探偵社の調査員になって5年目ですが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどう

MENU

探偵社の調査員になって5年目ですが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどう

探偵社の調査員になって5年目ですが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、相応の経験とカンが不可欠だと思います。
ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。
対象となる人物に調査案件が知れてしまえば多少疑われるだけでも頼む・雇う者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、徹底的に注意を重ねるのが大事です。信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。


パートナーの浮気で離婚調停や裁判ということになれば、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。どのようなものでも証拠になるというわけではなく、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として採用されることが増えました。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の総合探偵・興信所と探偵社の差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。


調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。



ですから、不倫の調査をしてもらう分には、同じと考えて問題はありません。もっともジャンルごとの得手、不得手は、調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、そのあたりはおさえてから契約したいものです。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)ケータイチェックを試みたものの、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、なんの情報も得られませんでした。かくなる上は探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、思案中です。
探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気の素行調査を頼むことはできないので、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルに発展することがあります。
困ったことにならないためにも、依頼前に情報収集を行い、誠実そうなところを選ぶことです。

よくあるサービス業の対価に比べると、浮気の素行調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように感じることがほとんどでしょう。そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、肝心の不倫の裏付けができなければ、時間とお金の無駄遣いですよね。
結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。



しかし、調査料が高額であるほど必ずしも調査能力が高いわけではないのが素人目には判断がつきかねます。


探偵の看板を掲げるにはとくに決まった資格や免許等は不問といっていいでしょう。
とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書を交付してもらって、認可された会社(個人も可)になる必要はありますから、業者選びの目安にはなります。営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。

興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。

ちょっとウェブで調べてみると、そこを利用した人のクチコミ評価などを知ることができるでしょう。土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で評判の良い会社を選び、そこで話を聞いてもらえれば、あとは業者に任せるだけで済み、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。


総合探偵・興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。
全国規模でフランチャイズ展開している会社は、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、時世に沿った体制づくりを模索しています。
また、大規模な業者では調査員はもちろん内勤の相談員などの教育やステップアップにも意欲的で、そういう点が調査成果や報告書の精度にも反映されているように思えます。
婚姻中に不貞行為があったために離婚するときに揉めて、離婚調停が必要になることは、けして珍しいことではありません。調停の場では家事調停委員を間に入れて話し合いが行われるため、当人たちだけよりも円滑で現実的な話し合いになるため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。普段どおりのあなたのままで大丈旦那・夫です。
探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。



こう考えたあなた、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、警察署経由で所管の公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。



こうした手続きを踏んで、頼む・雇う者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくる可能性はあります。

気になるのがその金額ですが、先方が離婚するかどうかで大きな違いがあります。

離婚に至っていないにもかかわらず多額の慰謝料を請求してきたときは、冷静になって、弁護士に入ってもらうほうが良いでしょう。

別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思う人は多いでしょう。

けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女性の気配のないような会社でも無関心でいてはいけません。
常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。



もし疑いをもつようなことがあれば、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、不安を募らせることもありませんし、気持ちの上でも安らかになるはずです。
不倫をやめた原因として圧倒的多数を占めるのは、「ばれてしまったから」です。普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのは簡単ではありませんから、そういったことを専門にする探偵会社に不倫の調査を頼む・雇うするほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。
そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。いざ不倫調査を探偵に頼む・雇うしたあと、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。



ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、相手に露見するようなことは、まずないといって良いでしょう。
しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、気付かれてしまったという事例もあります。
調査が完了するまでは、何事もないような様子で過ごすことが大事です。単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査する相手と親しいほど追跡・尾行発覚のリスクが高いだけでなく、感情に任せてトラブルになる可能性も否定できないのではないでしょうか。その道の専門家である探偵なら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに素行調査や裏付けがとれるというものです。調査がバレてしまっては元も子もないのですから。当事者としては悪気はなくても、不貞行為には違いないのですから、その対価はおそらく高くつくでしょう。

とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで変わってくるとは思いますが、単純に離婚されるだけではなく、慰藉料を請求されることだってあります。


軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償いの生活を送る羽目になるのです。浮気されたことによって心に傷を負った人の心理カウンセリングを行う機関があります。専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。浮気によって離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、自分の人生なのにポジティブになれないといったケースもあります。

それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。
時効といって、浮気の相手がどこまで内容がわかるしてから3年、でなければ不倫行為から20年が期限となっています。

時効が迫っているときは訴訟に持ち込めば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。
時効になったら元も子もありませんから、その前に自ら裁判を起こすことを検討してみるべきです。

探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないかというと、最近は結構多様化してきていて、老舗探偵社や総合探偵・興信所大手などでは、クレジットカードでの支払いに対応しています。

利用明細にはそれとわからないような表記を採用しているところも多く、履歴から探偵を頼んだことがばれるおそれがないのが嬉しいですね。カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。
それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。なんだかとても「得」に見えますよね。ただ、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、日数の長期化があらかじめどこまでわかるケースでは受け付けてもらえないこともあるそうです。



また逆に成功したときに、高額な請求が来ることがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。
配偶者の浮気を総合探偵・興信所に調査してもらうときは、根本的にどういった目的があるのかをあきらかにしておくことが必要不可欠です。パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは頼む・雇う者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。

依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。

以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、そこから浮気がバレることが増えているのも、当然かもしれませんね。
もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらとチェックするそぶりがあれば、浮気相手と連絡をとっている可能性が高いです。
SNSに対する不審な行動があるかどうかはある意味、浮気の指標にもなるのです。

武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、一定レベル以上のスキルが要求されます。
ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になるとマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあるという話ですし、気をつけなければなりません。支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員に調査に入ってもらうことこそ、成果につながるのは言うまでもありません。探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対してはちょっと気がひけますよね。話を聞いてもらうときに本名を名乗ることに抵抗を覚えるというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれるところも多いですから、そういったシステムを利用し、良さそうな事業者であれば、そこで自分や対象の個人情報などを明かすこともできるのです。


既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、実親や配偶者に妊娠を望まれたというのが実は結構多いのです。本来大事にすべき相手を騙していることに自責の念を感じ、W不倫の現実に嫌気がさしてきたりするようです。もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、後ろめたさも手伝って、ついに精算したいという気持ちになるようです。

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って発見できるようになったのは有難いことです。スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に使わせることさえできれば、相手の現在位置を特定できてしまうのです。それで罰則があるというわけでもありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。探偵社への頼む・雇うの仕方は、とりあえず電話をかけてみることからスタートです。電話口での相談で相手の応対を見て、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。



相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、任せても良いと判断したところで契約し、調査が始まります。探偵業者では無料で相談員と話ができるケースが増えてきました。右も左も分からないまま頼む・雇うしてしまう前に活用して損はないと思います。



その会社の対応状況などを判断するのにはうってつけだと思います。親戚でも友達でもない第三者に相談することで、頭の中でもやもやしていた問題を洗いなおすきっかけにもなります。
探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再々繰り返す場合があります。休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、メール履歴などでまた浮気をしている事実が発覚するのです。その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応も考えなければなりません。

Google Yahoo!Japan