どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵業を行っている

MENU

どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵業を行っている

どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのがやはり一般的ですね。

良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、いくつかのところを比べてみるのが大事です。
少なくとも標準的な料金は知識をつけておきましょう。

悪質な価格設定の探偵にはまらないようにするためには必要なことです。

パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。

相手がきちんとした裏付けをとっていれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。慰謝料として要求される金額は、2ケタ万円から3ケタ万円とかなりの違いがあります。

自分に払える額でなさそうだったら、額を減らしてもらうよう交渉することもできます。浮気していたことがわかり、裁判所に離婚の申し立てを行う際は、浮気していたという証拠がなければいけません。証拠に採用されるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。
スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として採用されることも多くなりました。



私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。簡単です。



いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。嘘をつく人間というのは快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。また、少し訊かれただけで、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。


やましいと思っているほど、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。

目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも簡単にわかるものです。



テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは一般的なのではないでしょうか。
業者は公安委員会に届けを出す必要があり、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、まともに届出を出している会社なのかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。


ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは浮気の行動調査ではないでしょうか。


不審な行動があるので、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、幅広い調査に応じています。



不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、証拠が明白であることが大事ですし、やはりプロの探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。色々見ていくと、浮気相手と別れた理由でもっとも多いのは、浮気の事実が露見したから、ですね。



そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことは難しいし、却って警戒されるかもしれません。



そういったことを専門にする探偵会社に怪しい点を探ってもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、自分でやらなければいけません。



当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。配偶者や職場に浮気がバレた挙句、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合もあるわけです。表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至ることだってあります。
落ち着く先は色々ですが、不倫でハッピーエンドになることは金輪際ありえないのです。浮気調査を依頼してはダメな探偵社による浮気の追跡調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んでなんだかとても「得」に見えますよね。ただ、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、長期間にわたる調査が必要な場合は断るときもあるそうです。


それに、浮気の裏付けがとれたときにかなりの代金を請求されることもあるので注意してください。



浮気調査を依頼しないほうがいい探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、もっとも気にかかる問題でしょう。探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、料金面での不安はなくなりました。信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、いきなり向こうの会社に行くのではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで顔合わせするという手段もあります。違法な勧誘の防止にもなるので安心です。もしパートナーの浮気が発覚した際は、ベストな対応をするべく、平常心を取り戻すよう努めましょう。不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料なども勘案しなければいけません。

相手と話し合いの場を設け、これから先どうしていくか考えていくようにしましょう。


常に相手が警戒している場合、自力で不倫の証拠を押さえるのは簡単なことではありません。
でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と話を有利に進める材料になります。

浮気相手がいることが分かったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。


ある程度、費用は必要ですが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。どのへんまでを浮気というのかは、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。自分以外の異性に優しくしたとか、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気と言う人も、いないわけではないです。


ちなみに法律の上では、肉体関係があれば「不貞」となります。まあ、順風満帆な結婚生活を続けたければ、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は控えたほうがいいです。


興信所に持ち込まれる案件の多くは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。



そんな仕事を例に、プロの仕事を具体的に説明しますね。調査方法の基本としては、事前にクライアントから話を聞き、ターゲットの尾行をします。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って相手の浮気の証拠を抑えるのです。

普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに性的な関係を持っていることを言います。

こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに慰謝料を求めることができます。


相手が油断している間がチャンスです。探偵業者に依頼して、不倫の裏付けをとってもらい、慰謝料請求を送りつけることで現実を見せ、きっぱりと別れさせるような利用法も少なくないです。
興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、諸経費や料金のことです。ある程度の目安となる料金はありますが、内容いかんで変わってきます。行動調査(不倫など)の場合でしたら、1時間の調査として、平均的には3万円以下、2万円以上です。安ければいいというものでもないでしょうから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。浮気に走るきっかけというのは主に、配偶者との日常生活に飽きたといった、利己的でなければ言えないようなものです。自分をもう一度異性として見てほしいという願望が不倫という一線を超えさせてしまうわけです。浮気を未然に防止するために、双方の言い分を尊重し、お互いに何を我慢して何を求めているのか、問題点を話し合う姿勢が必要ではないでしょうか。

探偵を頼んで調査してもらう際は、事前に評判をチェックすることが不可欠だと思います。悪質なところだと、高額な追加料金が上乗せされたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。

一定以上の評価を得ている業者なら、悪質な請求をつきつけられる可能性もありませんし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。
パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが一番です。
たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちはさほど罪悪感を感じていないというのが現実だったりします。
配偶者として正当な慰謝料を請求することで、不倫の罪や現実を思い知らせることができるでしょう。

興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。

尾行調査だって、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。

日時をどのように区切って依頼するかによって料金に差異が出てきますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、必然的に費用は多くなります。

そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、請求額でもめるケースがないわけではありません。
先に見積もってもらった金額によく分からないオプション料金や経費が生じていて、あわてて契約の解除をしようにも、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。



契約書にサインする前にチェックは入念にするのが必要だと思います。

ひとつでも納得いかない点がある場合は、別の事務所をあたることだってできるのです。
いくら依頼しないほうがいい不倫調査を依頼してはいけない探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、浮気の素行調査等で追尾対象の行動的にシロだったという事例です。
しかし日数ではなく、調査能力不足によって結果が得られないといった例もあるでしょうし、依頼する探偵社の質や評判を契約前に確かめておくのが大事です。


そして面倒がらずに依頼しないほうがいい探偵にじっくり相談するのも結果に大きく影響してくると思います。

不倫調査を依頼してはいけない探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、会社の規模によるところも大きいです。

フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、機材や調査手法の刷新に余念がなく、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。規模の大きなところは相談員や調査員のトレーニングや精度アップに熱心であり、そうしたところが調査報告書にも反映されているように思えます。

これから探偵を雇うつもりでいたら、一般的な調査費用の相場というものを知らないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。
おおむね時間あたり1万円程度を計算しておくと確実です。
一般的に言えば「高い」と感じますよね。

行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。不倫調査で探偵を頼む場合、個人に関する情報を安易に知らせたくないという人も少なくないでしょう。



初回相談(見積り)までは個人情報はなくても大丈夫な会社も多いですし、まず聞いてみることが大事です。でも、仕事として発注する場合はどのような会社でも契約が必要です。

ある程度の個人情報が知られることは了承していただくほかありません。

パートナーの不倫で悩んでいるなら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用すると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。


そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、いきなり知らない相手に浮気調査を依頼するのは、やはり無理があります。

そのような不安を少しでも減らすために、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。

知らない探偵社に個人的に相談するのは勇気が要るものです。
個人情報を伝えるのが怖いというのであれば、実名を伏せた相談に対応している事業者も存在します。

とりあえずそこで相談し、これなら良さそうだと判断できたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすこともできるのです。クラス会やOB会では不倫に走るきっかけになる可能性が高いです。憧れの人と話がはずんでしまったり、同じ学校で席を並べていたという気易さから当初は男女を意識せず、気持ちが通じやすくなるのです。クラス会や同窓会後にパートナーの挙動に不審を感じたら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、どんな目的でどのような調査をしてほしいかあきらかにしておくことは欠かせません。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。どこに主眼を置くかにより探偵の調査内容に違いが出てくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。

最近はデジタル技術が発達したので、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って発見することが容易になりました。

調べたい相手にGPS搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、相手の現在位置がわかるのです。
別に違法というわけではないですし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、GPSを使えば便利だと思います。

Google Yahoo!Japan