浮気の事実が判明し、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、配偶

MENU

浮気の事実が判明し、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、配偶

浮気の事実が判明し、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。どのようなものでも証拠になるというわけではなく、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。
スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として認められることが増えました。


もし配偶者が浮気していた場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。
もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、感情的な理由が根本にあるためか、しばしば泥沼化してしまいます。ことによると裁判に発展する可能性もあるので、弁護士を頼んで無理のない問題解決を図る方が良いかもしれません。
不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。
相手が誰だかを知ってから3年間というのは結構短い期間ですよね。

また、不倫行為があってから20年以内だそうです。

仮に時効直前でも慰謝料請求訴訟を起こせば、時効はなくなります。時効が迫っているなら、訴訟することも方法の一つです。



探偵を使い慣れている人っていませんよね。

配偶者の浮気で、興信所で調べてもらおうと考えているなら、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。


しかし安さの根拠も定かでない会社は注意が必要でしょう。安いけれど調査品質もそれなりだったという例もあるわけですし、お金を払って依頼するなら、信頼に値する業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。
探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。所在地や取扱案件などの企業情報は、広告でも見かけますし、インターネットでも見ることができます。

専属スタッフに相談すると、どの程度の調査でいくら位のコストになるか概算で見積りを出してもらえます。



相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、費用だけでなく内容もそれで良いかよく考えてみましょう。一人で考えるより、良い解決策が見つかると思いますよ。


探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは不倫の証拠集めで調査期間中にその行動が見られなかったケースです。
しかし、調査が未熟なことで証拠をあげられないというケースもないわけではなく、興信所や探偵会社のクチコミを契約前に確かめておくことはとても大事なことです。それから、相談時に説明を怠らないことが結果を左右するのはいうまでもありません。探偵業を営むには特に資格や免許などは要りません。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書の交付という許可を取り付けることだけは省略できません。野放しというわけではないのです。探偵がしている仕事(行動)として、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう後を追って、不倫等の証拠を押さえることです。調査していることがバレることはほとんどありませんが、追跡する側はターゲットの行動を予測しておく必要があります。予想しえないことに備えて動くのが、探偵の仕事です。
会社規模が大きければ大きいほど絶対にハズレがないとは言い切れませんが、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと間違いが少ないです。規模の小さな会社では、満足な調査をせずに完了したと偽り、見積りと全然違う料金を請求してきたり、価格の説明が不十分なところもあるからです。もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども依頼する上では参考になるでしょう。



探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、多少細かいようでも、交遊関係や時間的な行動についてなどを話しておくほうが、調査しやすく費用も抑えられます。



全部が全部、調査員にまかせてしまうと、不倫の裏付けをとるために時間と手間がかかり、それが価格に反映されてしまうのです。


そばにいれば気付くことも少なくないでしょうし、記録やリサーチにいそしむと良い結果が出やすいでしょう。もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、まずそこの評判を調べるのを強くお勧めします。
悪質なところだと、見積り時の説明が不十分だったり、満足な調査をしていないこともあるようです。少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、法外な代金をとられることはないです。何より、良い仕事をしてくれると思います。
不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても思うような結果にならないかもしれません。

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することがあるからです。
そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。

思いこみで裁判に負けることは不本意ですよね。
ですから、調査で証拠を確保しておくべきです。パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。


浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。
浮気現場にシロウトが踏み込んだり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるなんて行為は、危険も伴いますし、その道のプロである依頼するのはやめたほうがいい探偵を利用することも考えておくと良さそうです。
興信所が作成する調査報告書は、業者ごとにスタイルはさまざまです。もし裁判等で使われるなら、なんでも証拠になるというわけではないので、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でないと意味がなくなってしまいます。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、探偵社の中でも相応のところに依頼する必要があるでしょう。どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返すケースもままあります。ひそかに不倫しているところを見られて、一応反省はするものの、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っているかもしれないのです。



言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、調査を探偵社に依頼して、ガッチリ浮気の証拠固めをして、責任をとらせるべきではないでしょうか。不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。あながち嘘ではないでしょう。自分の欲求のためなら、誰かから大事な人と幸せと将来を略奪したなら、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、ばれるの怖さに嘘をついて生きていかなければいけないでしょう。一度不倫を経験してしまうと、再び不倫にならないとも限らず、ストレスは相当なものでしょう。
世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、女性だって浮気するじゃありませんか。

町内会や仕事先。
子供や自分の習い事。人妻だって出掛けるシーンは数多く存在し、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。

最近は、妻の不倫というのが伸びてきているせいか、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースがあとを絶ちません。


テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、探偵を頼むときは、探偵会社に依頼するのがやはり一般的ですね。質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、複数を比較することがコツです。とりあえず料金体系や業界相場あたりは知っておく必要があるでしょう。高額な請求をしてくる悪どい会社を見分けるには大事なことだからです。近頃はスマホを情報源として隠し続けていた浮気がバレるという例が多くみられます。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに浮気の証拠が残っていると考えるのが妥当でしょう。しかもロックをかけているのだったら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと思っていいでしょう。探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で調査をすることも、ないわけではありません。



対象に気付かれずに尾行したり、張り込みも行いますし、交友関係を絞っていき、場合によっては周囲に聞き込みなどもするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。
また、社外秘ということで依頼者にも開示しない調べ方があるとも言われています。



奥さんがだんなさんの浮気に気づいて調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。


素人が依頼するのはやめたほうがいい探偵と一緒に行動するシーンもあって、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。

しかし、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは初心者には到底無理です。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。
たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者から、慰謝料を求める内容証明郵便が届くのは覚悟しておかなければなりません。気になるのがその金額ですが、先方夫嫁(妻)が結婚を継続するか否かで当然ながら差があります。

離婚「しそうになった」からといって一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するほうが良いでしょう。探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対してはちょっと気がひけますよね。
個人情報を伝えるのが不安なら、匿名相談でもオーケーというところも多いですから、最初に匿名で話をさせてもらい、手応えが良い感じであれば、本名で詳細を相談することもできるのです。探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵をあたってみると良いでしょう。土地勘がある調査員がいるほうが調査に有利ですし、報告書の内容がより克明になります。調査内容いかんでは不得意なこともありますし、逆もまたあります。

オフィシャルサイトや業者に電話確認してみることも大切です。

中堅どころの依頼するのはやめたほうがいい探偵社に探偵として勤務している者です。

最も依頼が多いのが不倫調査です。


しっかりした裏付けを得るには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が要求されます。


想定外のことがたくさん起きますし、それを即座に判断して行動する応用力も必要です。対象となる人物に調査案件が知れてしまえば多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、常に細心の注意を払うことは言うまでもありません。


ふつうの金銭感覚でいうと、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、高いように感じることがほとんどでしょう。そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、損失は金銭的なものに留まらないですよね。最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、料金が高いほど、必ずしも調査能力が高いわけではないのが判断に迷うところです。不倫していたことが問題になって家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停にまで発展することもしばしばあります。
家事調停委員が加わり、公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当人同士や親戚内で話し合うよりも比較的円満に話し合いが進められる点で体力的にも精神的にも助かります。

前の日はよく眠り、気楽に行くことです。
ハイテクが日常生活に浸透している現代では、個人でもGPS機能を使えば浮気を容易に把握できるようになりました。

GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを持たせることができれば、誰でも簡単に、相手の現在位置がわかるのです。それで罰則があるというわけでもありませんし、独力で浮気を発見するにはこれとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。



W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、実親や配偶者に妊娠を望まれたからというのが実に多いのです。そこから相手に良心の呵責を覚えるようになったり、浮気相手との不毛な駆け引きに嫌気がさしてきたりするようです。それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、やましい気持ちもあってか、別れようという気持ちになりやすいといわれています。
探偵社に不倫調査を依頼する際、個人情報をできるかぎり知られたくないと思う人はけして少なくありません。依頼に先立っての相談段階では個人情報はなくても大丈夫な会社も現在では増えています。



それでも最終的に調査を依頼するときには契約は必須ですし、必要最低限の個人情報の提供は避けられないでしょう。

Google Yahoo!Japan