かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、一番多いのは浮

MENU

かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、一番多いのは浮

かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。もちろん、その証拠を集めるには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が要すると思います。その上、突発的な事態に対し、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。

なにより、対象人物に浮気の素行調査がバレてしまうことが問題で、発注者の安全と利益を損なわないよう、最大限の用心をしつつ調査につくのは常識です。
対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。


最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、けっこう業者さんって多いんですね。
何社か問合せをしていくうちに、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる探偵会社に調査を頼んで、結果を待ちました。

いくら浮気を疑っていても、決定的な証拠を目の前にすると、のどの奥が固まるような気分でした。不倫がわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、浮気していたという証拠がなければいけません。たとえば、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、二人でラブホテルを利用している写真や動画、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。
また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として採用されることも多くなりました。興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての規模によるところも大きいでしょう。


広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、機材や調査手法の刷新に余念がなく、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。

大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、相談員や調査員の教育にも積極的で必然的に仕事の品質にも反映されているように思えます。


探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。いきなり不倫調査を頼む・雇うしたいと思ったところで、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは当然です。
探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。きちんとした業者かどうかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。


大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)ことが意外に多いです。


そこから相手に自責の念を感じ、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに愛想がつきるということもあるようです。


それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、ここぞとばかりに別れを切り出すきっかけになるのです。

総合探偵・興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。

しかし、調査が未熟なことで結果が出ないこともないわけではありませんから、総合探偵・興信所や探偵会社のクチコミを事前にリサーチしておく必要があるでしょう。あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消するのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気を鎮めることを優先しましょう。

いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚とか、そうなると慰謝料の請求といった問題も出てきます。
面倒でも双方で会う時間を作り、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか相談することをおすすめします。興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースも少なくありません。贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは積極的に受けておいて損はないでしょう。

相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定する指標になるからです。
また、相談員と話していくうちに、頭の中でもやもやしていた問題を冷静に確認できるようになるというメリットもあります。



探偵を頼むには、まずは先に電話をかけます。心配なら非表示でかけるのもOKです。
電話でスタッフと話してみて、その上で詳細な話をするとなれば、営業所に行きます。打ち合わせが済んで、信頼できる会社だと思ったら契約書にサインして、調査が始まります。

配偶者に浮気をしていることがバレたときは、慰謝料の支払いが発生することもあります。不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、言い逃れはできないです。

慰謝料として要求される金額は、2ケタ万円から3ケタ万円とかなりの違いがあります。

支払いがつらければ、分割期間の変更や減額を頼んでみるのもありでしょう。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。



例えば、遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。
大抵の人間はウソをつくとき、妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。
だから質問は簡単なほうが良いのです。



ちょっと質問しただけなのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。
後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。

また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも簡単にどこまでわかるものです。不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。

当初の見積りのほか、諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、途中で契約解除を申し入れると、違約金として一定額を支払わなければいけなくなったりします。



契約書にサインする前にチェックは入念にしておくことが大事ですね。


ひとつでも納得いかない点がある場合は、別の事務所をあたることだってできるのです。普通の仕事への対価と比べると、探偵業者に不倫の証拠押さえを頼む・雇うする代金というのは、高いように感じることがほとんどでしょう。



割安だからと安易に業者を頼んだものの、肝心の不倫の裏付けができなければ、お金をドブに捨てるようなものです。

やはり調査能力のほうを重視したいですが、高値設定のところほど、絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは一概に決めかねるところがあります。
一般に知られている通り、同窓会での再会は、禁断の恋に陥る危険性が高いです。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、級友同士ということで性別の垣根が取り払われるのでやすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。

クラス会が終わってから、パートナーの挙動に不審を感じたら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。
探偵に調査を頼む・雇うするなら、あとで後悔しないよう、地域性を尊重するのは良いことです。たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵の中から探しましょう。ローカルに強い探偵なら、詳細な調査ができますし、報告書の内容がより克明になります。それに頼む・雇うする内容や諸条件によって専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、先にウェブで情報収集しておき、電話で問い合わせてみるのをおすすめします。



探偵を雇って浮気の素行調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、無視することができないファクターでしょう。このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、見積もりなしに契約することはないので安心です。

悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、相手の会社ではなく、人の出入りが多いファミレスやカフェで打ち合わせさせてもらうのも手です。

不本意な契約を避けることができます。

本人たちにとっては遊びのつもりでも、自らがした不倫の償いは、おそらく高くつくでしょう。まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで違ってくるでしょうが、別居や離婚ということになるばかりか、慰藉料を請求されることだってあります。不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的にも社会的にも代償を支払い、償わなければいけないのです。探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加料金が生じることもあります。

その時は、まず契約書を確認しましょう。そこには別途料金を請求することについて書かれています。

そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解することは、トラブル防止に役立ちます。
疑問に思ったり心配なことがあれば、頼む・雇う前に質問して、解消しておくのもおろそかにしてはなりません。

浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由でもっとも多いのは、浮気の事実が露見したから、ですね。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのはそう簡単なことではありません。


最初から興信所や探偵業者などのプロに不倫の調査を依頼するほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。ただ、これは怪しいと気付くのは自分でやらなければいけません。探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。
とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域を頭の隅に置いて、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。


そこそこ絞り込みができたら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、相談しましょう。相手は専門家ですが、話をしてみないと、良さそうな探偵社かどうかなんて判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。探偵業者を選ぶなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることが大事です。

悪質なところだと、見積り時の説明が不十分だったり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。
ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないでしょうし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくることは浮気の場合、当然ありえることです。
普通、慰謝料で請求される金額は、先方旦那・夫嫁・妻が結婚を継続するか否かで大きな違いがあります。



離婚に至っていないにもかかわらず多額の慰謝料を請求してきたときは、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしてください。パートナーの不倫が露見したら、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、どのように対応するか具体的に考えましょう。

だいたい不倫行為は、やってしまった人間が「有責」なのです。精神的にはまだまだ慰めにならないかもしれませんが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)を要求するのは当然のことです。

32歳の主婦です。
6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。

夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、いよいよ離婚という運びになりました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養育していく責任があります。


感情的にはもやもやが残りますが、弁護士の方にお願いし、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。探偵社の調査代金の支払方法ですが、全国展開しているような大手だとクレカ払いや分割払いができるところもいくつかあります。


すぐにでも浮気の素行調査をしてほしいのに支払いでためらっているのであれば、分割払い可の業者を探して依頼すると機会を逃さなくて良いですね。頼む・雇うをうけた探偵社が実際に浮気の素行調査をする際は、テレビでよくやっている探偵物のような方法で探索を行うこともあります。追尾調査、張り込みは基本ですし、行動範囲やパターンを分析し、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査を行うことがあります。

また、社外秘として教えてくれない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのが普通です。

納得できる会社を見つけるには1社だけでなく複数の業者をみてみることがコツです。調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は知っておきたいものです。



法外な請求をしてくるような悪徳業者から身を守る予防線のようなものです。


配偶者の不倫を疑い、探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、しばしば見かけたりします。


物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。でも、実際には相手や周囲に気取られないよう尾行し、写真などの証拠を得るのは、初心者には到底無理です。先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。



悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。営業所に話をしにいった際、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は注意すべきです。
断って帰宅したあとでも、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。真面目に営業している探偵、総合探偵・興信所ではそんなことはしないはずです。

Google Yahoo!Japan