近頃ではスマホが元で不倫が露見するといったケースが増加しています。過去にはPC

MENU

近頃ではスマホが元で不倫が露見するといったケースが増加しています。過去にはPC

近頃ではスマホが元で不倫が露見するといったケースが増加しています。

過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのSNS履歴やメール、フリーメールあたりに不倫の履歴が隠れていると考えられます。
肌身離さず、ロックまでかけている場合は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫関連の調査です。


そんな仕事を例に、プロの仕事をおさらいしてみましょう。
普通の調査では、依頼者から得た情報を元に対象の追跡を行います。

依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、相手の浮気の証拠を抑えるのです。
最新技術の普及により、GPSの衛星測位システムを使って浮気をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。


GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを使用させることにより、今いる場所を知ることができます。


法律に触れることはないので、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。
どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。
「私より他の女性を優先した」とか手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気だと認定する人もいるぐらいです。

法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで不貞行為になるものの、一般的には、いかにも浮気ととられかねない行動は控えたほうがいいです。

完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、浮気の証拠をしっかり掴んで、それを元に慰謝料請求するというのが最も効果的です。不倫の相手のほうではあまり深く考えていないというパターンが多いです。
代償としての慰謝料を要求することにより、彼らがやったことの反省を促すことができるでしょう。不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずにしてもらうことは正直ムリですので、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。

安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、予期しなかったトラブルや金銭問題に発展することがあります。後悔しないために、利用者のクチコミ等をチェックして誠実そうなところを選ぶことです。



探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。事務所所在地や代表電話といった情報は、電車や雑誌の広告などでも見られます。専属スタッフに相談すると、だいたいの費用の目安の仮見積もりを出してもらえます。費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。見積りをもらってから、落ち着いて考えてみると良いでしょう。あとから内容の変更も可能です。
携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。
例えば、遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。
普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。



ちょっと質問しただけなのに、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。後ろめたいことを隠しているときは、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。


目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘はよく分かりますよ。



名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はこれといってないと思って良いでしょう。
調査と報告が業務であるという点はどちらも違いがありません。
不倫調査という点でいえば、同じものと思っていただいて支障はないということです。ただ、ある程度の得意分野だのは業者によって異なるため、契約前に把握しておきたいものです。最近の探偵業者は、無料で相談に応じてくれる場合が増えてきました。


複数の会社に相談することもできますから、依頼前に積極的に受けておいて損はないでしょう。


よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極めるのにはうってつけだと思います。ベテランのスタッフと話をすることで、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を整理することもできます。
不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと思われるかもしれません。

とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女性の気配のないような会社でも用心すべきです。

普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。もし疑いをもつようなことがあれば、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、一人で抱え込んでつらい思いをすることもなくなるのです。


もし配偶者が不倫している疑いがあり、興信所で調べてもらおうと考えているなら、価格の安いところに目がいきがちです。


確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は注意が必要でしょう。価格なりの低レベルな調査に終わる例もあるわけですし、調査を頼む際は、その会社の信頼性は、しっかり確認しておきましょう。依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、映画やドラマの探偵のような手法で探索を行うこともあります。対象に気付かれずに尾行したり、張り込みも行いますし、交友関係を絞っていき、場合によっては周囲に聞き込みなどもするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。ただ、社内機密といってクライアントでさえ知ることができない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。


一般の人が思っている以上に、浮気調査を依頼してはダメな探偵業者の数は多いでしょう。人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。
ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判を見ることができます。土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で評価の高い業者を見つけ、話をすれば、調査を任せても安心でしょうし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。

浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることができるのをご存知でしょうか。戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、とても重要な手続きです。なかなか認知されない場合、裁判になることもあります。子供ができないうちに浮気をやめてもらわなければ今後の人生設計にかなりの不利益が生じる可能性があります。

配偶者の不倫行為が発覚したら、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気分を落ち着けて、いつもの自分を取り戻すことを優先しましょう。浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、やはり離婚や慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。

二人で会う機会を作り、以後どうするか、きちんと相談することをおすすめします。パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。
ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、調査対象にばれるようなことは、まずないといって良いでしょう。また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、振る舞いが微妙に不自然になってしまって、相手が勘付くというケースもないわけではありません。
報告書を入手するまでの辛抱だと思い、いつもと同じように生活するようにしましょう。探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対してはちょっと気がひけますよね。個人情報を伝えるのが不安なら、匿名相談でもオーケーという業者も少なくないですし、うまく活用して、信頼できそうなところだと感じたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすようにするといいでしょう。
配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、言い逃れはできないです。慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、本当にケースバイケースで異なります。


支払いが無理そうなら、減額が可能かどうか相談してみるのも良いでしょう。ほんの火遊びのつもりでも、妻からすると不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。



そんな身勝手な行動を放置するというのは不可能でしょう。
不倫行為の裏付けをとる手段は定番なところでは携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。

メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡を取り合っている可能性は高いです。
これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるシーンは決定的です。
撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、いざ写真を見るとうまく撮れていないことが少なくありません。ちゃんとした証拠として使えるような写真を得たいなら、探偵に依頼したほうが賢明でしょう。
不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。



不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、肉体関係があることを言うのです。

配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に代償として慰謝料を請求することが可能です。


先回りして探偵に依頼してパートナーの不倫の証拠を握った上、多額の賠償を請求することによって不倫関係を一気に解消させるというケースも多いです。


私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。証拠を押さえるためには相応の経験とカンが不可欠だと思います。地道といいつつも予想外の出来事は多く、即座に判断して行動する応用力も必要です。対象となる人物に調査案件が知れてしまえば発注者の安全と利益を損なわないよう、常に細心の注意を払うことがプロの探偵です。



意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。


不倫していた相手が明らかになってから3年、また、不倫行為があってから20年以内でも構わないそうです。
それに、時効期限が近づいているときでも、裁判に訴えることで、期限がリセットされるのです。

時効になったら元も子もありませんから、その前に裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。

浮気調査を依頼してはダメな探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが経費を含む料金の総額だと思います。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変動してきます。


行動調査(不倫など)の場合でしたら、作業時間を1時間とすると相場的にはだいたい2万円ぐらいです。
実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが一番でしょう。
2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。


夫は7つ年上で社宅住まいです。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。
しかし先週、家族会議の結果、いよいよ離婚という運びになりました。


育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養育していく責任があります。
夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士の方にお願いし、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。
アラサーの会社員です。妻は子供ができるまでパートに出ています。



私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、あちら側の浮気が発覚しました。

バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。


翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。このままやっていく自信がありません。
妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。このままにしておくつもりはありません。

何か手を打とうと思っています。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。
プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。



最も身近な人物に欺かれていたために、パートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるといったケースもあります。それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。ふつうの金銭感覚でいうと、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、リーズナブルとは言えないでしょう。そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、損失は金銭的なものに留まらないですよね。


理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、高額な代金を請求するところが調査能力が高いかというと、それは実に悩ましいところです。
昔はどうあれ浮気調査を依頼してはダメな探偵事務所と興信所の仕事はほぼ同一です。離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、第三者にも浮気が分かるような証拠が不可欠です。ただ、自力で証拠を集めるのには無理がありますから、きちんとした人材と機材を揃えた依頼しないほうがいい探偵事業者にやってもらえば、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。
離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって有効です。

Google Yahoo!Japan