32歳の主婦です。6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に

MENU

32歳の主婦です。6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に

32歳の主婦です。6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。
しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、家族会議の結果、離婚することになりました。幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養っていかなければなりません。私の怒りや戸惑いは後回しにして、間に弁護士を挟んで、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書というのを作ってもらいました。どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのがやはり一般的ですね。代金に見合った仕事をしてもらうためには、1社だけでなく複数の業者をみてみることが大事だと思います。とくに、相場ぐらいは知っておきたいものです。高額な請求をしてくる悪どい会社に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。


お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが少なくありません。本来大事にすべき相手を騙していることに後ろめたさを感じるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに辟易するのです。それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、後ろめたさも手伝って、ついに別れようという気持ちになりやすいといわれています。
当事者としては悪気はなくても、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、安くは済まないでしょう。
まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかでも違いますよね。

ただ、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。

軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、高い賠償を払ってこれからを生きていかなければなりません。総合探偵・興信所が作成する調査報告書は、業者ごとにスタイルはさまざまです。しかし、調停離婚や訴訟の場での利用を考えているなら、やはり証拠として認められるよう、良質な情報を備えた報告書でないと意味がなくなってしまいます。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、目的に合った事業者を選定しておけば安心です。いざ不倫調査を探偵に頼む・雇うしたあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。


ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、察知されることはまずないはずです。でも、「探偵を雇った」という事実で緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手が用心してしまうというケースもあります。


調査完了日までは少なくとも、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが経費を含む料金の総額だと思います。
調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。



素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1セット60分で作業するときの平均は、だいたい2万円ぐらいです。
まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが一番でしょう。2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。

配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないといった、利己的でなければ言えないようなものです。


恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが不倫という一線を超えさせてしまうわけです。



理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ二人で歩み寄って、おたがい何が不満なのかを話してみて、認識するのも大事なのではないでしょうか。不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。


つまり、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、逆にいうとそれさえあれば、後はとことん相手を追い込んでやることができますからね。

面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。
職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。


広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。
いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、どこが良いやらピンとこないのが一般的なのではないでしょうか。個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。
正規に開業している業者か、違法な業者かは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。
つまり、業者のウェブサイトに許認可番号の記載があるか確認しておくようにしましょう。

不倫の追跡調査を探偵業者に頼む・雇うするにしても、それにかかるコストはもっとも気にかかる問題でしょう。探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。

悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、相手の会社ではなく、喫茶店やファミレス等で相談すると良いのではないでしょうか。


意図しない契約を結ばされるといったトラブルを避けることができます。不倫相手の奥さんから、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくることは浮気の場合、当然ありえることです。
ひとくちに慰謝料といっても、相手側の離婚の有無で差があります。

離婚に至っていないにもかかわらず一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、直ちに弁護士さんに相談してみることです。夫・妻(配偶者)が不倫していることに気づいたら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、感情的な理由が根本にあるためか、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。

うまくいかないときは訴訟になる可能性もあるので、弁護士を頼んで無理のない問題解決を図るのも「あり」ではないでしょうか。


探偵業を営むには取り立てて特殊な資格等は不要です。

そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、届出書を公安委員会に提出したあと、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、認可された会社(個人も可)になることが大原則です。安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。このごろは技術が進み、GPSの衛星測位システムを使って浮気を簡単に見つけられるようになりました。GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを持ってもらうことで、相手の現在位置を特定できてしまうのです。
マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSが役立つかもしれません。普段は無縁な探偵社ですが、詐欺かと思うようなでたらめな業者もあるので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。

ところで、不倫調査を頼む・雇うしても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。

調査に要する時間と代金は、説明をしてもらって納得できたら依頼しましょう。浮気調査というものは、相手と近い関係であるほど調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。探偵業者でしたら、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるというものです。



調査がバレてしまっては元も子もないのですから。
アラサーの会社員です。

嫁・妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。情けない話ですが、先週、あちら側の浮気が発覚しました。妻はしれっとしたもんで、謝罪の言葉もなにもありませんでした。

このままやっていく自信がありません。
妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。放っておくと、なしくずし的に終わりそうな気配なので、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。



探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。



どんなところが高い技量を持つかというと、会社の大きさによる違いも無視できません。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時世に沿った体制づくりを模索しています。大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査に従事する職員の教育にも積極的でそういう点が調査成果や報告書の精度にも反映されているように思えます。



子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、不倫関係をもつようになりました。



子供ができてから今までの間、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、最近、様子が違うと、旦那・夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払う羽目になってしまったのでした。
調査業務で探偵を雇うときは、とりあえず電話をかけましょう。
それがファーストステップです。電話口での相談で相手の応対を見て、細かく相談したいと思ったら、事務所まで出向くことになります。

その場で打ち合わせをして頼む・雇うすることを決めたら契約になります。


ここへ来てやっと調査が始まります。
旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。



気をつけるべきなのは、相手の言動を否定しないこと。

要望やお願いはいっぱいありますが、本心からの喧嘩に発展しそうなことは言いませんし、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。



家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、服装や美容にも気配りを忘れずに、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、心が離れることもなく、浮気もないと考えています。
探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないということはありません。
比較的大規模な探偵社の場合は支払いはクレジットカードでもOKです。

もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている会社も少なくないので、調査をしたことがパートナーにバレる心配も要らないでしょう。


カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。
興信所に不倫の追跡調査を頼む・雇うした際、追加料金が生じることもあります。



ただ、普通は契約書に、オプション発生時の条件が記載されているでしょう。ですから、それをチェックしておかなければいけません。
もし不明な点があるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが重要ではないでしょうか。興信所に浮気調査を頼む・雇うすると、映画やドラマの探偵のような手法で対象を調べることだってあるのです。
追尾調査、張り込みは基本ですし、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、必要があれば周囲に聞き込みなどを行うことがあります。


ただ、社内機密といって教えてくれない調査方法もあるとも言われています。

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても勇気が要るものです。
相談時に本名を告げるのが怖いというのであれば、実名を伏せた相談に対応している業者も少なくないですし、そういったシステムを利用し、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。追跡・尾行で探偵必携の道具というと、かつては無線発信機を使用していたのですが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、昔の発信機と違ってターゲットを見失う危険性が減りました。


最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。

そんなGPSを設置できれば、追跡調査の確実性は著しく増すのです。
ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。しかし、歴然とした法律上の違いがあることにお気づきでしょうか。
様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、警察署経由で所管の公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。

こうした手続きを踏んで、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。探偵業者に回ってくる頼む・雇うの多くは浮気の行動調査ではないでしょうか。



不審な行動があるので、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。



特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、確実な裏付けが必要ですから、その道のプロを利用するのがおすすめです。



探偵社の調査代金の支払いについていうと、古手の中堅以上のところでしたらクレジットカード払いやローンでの分割払いが可能という会社もあるようです。
すぐ不倫の調査を頼む・雇うしたいのに、代金の都合がつかないという場合は、そうした会社を最初から選ぶといいでしょう。大手なら近くに営業所があるかもしれません。

Google Yahoo!Japan