自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会している

MENU

自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会している

自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、男の方を相手どって裁判を起こしたいみたいなんです。



わからなくもないですが、それにはお金がかかるものですよね。


不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を求めたうえで、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言っておきました。全部がそうというわけではありませんが、探偵社では無料で相談に応じてくれる場合もあるようです。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これはぜひ利用しておきたいですね。その会社の対応状況などを判断するのにはうってつけだと思います。専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、混沌とした気持ちや問題点を仕切り直しできるので、おすすめです。不倫相手の奥さんが内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくる可能性はあります。
ひとくちに慰謝料といっても、向こうが離婚したかどうかで差があります。



仮に離婚せずに非常に多くの慰謝料の請求があったら、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしてください。


当事者としては悪気はなくても、自らがした不倫の償いは、けして安くはありません。



まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかでも違いますよね。

ただ、結果的に離婚せざるを得なくなったり、慰藉料を請求されることだってあります。
不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的にも社会的にも代償を支払い、償っていかなければいけません。

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦戦を強いられるでしょう。
夫・妻(配偶者)の不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される場合もあるのです。また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのは本意ではないはず。

だからこそ、しっかり調査しておいたほうが良いでしょう。総合探偵・興信所、探偵社というものの中にはとんでもないインチキな会社も存在するので、評判をよく調べ、誠実そうなところを選びましょう。
一般的な浮気の素行調査であろうと、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。


曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、納得いくまで説明を聞いてから依頼するようにしましょう。探偵調査を頼む・雇うされても、証拠を用意できないことがあります。



たとえば、不倫の証拠集めで調査期間中にその行動が見られなかったケースです。
とはいえ、単純に探偵の調査が至らず満足な結果が出せないときもあるわけで、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめチェックしておくことで回避できるでしょう。それから、相談時に説明を怠らないことも納得の秘訣だと思います。


パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、きちんとした不倫の裏付けをとって、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが最も効果的です。


浮気相手は遊びのつもりで考えなしにやっているという実態もあります。


慰謝料を求めることにより、事態の深刻さを自覚させるわけです。
探偵業を営むには特殊な免許資格は不問といっていいでしょう。
ただ、平成19年の探偵業法の施行により、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出と誓約書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、許可を受けることだけは省略できません。
野放しというわけではないのです。

いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。ウェブを利用することで、興信所や探偵社の評判がどこまでわかるでしょう。


都内在住なら自分の住んでいる区内から好評価を得ている探偵を見つけて、相談や事前見積りをしてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。
探偵社による浮気の追跡調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。なんだかとても「得」に見えますよね。
ただ、不倫そのものがないのではと思われるときや、調査期間が長引くことが予想される際は引受できないということもあるようです。
当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることもあるので注意してください。パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を頼む・雇うする際は、相応の支出は覚悟しておきましょう。だいたいの費用ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、1日4万円位、それに日数を乗じた金額をみておくと良いでしょう。時間と日数、頼む・雇う内容によって請求額は変動しますので、どんな調査でも50万強で予算どりしておけばとりあえず安心です。
ダンナの不倫や隠し子などの探偵社を訪れるというドラマの展開は、時々見かけます。
物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、真似くらいはできそうな気がしますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、経験が物を言う仕事です。

相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。不倫は家庭も人も壊します。
そのような中で傷ついた人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。プロのアドバイスを受けつつ、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。



信頼していた相手に裏切られたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いようです。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。



パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。
ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。



また、これは大事なことなのですが、浮気の素行調査を頼む・雇うしたあと、緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手が勘付くというケースもないわけではありません。

探偵の報告書を受け取るまでは、いつもと同じように生活するようにしましょう。義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたのですが、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、つい浮気したんです。



子育てが落ち着くまではと、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、以前と変わったところがあったのか、主人はすぐ気づいたようで、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚するということになってしまいました。



総合探偵・興信所に浮気の素行調査を頼む・雇うすると、テレビでよくやっている探偵物のような方法で対象を調べることだってあるのです。

追跡・尾行や張り込みはもちろん、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査を行って精度をあげるようにします。



業者によっては、社外の人間には教えてくれない調査方法もあるとも言われています。
たとえ大手だからといって100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵業者の場合は大手のほうが後悔することが少ないと思います。

会社規模が小さなところでは、充分な調査をせずに代金を請求してきたり、コストテーブルの説明すら濁すところもないわけではありません。そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、頼む・雇うするかどうかの判断材料になるでしょう。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。でも、そう難しく感じる必要はないようにも思えます。



もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、その証拠を握っておいたほうが絶対的に有利というものです。

現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、その道のプロ(探偵)に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。子供のいる親が離婚する時は、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。


倫理的に言うとそうかもしれません。ただ、裁判所は違う考え方をします。

子供の親権というものは、裁判では日常的に子と生活を共にしているかとか、育児への関与などを考慮します。
つまり、子供の生育に適した環境かを最も重要なことと考えているようです。
近年SNSの利用者が急増しているせいか、そこから浮気がバレるケースが増えています。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新しているときは、不倫相手と連絡を取り合っていると考えていいでしょう。



相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。



そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。

先に見積もってもらった金額に高額なオプションが付加されたり、契約を破棄しようものなら、違約金として一定額を支払わなければいけなくなったりします。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックしておくことが大事ですね。


料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、別の事務所をあたることだってできるのです。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。浮気の証拠を提示されてしまえば、圧倒的に不利な立場になります。



慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、幅があるようです。

その額で難しいときは、額を減らしてもらうよう交渉するのも悪くないかもしれません。
もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、興信所や探偵にいきなり調査をお願いするより、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するというのもありだと思います。

浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、今まで利用したこともない業者に不倫調査をしてもらうのは、いささか心配でしょう。
リスクや不安は少ないほど良いのですから、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。
身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。


安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、一番感じが良かった探偵会社に頼む・雇うしました。

わかってて頼む・雇うしたものの、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、頭の奥がスーッと冷えました。
浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという始末の悪いもののようです。



浮気現場を押さえられて、一応反省はするものの、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っている可能性はおおいにあります。あやしい素振りを見せたら、探偵を雇って行動調査をしてもらって、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、決着をつけるべきです。


不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気をやめさせることに成功しても、再び浮気することもあります。退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、メール履歴などで浮気が再燃したことがどこまでわかるわけです。
大抵の場合、前回の浮気での対処が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が必要でしょう。だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。
それは、その人の倫理観によっても違うでしょう。
たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気だと認定する人もいるぐらいです。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと「不貞」となります。まあ、穏やかな生活を送ろうと思ったら、いかにも浮気ととられかねない行動は控えるべきでしょう。探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能かというと、そうでもないです。

全国展開している大手などでは代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている業者も少なくないですから、調査会社を使ったことが配偶者に知られることもありません。カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、良い業者の目安ということにもなります。自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査をしてもらうことは不可能ですから、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、予期しなかったトラブルや金銭問題に発展することがあります。

後悔しないために、ネットで情報を調べて、誠実そうなところを選ぶことです。

Google Yahoo!Japan