まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと

MENU

まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと

まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。
でも、そう難しく感じることもないと思います。


もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、有利であることは間違いありません。



あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、モヤモヤしているのが嫌ならその道のプロ(探偵)に相談するのがいいでしょう。
ろくでもない依頼するのはやめたほうがいい探偵を雇ってしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。

相談に行っただけなのに事務所に足止めし、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは危ないと思ってよいでしょう。相談後、しつこい電話勧誘がくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。



誠実な探偵業者はそんなことはしないはずです。

この頃はついうっかりスマホを放置して、不倫が露見するといったケースが少なくありません。

パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのSNS履歴やメール、フリーメールあたりに浮気の証拠が残っている可能性は高いです。わざわざロックしてあったりしたら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと考えて間違いないでしょう。はからずもご主人の浮気が露見した場合、さしあたっては今後の動向を考えるために平常心を取り戻すようにしてください。

いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚だの慰謝料なども勘案しなければいけません。夫婦で話し合う時間を確保し、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか考えていくようにしましょう。



興信所や探偵を利用する事由の大半は、浮気調査です。なんとなく行動が怪しいから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、証拠の精確さが大事ですから、やはりプロの探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。



問い合わせは複数の会社に行い、こちらの気持ちをよく理解してくれた探偵会社に頼むことにしました。

いくら浮気を疑っていても、証拠を見てしまうと、頭の奥がスーッと冷えました。SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、それが元で不倫が判明することが増えているのも、当然かもしれませんね。配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新していたら、不倫相手と連絡を取り合っている可能性が高いです。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫の有無を判断する好材料とも言えます。



未成年の子がいて離婚する場合、浮気経験のある親というのは子供の親権がとりにくいと思われているようです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。


基本的に親権というのは、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、子育てに対する積極性といった点を見ていきます。

最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかがカギなのです。探偵業者では無料で相談員と話ができるケースが増えてきました。贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは活用して損はないと思います。
よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める指標になるからです。また、相談員と話していくうちに、混沌とした気持ちや問題点を冷静に確認できるようになるというメリットもあります。

興信所の仕事と聞いて、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。


対象にそれと悟られないよう追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。


調査していることがバレることはほとんどありませんが、尾行する人間は相手の行動を冷静に予測しておく必要があります。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。いざ依頼するのはやめたほうがいい探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。
探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。インターネットで検索してみると興信所(当日予約可)や探偵社の評判を見ることができます。



都内在住なら自分の住んでいる区内から評判の良い会社を選び、そこで話を聞いてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。

もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、それは大きな間違いです。



この二つには大きな違いが存在するんですよ。

何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業となると、警察署経由で所管の公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。
管轄官庁による管理が必要なほど高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には悪質でいい加減なところも存在するので、評判をよく調べ、誠実そうなところを選びましょう。例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。

どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、よくよく確認した上で依頼するようにしましょう。主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。知り合いかそうでないのか確かめようと、隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、こともあろうにしっかりロックされていて、わかりませんでした。かくなる上は興信所を頼むべきだと考えたのですが、主婦のへそくりもないので、ためらっているところです。

主人に浮気されたくないので、私はいつも注意していることがあります。
それは、相手を否定しないこととかですね。要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。それに、家計のことで責めることもしません。一家の主である彼を第一に考え、妻としての外見への心配りも怠らず、女らしいふるまいを心がければ恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えています。実際、不倫行為にはまっている人は、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。理由は、メンタル面での負担が大きいことでしょう。交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、それがウツにつながるのですね。


浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってメンタル面の病気になりやすいです。



配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。
ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、察知されることはまずないといって良いでしょう。でも、「探偵を雇った」という事実でクライアントの挙動がいつもと変わった結果、気付かれてしまったという事例もあります。


最低でも調査終了までは、いつもと同じように生活するようにしましょう。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんが内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくること事体、ありえないことではありません。
慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方夫妻が結婚を継続するか否かで大きな違いがあります。その時点で離婚していないのに多額の慰謝料を請求してきたときは、冷静になって、弁護士に入ってもらうべきです。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思う人は多いでしょう。
けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、出会いがない現場だろうと安心してはいられません。



常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、いたずらに心配せずに済み、メンタル面でもプラスになると思います。
自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、不倫調査が可能な地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者の中から探しましょう。
地域のことをよく知っていれば、詳細な調査ができますし、報告の精度が増します。それに依頼する内容や諸条件によって不得意なこともありますし、逆もまたあります。



あらかじめホームページとか電話で問い合わせてみるのをおすすめします。


配偶者の浮気がわかったら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。ただ、当人たちだけで話し合うと、意地の張り合いになり、なかなか話がつかないことが多いです。もめ方によっては訴訟になる可能性もあるので、そうなる前に弁護士にお願いして、トラブルにならないよう交渉してもらうというのも手です。

広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、どこにしたらいいんだろうと悩むのが当然です。

依頼するのはやめたほうがいい探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。

認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。

届出をした正規事業者であるかは届出番号を取得しているかどうかでもわかります。


大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるところなどは定番中の定番といえます。個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になるケースがあります。
裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影したいのであれば、そういった仕事に長けている探偵を利用するほうが確実だと思います。

探偵社には調査報告書というものがありますが、書式は一定ではないようです。


とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときにの利用を考えているなら、やはり証拠として認められるよう、要点を踏まえた質の高い報告書である必要があります。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、探偵社の中でも相応のところに依頼するのをお勧めします。個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査をしてもらうことは不可能ですから、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。
安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルを招くおそれがあります。失敗しないよう、あらかじめ情報集めをして、評価の良いところから選ぶのがコツです。配偶者※有責配偶者を含む)に浮気をしていることがバレたときは、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。

請求額は概ね、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなど千差万別です。

払える見込みが立たないときは、現実的な支払額になるよう相談するのもありでしょう。
ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。



そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。
仮に夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、あらたな恋人と幸せになろうというのは、安直にも程があると世間一般では思うでしょう。
浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。ましてや子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。
軽率のツケは高くつくでしょう。ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)からというのが実に多いのです。
そこから相手に申し訳ないという気持ちが生じたり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、以前からの罪悪感もあって、別れることに積極的になるでしょう。
パートナーが浮気をしている気配があって使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、一律いくらとか安価なところは魅力的です。
しかし安さの根拠も定かでない会社は安易に契約を結ぶべきではありません。

安いけれど調査品質もそれなりだったというケースもしばしば見られるのです。正式に依頼してしまう前に、信頼に値する業者なのかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。
参りました。
うちの旦那さんの浮気って、ほとんど病気なみに身についたもののようです。結婚する前からと合わせると何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。


今さら知りたいとも思いませんが、浮気性って言うじゃないですか。それにしても本能なんでしょうか。
まさか、ですよね。

一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす意味がわからなくなったので、離婚も視野に入れて話しあうつもりです。


Google Yahoo!Japan