個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査で

MENU

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査で

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。

今時の業者は探偵業法のもとで営業しており、違法な仕事をすることはありません。2000年代中頃にこの法律が制定される前は、総合探偵・興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、違法な詐欺まがいの業者との様々なトラブル発生抑止のため定められました。



不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどきオプション料金が発生することがあります。ただ、普通は契約書に、オプション付加条件や料金テーブルが記載されているでしょう。だからこそしっかりと確認することは、トラブル防止に役立ちます。
もし不明な点があるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが大事です。探偵を頼んで調査してもらう際は、あらかじめクチコミ等を調べておくことが大事です。悪質なところだと、見積り時の説明が不十分だったり、満足な調査をしていないこともあるようです。


少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、法外な料金をとられる危険性はありません。不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。興信所と探偵。

実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、配偶者の浮気の確固たる裏付けが是非とも欲しいところです。


自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、スムーズに離婚できると思います。

それに、慰謝料請求時にも有効です。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることは可能で、民法上でも認められた正当な権利です。
戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。

とても重要な手続きです。すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。

そんなことになる前に浮気をやめてもらわなければいずれ大きな金銭的負担も覚悟しなければなりません。
もし不倫をしているなら、相手の嫁・妻がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくるのは覚悟しておかなければなりません。
慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方が離婚するかどうかで変わってくるものです。
離婚に至っていないにもかかわらず一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、直ちに弁護士さんに相談してみることです。



不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは思うような結果にならないかもしれません。

なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めない場合もあるのです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを回避するには、裏付け調査を探偵に依頼しておいたほうが良いでしょう。
不倫関係に終止符をうたせるには、明確な浮気の証拠をつかみ、不倫の慰謝料を求めるというのが最も効果的です。
浮気相手は遊びのつもりであまり深く考えていないケースも多いですから、代償としての慰謝料を要求することにより、事態の深刻さを自覚させるというわけです。
探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては気がひけることでしょう。もし最初から実名で相談するのが嫌でしたら、匿名での問い合わせや相談に応じている業者も少なくないですし、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、信用のおける業者であることがわかってきたら、あらためて個人情報を伝えるようにするといいでしょう。

義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたのですが、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、浮気してしまいました。長らく子供と家庭だけを軸に、まったり主婦ライフを送っていたため、最近、様子が違うと、早くから主人もわかったらしく、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するということになってしまいました。
全部がそうというわけではありませんが、探偵社では無料で相談員と話ができるケースもあるようです。

初めて探偵の仕事を依頼するのですから、時間をとってでも利用しておきたいですね。よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める指標になるからです。先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて冷静に確認できるようになるというメリットもあります。



パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。平均的な調査料金ですが、一般的な浮気の素行調査でだいたい20万円(4万円で5日間)程度をみておくと良いでしょう。
費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、どんな調査でも50万から60万くらい用意しておけばとりあえず安心です。


当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、された側にとっては信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。そんな身勝手な行動を野放しにすることはできません。浮気の裏付けをとる方法はやはり一番にあげられるのはスマホや携帯電話ですよね。
肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。調査業務で探偵を雇うときは、まず、電話で相談します。



心配なら非表示でかけるのもOKです。電話でスタッフと話してみて、さらに話を詰めたいと思ったら、営業所に行きます。その場で打ち合わせをして任せても良いと判断したところで契約書にサインして、調査員へのGOサインが出されます。


僕の会社の後輩なんですが、彼の妻が元カレと不倫していて、相手を訴えてやると思っているみたいです。

しかし訴訟というものにはお金がかかるものですよね。ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言ったのです。まずは冷静になることですよね。
総合探偵・興信所や探偵社に不倫調査を頼む・雇うする場合、頼む・雇う者からするとその費用は、実に気になるところだと思います。探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、料金面での不安はなくなりました。

強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、相手の会社ではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで顔合わせするという手段もあります。
不当な契約の強要を未然に防ぐことができます。探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、身内の方による浮気調査です。

そんな仕事を例に、プロの仕事をご説明しましょう。調査方法の基本としては、頼む・雇う者から得た情報を元にターゲットの尾行をします。対象に気づかれては元も子もないので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、相手の浮気の証拠を抑えるのです。


中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。不倫の証拠集めには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも不可欠です。
想定外のことがたくさん起きますし、それを即座に判断して行動する応用力も必要です。
不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、発注者の安全と利益を損なわないよう、最大限の用心をしつつ調査につくのは言うまでもありません。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。

しかし、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、しっかりとしたスキルが必要です。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあると聞きますので、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。



金銭という対価に合った仕事ができる探偵に調査に入ってもらうことこそ、結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。
お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたことが意外に多いです。いままで連れ添ってきた仲として後ろめたさを感じるようになったり、先のない不倫という関係に愛想がつきるということもあるようです。
それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、やましい気持ちもあってか、別れようという気持ちになりやすいといわれています。
不倫する人というのは明るそうに見えても、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。

考えられることは、恒常的なストレスがあげられます。恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。
それに、取り残された配偶者も不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。
不倫の慰謝料請求には期限があります。



浮気の相手が判明してから3年、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年間が請求期限となります。

ただ、時効間際といっても諦めないでください。
提訴すれば、期限がリセットされるのです。
時効になったら元も子もありませんから、その前に自ら裁判を起こす手を使うほうがいいでしょう。

不倫調査を頼む際は、どんな目的でどのような調査をしてほしいかはっきり伝えることが必要不可欠です。


不倫関係を解消させたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。何を目標にするかによって調査員の仕事内容も変わるので、あらかじめ明確にしておきましょう。
近年は技術改良が進んで、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を発見できるようになったのは有難いことです。

GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを使わせることさえできれば、今いる場所を特定できてしまうのです。非合法な方法ではありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。
探偵の看板を掲げるには資格や免許はこれといって不要です。とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、探偵業届出証明書の交付という許認可を出してもらうことだけは省略できません。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。
もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、自力で浮気の証拠を押さえるのは困難でしょう。
でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と有利な展開に持ち込むことができます。ですから、不倫をしているなと思ったら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。


お金はかかるものの、二人で一緒に写っている写真や動画といった、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。
夫の浮気が心配で探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、しばしば見かけたりします。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、自分でもできるような気がしてしまいますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡・尾行し、写真などの証拠を得るのは、経験が物を言う仕事です。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

パートナーが浮気をしている気配があって使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。
確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は用心したほうがいいです。やはり安かろう悪かろうというケースもしばしば見られるのです。



調査を頼む際は、その会社の信頼性もチェックしておかなければいけません。浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、浮気を止めることができたとしても、繰り返すことがあります。


退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、メール履歴などでまた浮気をしている事実が発覚するのです。要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが寛大すぎたことが考えられますから、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が大事だと思います。
探偵社には調査報告書というものがありますが、特にフォームに決まりはありません。もし裁判等で使う際は、なんでも証拠になるというわけではないので、良質な情報を備えた報告書であることが大前提となります。

のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、探偵社の中でも相応のところに依頼しておけば安心です。

Google Yahoo!Japan