、そうなれば弁護士に相談し、なるべく円満な解決を目指す方が良いかもしれません。先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。

時効といって、誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、でなければ不倫行為から20年以内でも構わないそうです。もし時効まで時間がないときには訴訟に持ち込めば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。時効が迫っているなら、裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。
夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、相手を否定しないこととかですね。

要望やお願いはいっぱいありますが、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。


それに、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。一家の主である彼を第一に考え、外見にも気を遣い、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、家庭内も円満で浮気される心配もないと考えているのですが、甘いですか?スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、そこから浮気がバレるというパターンも多くなりました。

配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新するようになったら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えてもおかしくはないでしょう。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫をしているかどうかの判断材料とも言えます。


興信所と探偵。何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いはこれといってないと思って良いでしょう。



どちらも探偵や調査を取り扱っているところは違いがありません。


もし頼む・雇うするのが浮気調査などであれば、同じと考えて問題はないでしょう。ただ、ある程度の得意分野だのは事業者ごとに特徴があるため、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。

人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、裁判でその男を訴えたいのだそうです。
結構マジメな話です。


ただ、裁判となれば訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、相手には慰謝料を要求し、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではとアドバイスしたんです。



なんだか妙に納得されました。
探偵業といえど競争があるのは事実で、大幅値引きな価格を提示したり、浮気調査なら一律いくらなどと謳う業者も増加する傾向にあります。

ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合も多いので、もしそこに頼む・雇うするなら、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、トラブルにはまらないようにしましょう。

質問への答え方で会社の信頼度もどこまでわかると思いますよ。



浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。共通する点といえば、やはり精神的なストレスでしょう。既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを感じることが多く、症状として出てくるのです。そして、裏切られた配偶者もまた、メンタル面の病気になりやすいです。
興信所や探偵社などを経営する際は、特殊な免許資格は要りません。
とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許認可を出してもらうことが不可欠です。



営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、浮気の証拠をしっかり掴んで、不倫の慰謝料を求めるというのが最も効果的です。浮気相手は遊びのつもりで悪いことをしている感覚はあまりないというのが現実だったりします。慰謝料を求めることにより、自分たちがしたことを実感させるというわけです。
大手以外にも多くの探偵業者がありますから、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。
少し手間でもネットを使えば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを知ることができるでしょう。


都内在住なら自分の住んでいる区内から満足度の高いところを選んで、相談や事前見積りをしてもらえれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、調査対象が身近な人間なわけですから、調査していることに気づかれやすい上、感情に任せてトラブルになる危険性もあります。



探偵社に頼めば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、頼む・雇う者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く浮気の裏付けがとれるはずです。

トラブル回避のためにも利用をお勧めします。
興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば不倫の証拠集めで調査期間中にその行動が見られなかったケースです。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が得られないといった例もあるでしょうし、興信所や探偵会社のクチコミをあらかじめチェックしておくのが大事です。
それから、相談時に説明を怠らないのも結果に大きく影響してくると思います。
主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。知り合いかそうでないのか確かめようと、携帯をチェックしようとしたら、こともあろうにしっかりロックされていて、わかりませんでした。



泥沼は嫌なので、これは総合探偵・興信所を頼むべきだと考えたのですが、主婦のへそくりもないので、最初の一歩を踏み出せないでいます。不倫調査で探偵を頼む場合、重要な個人情報を晒すのは気が引けるというのは珍しいことではありません。依頼が確定するまでの見積り段階では、個人情報はなくても大丈夫な会社も多いですし、まず聞いてみることが大事です。

その後、調査を頼む・雇うするには契約書を交わすことになりますから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは不可避です。
普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、性的な関係を持っていることを言います。ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料を求めることができます。

相手が油断している間がチャンスです。

探偵業者に依頼して、パートナーの不倫の証拠を握った上、慰謝料請求を送りつけることで冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるという手もあります。
パートナーの浮気に気づいたときは、とりあえず対応を考えるために平常心を取り戻すことを優先しましょう。もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、離婚だの慰謝料という問題も考えなければなりません。

相手と話し合いの場を設け、今後のことについて考えていくようにしましょう。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。

それをベースに探偵の調査手法を具体的に説明しますね。

標準的な不倫調査としては、頼む・雇う者から得た情報を元に相手を追うことから始まります。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不倫の証拠写真を撮影したりします。


略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。

あながち嘘ではないでしょう。
自分の欲求のためなら、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、いつかはばれるのではと怯えて暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。
第一、不倫した相手と入籍するに至っても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す根絶しがたい面を持っています。不倫現場を見つけられて、謝って一時的に大人しくなるのですが、またしても我慢できなくて浮気するおそれは充分あります。あやしい素振りを見せたら、探偵を雇って行動調査をしてもらって、不倫の証拠をおさえて、お灸をすえてやりましょう。
「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きは個々の道徳意識によって異なると思います。
たとえば、自分以外の異性を誉めたり、身体的な接触が少しでもあれば浮気だと認定する人もいるぐらいです。

実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば「不貞」となります。



まあ、順風満帆な結婚生活を続けたければ、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりはするべきではないです。浮気の素行調査を探偵に頼む・雇うしたものの、あとになって別途、代金を請求されるというケースがあるようです。ただ、契約時に交わした書類には、別途料金を請求することについて明記されていると思います。



だからこそしっかりと確認しておくべきでしょう。
また、不明なことがあるのなら、きちんと契約前に確認しておくのも重要ではないでしょうか。
このごろは技術が進み、GPSの衛星測位システムを使って浮気を発見することが容易になりました。
気になる相手にGPS機能搭載のスマホを使わせることさえできれば、ほとんどリアルタイムでどこにいるかがわかるのです。

マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、独力で浮気を発見するにはGPSを使えば便利だと思います。探偵業者を使って浮気調査をするなら、平均的な料金はあらかじめ調べておきたいものです。
不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところに引っかからないためにも必要なことです。それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、あとになって必要経費といって、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、コストテーブルについては事前に、きちんとした説明を求めるようにしましょう。探偵社で働くには特別な資格は必要としません。
その代わり、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、一定レベル以上のスキルが要求されます。社員教育の徹底した会社を選ばないと、実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもないわけではなく、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員が担当すること。
それが、結果を出す近道です。気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。
不倫の代償は大きいです。



仮に旦那・夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、新しい人と再スタートなんていうのは、あからさまに現実逃避が過ぎると誰もが思うでしょうね。

浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。


そのようなことで解消するとは思えませんし、子供には責任はないはずです。
軽率のツケは高くつくでしょう。

いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。人が動く範囲は決まっていますから、対象地域に営業所があるかどうかウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。ある程度の選別ができたら電話をかけて、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。

相手は専門家ですが、話をしてみないと、安心して任せられる業者かも知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。

地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、インターネットで調べてみたんですけど、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。


問い合わせは複数の会社に行い、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる総合探偵・興信所に調査を頼んで、結果を待ちました。いくら浮気を疑っていても、証拠を見てしまうと、さすがに落ち込みました。


興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気を止めることができたとしても、再び浮気することもあります。

休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、ふとしたLINEやメールの着信により浮気が再燃したことがどこまでわかるわけです。


大抵の場合、前回の浮気での対処が手ぬるかった可能性も高いので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が不可欠です。

探偵を頼むには、まず、電話で相談しましょう。実際に相談員と話して、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。
そこで契約に必要な説明を聞いて、信頼できる会社だと思ったら契約書を交わし、そこから本当の調査が始まるのです。

Google Yahoo!Japan